太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電は、見積もり比較することが大切です。

陽光発電に興味はある。
でも、本当に得をするのだろうか?
何か隠れたリスクなんかはないのだろうか?
検討するのに、何をどうすればよいのだろうか?
絶対に損はしたくない!

こんなふうに思っている方は多くないでしょうか?
ここでは、太陽光発電の基礎的な情報をもうらしつつ、
絶対に太陽光発電で損をしない検討方法をご紹介します。

太陽光発電で絶対損したくない方必見のステップです。

※なお、このページでは、太陽光発電の基礎的な情報と、
「あなたの設置場所」に適したメーカーの適した製品を見極めて、
優良販売店と取引するための方法に絞ってまとめてあるため、
必要最低限の情報だけを掲載しています。
さらに詳しい情報や、疑問点等がある場合は、当サイトの他のページをご覧ください。
太陽光発電に関するあらゆる情報を整理して、掲載しています。
管理符号:/#,/#1,/##1,/#2,/#3,/#4,/#5,/#6,/#7,/#0,/@
全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




太陽光発電のしくみ簡易版

太陽光発電は、半導体に太陽光が照射されることで電気が発電するしくみです。
→詳しくは、太陽光発電のしくみをご参照ください。
太陽光発電のしくみ

半導体には、結晶系シリコン、化合物、アルファモス、それらを組み合わせたハイブリッド型などがります。
→詳しくは、モジュールの種類についてをご覧ください。

各メーカーによって、素材はいろいろで、その種類によって特徴がわかれます。
それぞれのメーカー毎に強みと弱みがあり(逆に完璧というものはありません)、設置場所に適したメーカーの、
適した製品を見つけることは、ひとつの太陽光発電選びのポイントになります。
→詳しくは、太陽光発電メーカー毎の特徴をご参照ください。

そして、太陽光パネル(太陽電池)で発電された直流の電気は、パワーコンディショナーで交流に変換され、
分電盤から家庭内でまずは自家使用され、余った電力は全量買取制度の適応を受けていれば売電されます。
→詳しくは、全量買取制度とはをご覧ください。
太陽光発電の構造

全量買取制度とは、太陽光発電で発電された電力を電力会社が定められた価格で買い取ることを定めた制度で、
年度ごとに条件は変わって生きますが、非常に有利な制度として注目されている制度です。

住宅用太陽光発電の場合は、まず自家使用して余った分が買い取り対象、10kW以上の規模を導入した場合は、
産業用扱いになるので、全量が買い取り対象となります。

【参考】2014年度に導入した場合は、住宅用太陽光発電は10年間固定価格37円/kWh税込みが買い取り価格です。
産業用の場合は、32円/kWh税別買取価格が20年間固定されます。ちなみに、一般家庭における平均的な電気代は、
1kWhあたり24円程度なので、どれだけ優遇された価格かおわかりいただけると思います。

太陽光発電で損をしないために知っておくべき基礎情報

日本は、南北に長い国で、気象条件や日射量、気温など、さまざまな環境が異なりますので、
もっとも多く発電するパネルというのを一概に決めることはできません。

それぞれの環境に適したパネルがあるからです。

例えば、気温が低く、日照量が少ないエリアでは、発電効率が一番高い単結晶パネルが適しているかもしれません。
また、高温の時期が長くて、日照量が多いところでは、温度に強いCISパネルがいいかもしれません。
雨や曇りの日が多くて、日照時間が短い日本海側では、雨や曇りに強いパネルがよいかもしれません。
平均的な場所では、ハイブリッド型がバランスがとれていてよいかもしれません。
同じエリアでも、日影条件などによっても異なるので、必ず現地調査の上に、最適な太陽光発電を選ぶ必要があります。

そして、そもそも本当に太陽光発電を設置して得になるのかどうかを、見極める必要もあります。
そのためには、先にお伝えした見積もりと、シミュレーションを付け合せして、採算性を確認しなくてはいけません。

ただ、一概に損益分岐点といっても、何をどう計算して、判断すればよいかわからないのが現状だと思います。
そこで、太陽光発電アドバイザーとして独自に考案した、損益計算の数式を紹介します。

これは、太陽光発電の導入にかかった初期費用を10年で回収できるかどうかを判断基準として作成したものです。

初期費用が10年で回収できたら、多少発電量が経年劣化で下落しても、耐用年数と比べても損することないと
いう判断から作成されたものです。

なぜなら、太陽光発電は最低でもメーカー保証が10年ついてくるため、です。

太陽光発電アドバイザーとしてさまざまなリスクを勘案して、絶対に損しない基準として提示しています。
→併せて必ず確認すべき3つの事項をご確認ください。

【太陽光発電の損益分岐点】
(現金で購入する場合)
初期費用 ÷ 発電金額 ≦ 10
(ローンで購入する場合)
(初期費用+総金利負担額) ÷ 発電金額 ≦ 10

※ここでいう発電金額というのは、想定発電量kWh×電力単価を示しています。
電力単価は、住宅用であれば、1kWhあたり37円です。ただし、余剰電力がこの価格になるため、
見積もり会社に、現在の電気の使用状況から、発電した電力は、自家使用が何%、売電が何%になるか、
シミュレーションしてもらうことが必要でとなります。
一般的には、自家使用30%、売電70%となるところが多いので、その場合の電力単価は、
24円×30%+37円×70%=33円程度ということになります。
太陽光発電で最も費用対効果が高くなる導入方法参照ください。

太陽光発電は、見積もり比較することでトラブルを防ぐ

そこで、何より大切になるのは、優良な販売店に見積もり依頼をすることです。
→詳しくは、太陽光発電の正しい優良業者の見極め方をご覧ください。

なぜなら、シミュレーションは、どうにでも作ることができるため、
事実に基づいた正確なシミュレーションを提示してくれる販売店を探すことが大切になるからです。

そういう意味でも、コンプライアンスがしっかりとした販売店複数社に見積もり依頼をすることが大切です。

複数見積もり依頼をすることで、シミュレーション数値の以上を発見することができますし、
競争原理が働いて、導入価格も抑えることができます。

正確に判断するために、絶対に必要になるのです。
→詳しくは、太陽光発電の見積もり|妥当性を見極める方法をご覧ください。

そのために、まずは一括見積もりサイト最大手のタイナビに見積もり依頼をすることをおススメします。

【タイナビ公式サイト】全国対応!100万人以上が利用した一括見積もりサイト!

