太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の採算が合うとはどういうことか

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)導入するかどうかという判断基準は、どこにあるのでしょうか?

どうしたら、失敗しない判断をすることができるでしょうか?


調査イメージ



今まで、いろいろなケースを見てきて、わかったことは、

太陽光発電を導入した人の中で、設置後満足感を得ている人も、不満に思っている人も、

ほとんどの人が明確な目的・判断基準を持たずに、導入を結論づけているということです。



中には、

将来の厚生年金が○○万円しか入ってこなくて家計がきつくなるのは目に見ているから、

今のうちに先行投資して電力源を確保して、将来の光熱費を削減すると目的を明確にして

しっかりとシミュレーションをとって、初期費用と補助金、

発電量からくる消費電力の削減効果と、余剰電力の売電金額をすべて計算し、

独自の回収計画を立てた上で実行している方

もいらっしゃいますが、そういった方はごく稀と言わざるを得ません。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。





ほとんどの方がなんとなく良さそうだとか、エコだからとか、詳細に検討せずに導入しています。

結果、業者から聞いていた通りか、それに近い値の発電量を得ている方は満足しているでしょうが、

想定より発電量が少なかったり、さまざまなトラブルが発生して、

結果不満を抱いている方が多くいるのも実情です。


※具体的な事例については、太陽光発電の失敗談をご覧ください。


チェックどういう判断基準をもっていけばよいでしょうか?


チェックどのようにして目的を明確にしていけばいよいのでしょうか?



極めて重要な点になりますので、太陽光発電を導入する目的は何ですか?で必ずご確認下さい。

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