太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電は、天候などの気象条件によって発電量が決まる

陽光発電は、天候や気温など外的な気象条件によって、発電する量が大きく変わってきてしまいます。


外的な要件に完全に依存しているというわけです。


太陽光発電は、太陽光が照射されることで発電される仕組みであると同時に、パネルの温度によっても発電効率が変わってくる性質を持っています。※詳しくは、太陽光発電のしくみを参照ください。


同じ晴れでも、冬と夏とでは発電量が異なりますし、仮に春の薄曇りでも、真夏の晴天よりも発電量が多かったりします。さすがに夜間はまったく発電しませんが、雨でも多少なりとも太陽光は地表に照射されるので微量ですが発電するくらい、今の太陽光パネルは性能が向上しているからです。


天候だけではなく温度も非常に大きな影響を与える。

逆に温度についても、これまで(現在でも)主流となっている、シリコン結晶パネルは温度に強く影響を受けますが、ソーラーフロンティアが流通させているCISなど化合物系のパネルは、発電効率が単結晶よりも劣る変わりに温度による影響が小さかったりします。
パナソニックのHITなどのハイブリッド系についても同様のことが言えます。


素材については太陽光発電の単結晶と多結晶の違い参照ください

スポンサードリンク


なんだかんだいっても適材適所という結論

そういう背景から、太陽光発電を設置する際には、きちんと設置場所の環境や状況に合わせたものを設置する必要が出てきます。それは、一年を通した天候や気象条件などさまざまな影響を加味して、もっとも効率的に発電量を確保できるよう検討する必要があるからです。


どうせ太陽光発電を導入するなら、発電量は多いほどよいですよね?


と同時に初期費用との兼ね合いも出てくるので、現地調査をした上で、比較検討することは非常に大切になるわけです。⇒このあたりのことは、以下の記事を参考にしてみてください。


このカテゴリでは、各天候によって太陽光発電がどのように発電するか、といった天候の発電量への影響や、日影や季節等気温が与える影響など、あるいは台風で強風が吹いたときや落雷、雹などの与える影響など、外的要因によって太陽光発電がどのように発電していくかをまとめてあります。

スポンサードリンク

太陽光発電と天候をはじめとした諸条件が与える影響|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト記事一覧

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>曇りや雨の日には、太陽光発電が発電しなくなるって本当??曇ったり雨が降ったりすると地上に降り注ぐ太陽光は、どうしても少なくなってしまいます。雲がさえぎり、降り注ぐ雨が日光をさえぎりするからです。雲の厚さが厚いほど、雨が激しいほど、太陽光は弱くなってしまいます。さえぎるものが多くなってしまうからです。天候や諸条件の影響では、曇りや雨の日には太...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>雪が多い地域でも太陽光発電は十分利益が出る!ただし・・・。日本海側や山間部にお住まいで、冬季雪に閉ざされるから太陽光発電は導入しても意味がない・・・。そう感じている方に、太陽光発電と雪について解説したいと思います。日本国内であれば、どんな豪雪地域であっても、太陽光発電を導入してメリットを得られるだけの日射量は、ほとんどすべての地域で確保する...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>太陽光発電の汚れ対策は必須!黄砂やPM、花粉から守るには太陽光発電は、太陽光パネル内部に太陽光を取り入れることで発電します。雨や曇りなど、太陽からパネルまでの間に存在する「光を遮断する物体」にも当然のことながら影響を受けますが、あまり意識されないことの中でも、実は発電量に影響を与えてくる要因がたくさんあります。それは、太陽光パネル表面の汚れ...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>夏の高温時太陽光発電は発電力低下!夏の高温時には、太陽光発電は発電効率が低下してしまいます。それは、単結晶・多結晶シリコンなどシリコン系半導体を使ったパネルで特に顕著になる特性で、地域にもよりますが日照時間が長くて日射量がもっとも多くなる8月よりも、5月のほうが発電量が多くなるケースがよく見られるのは「温度」が原因です。独立行政法人産業技術...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>万が一の自然災害発生時太陽光発電は大丈夫か?太陽光発電は、基本的には屋根の上、屋外に設置されます。そして、長い年月をかけて初期費用を回収していきます。そのため、万が一の自然災害が発生したときに、耐久性は大丈夫だろうか?と不安に思っている方が非常に多く、、強度は一体どれほどのものがあるのか、元をとるまでちゃんと稼働するのだろうかということを気...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>太陽光発電は、猛烈な台風時の強風でも大丈夫のように設計されています。太陽光発電は、屋根の上に設置します。屋外の中でも、家のもっとも高い位置にあたります。そのため、家の中でもっとも風の影響を強く受けやすい場所ということができるでしょう。太陽光発電は、平たいパネルを組み合わせたもので、基本的には屋根の垂木と呼ばれる部位と取り付け金具を固定して、...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>太陽光発電を導入して得するための条件は、これです!当サイトでは、太陽光発電を導入して損するか、得するかの分岐点は、導入費用を10年で回収できるかどうかだとお伝えし続けています。そして、その損得の分岐点をクリアできるかどうかは、太陽光発電を設置する場所の環境や条件によって異なるとお伝えしています。なぜなら、太陽光発電は費用対効果で損得が決まる...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>太陽光発電と設置場所の向きと角度の関係太陽光発電は、設置場所の向きや角度に大きく発電量が左右されてしまいます。なぜなら、太陽光によって発電するシステムであるために、日射量に直接的に影響を受けるからです。当然のことながら、最も太陽光が照射される南向きが最も受け取る日射量が多く、南向きから外れる=北向きになるにつれて、日射量が少なくなります。そ...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>太陽光発電の設置に有利な条件をどの程度満たせばよいか?太陽光発電を設置する場所や環境には、有利な場所と不利な場所があります。設置場所の向きや角度と発電量の関係をご覧いただけると詳細を記載してありますが、設置場所の角度と向きについては、極めて大きな影響を受けることがわかっていますし、その他の条件についても大小さまざまな影響を受けることがありま...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>太陽光発電は、梅雨に導入してもよいのか?どんより曇り空が続き、雨がたくさん降る梅雨・・・。北海道を除く日本のすべての地域で、必ず梅雨はやってきます。おおよそ1ヶ月程度、太陽を拝める日は多くはありません。そんな日本特有の季節の一つである梅雨に、太陽光発電を導入するのは、果たしてよいことなのでしょうか、悪いことなのでしょうか?あるいは、梅雨時の...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>北向きの屋根に太陽光発電は設置しないほうがよいでしょう。太陽光発電に関心を寄せている方の中には、家の屋根が北向きだという方もいらっしゃるでしょう。太陽は、当然東からのぼり、南を通って、西に沈みます。北向きの屋根には、太陽光は照射されにくいものです。では、そんな北向きの屋根に太陽光発電を設置した場合、採算性は合うのでしょうか?逆にどのような条...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>天候や諸条件の影響>日影による太陽光発電への影響太陽光発電の設置を検討する際に、必ず確認すべき点のひとつが、周辺の家や電柱、山や木などによる日影の影響です。太陽は季節によって異なる軌跡をたどるため、一年間の日影状況を必ず確認して太陽電池の設置場所に影がかからないか、仮に影がかかる場合はどの程度影響を受けるかを事前に想定することが大切になります。また、将来的に、...