タイナビは、太陽光発電の一括見積もりサイトでは、加盟店がもっとも多く、顧客満足度も高いサイトです。

すでに100万人以上の人が利用した実績があり、コンプライアンス管理が徹底しているため、
加盟店の質が極めて高く、悪徳業者が一切いないのが特徴です。

ここで、簡単1分で入力完了する、見積もり依頼をしていただき、
上記太陽光発電の採算公式で確かめてみてください。
→詳細は、タイナビの口コミや評判をご覧になられてください。

そして、ここでよい業者を見つけたからといってまだ安心しないでください。

最終的に最安値で太陽光発電を導入して、
費用対効果を最大化するための方法を次のページで紹介しています。

まずは、見積もりとシミュレーションを取得して、
本当に太陽光発電を導入してあなたがとくするかどうかを見極めたうえで、
下のページで次のステップに進んでみてください。
太陽光発電を最安値で設置する方法
発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電の見積り比較.com関連ページ

メガソーラーに収斂されていく?
太陽光発電が集中処理に向かうという社説を読みました。今後太陽光発電ブームがどのように収束していくかをITブームと比較して検証しており、とてもおもしろいので取り上げてみました。
太陽光発電に対する政策~これからと今後
再生可能エネルギー固定価格買取制度が、2012年当時の民主党政権により開始されて以降、太陽光発電市場は大きく盛り上がりを見せています。この太陽光発電は政府主導で進められているため、政権の政策次第では風向きが大きく変わってしまうことに注意が必要です。今回は、太陽光発電を巡ってこれまでに施行された政策と今後の傾向についてご紹介します。
平成27年度固定価格買取制度の売電価格最新情報
平成27年度固定価格買取制度の売電価格がいよいよ調整段階になっています。このページでは、買い取り価格が確定するまでの経過を順次追っていきたいと思います。(随時最新情報に更新します)
横行する太陽光発電投資詐欺の実態
今最も熱い投資として非常に人気が高い、太陽光発電投資。その注目度の高さと安定度の高さを利用した詐欺が横行し始めているようです。絶対に騙されないよう対策することが望まれます。
メガソーラーよりも住宅用のほうが実稼働は大きい
2013年7月8日環境ビジネスオンラインに掲載された村沢義久氏の記事の転載と解説です。。やはり、一つ一つは小さいけれど、数が集まって大きな力となる家庭用太陽光発電は、これからも非常に重要な役割をになっていると考えられます。
2015年度の太陽光発電の売電価格は?
2013年11月18日の日経新聞によると経産省は、2015年度の太陽光発電の売電価格を30円(税込)/kWhまで下げることを検討しているとのことです。もちろん、2014年度の運用次第で変わってくると思いますが、ここでしっかりと取り上げてみたいと思います。
速報!2014年度の買い取り価格が決定!
注目を浴びていた2014年度の太陽光発電による売電価格が決定しました。産業用は大きく値を下げ、家庭用はほぼ据え置きに近い形になっています。買い取り価格の詳細を徹底検証します。
太陽光発電の人気比較|失敗回避術
太陽光発電の人気比較.netでは、今大人気で当サイトでもおススメしているメーカーを比較して、どのメーカーが一番よいかを比較検証しています。 太陽光発電の導入を検討しているのなら、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。
太陽光発電の設置費用はどれくらい
太陽光発電の設置費用はどれくらいかかるのでしょうか?普及が加速する中で、設置価格もどんどん変化しているのが現状です。ここでは、今年度太陽光発電を設置する際にかかる費用相場について解説しました。
それ以外で絶対におすすめの投資情報
太陽光発電は投資としての側面を持っているために、製品それ自体への関心ではなく、投資=お金を増やす行為に関心を抱いている方も多いでしょう。ここでは、当サイト唯一、太陽光発電とは全く異なる投資情報を紹介したいと思います。投資に興味がある人以外は決して見ないでください。
太陽光発電の歴史
ここでは、太陽光発電の歴史についてお伝えしています。これまでの流れを知ることで、今後を見通すこともできるという意味で、簡単にまとめてみました。
電力小売りの自由化の恩恵で買い取り価格を向上されるか
2016年の電力の小売り完全自由化に向けて、各企業が着々と準備を進めています。電力小売りの自由化は、太陽光発電の買い取り価格を向上させるのか。気になる動きを確認しました。
太陽光発電の買い取り価格2015年度はいくら?
ここでは、太陽光発電の買い取り価格が2015年度どうなるかを予測します。最終確定は、2015年3月になると想定されますが、さまざまな情報を収集して、適宜更新しますので、確実にチェックされることをオススメいたします。
住宅を新築するなら太陽光発電をこう設置する
これから住宅を新築するにあたり、太陽光発電の設置を検討しています。どういう考え方で建築すればよいですか。質問をいただきましたので回答させていただきます。
太陽光発電は2016年どうなる~価格や売電単価、補助金~
太陽光発電は、2016年度どうなっていくのでしょうか。導入価格、売電価格、補助金、いろいろな要素がある中で、何をどう考えて、私たちは行動すべきか、解説しました。