太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電のメリットが認知された背景

太陽光発電のメリットイメージ写真

陽光発電は、2012年の固定価格買取制度が実施されてから急速に普及してきました。特に10kW以上の産業用太陽光発電は、「バブル」と言われるくらいの急成長ぶりで、2014年9月の九電ショックで急下降して、現在はなだらかながら市場が拡大しています。住宅用は、一時低迷しかけたものの、すぐに成長を取り戻し、現在は安定的に拡大し続けています。

これだけ太陽光発電市場が拡大する背景には、太陽光発電システム自体が持つメリットと、国の再生可能エネルギーを普及させようとする制度的な支援との両方があります。

これまでの歴史を振り返ると太陽光発電導入支援補助金という助成金が過去あった際には、太陽光発電は普及しましたが、制度の終焉とともにいったん市場が低迷した時期があります。かれこれ10年くらい前の話です。

その後、太陽光発電導入支援補助金が復活して市場が活気づきはじめ、さらに余剰電力買取制度、全量買取制度と制度が手助けして、市場が成長してきました。しかし、2013年度を持って太陽光発電導入支援補助金が廃止され、固定価格買取制度における買取金額が、段階的に下落していく中でも、その勢いが止まらないというのは、すでに制度の恩恵に加えて太陽光発電システム自体が持つメリットが大きくなったこと、認知度と信頼性が上がったことがあげられるでしょう。

さらに、当初は太陽光発電といえば、訪問販売会社がメインでオール電化と併せて光熱費の削減を強く押してセットで販売されていたのが、現在ではインターネットで消費者の方が調べて導入する時代になっています。つまり、押し売りされなくても、買いたくなるような商品になったということです。


太陽光発電のメリットとは

では、具体的にどんなメリットがあるのかについて解説する前に、ここで紹介するメリットの性質について簡単に解説しておきたいと思います。

太陽光発電のメリットと一言で言っても、実にさまざまなものがあります。国が補助金や固定価格買取制度を整備してまでも、普及を後押ししたいくらいなので、地球環境など社会全体に与えるメリットもひとつの要因としてあります。

一方で、その制度を活用することで得られる個人的なメリットがあったり、そもそも、太陽光発電が生み出す価値を元にあなたが得たいもの(例えば、節電して浮いたお金で食事に行きたいなど)、というメリットがあったりもします。

少し複雑になってしまいましたが、ここでお伝えしたいことは、これから太陽光発電を設置することで得られるメリットについて解説していきますが、一番大切になるのは、あなたの目的意識であるということです。少し大げさに感じるかもしれないですが、あなたが太陽光発電に対して何を望み、期待しているのか、どういう結果を得たいのかをぜひ、明確にしていただきたいということです。

ここで、太陽光発電のメリットを解説するのは、あなたが目的意識を整理するためのヒントが得られることに最も大きな価値があると私は思うわけです。たくさんある情報をできるだけ網羅する中で、しっかりと取捨選択して、あなたにとって、あなたの目的にとって大切となるものをピックアップして拾っていただけたらと思います。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。



このページだけでも十分です

このカテゴリでは、太陽光発電のメリットについて11項目を列挙して、それぞれ各ページで詳しく解説しています。気になる情報があったら、該当するメリットをクリックすれば、詳細に解説したページ遷移します。

しかし、ほとんどのケースで各メリットを詳しく知る必要はありません。そんなもんなんだと、結果だけ得られたらよいと私は思うのです。

例えば、電球を想像してみてください。電球のフィラメントを開発したのは、エジソンであるということは、有名な話ですが、あなたは結局フィラメントがいったい何なのかご存じですか?あるいは、蛍光灯やLED電球の仕組みや詳しいからくりはご存じですか?

知らないですよね。

電球であれば、電気で明かりがつくということだったり、LEDであれば明るくて消費電力が小さく、寿命が長いということくらいだったり、蛍光灯であればインバーターが作動するので、電気をつけたり消したりすると消費電力が高くなる、その程度の知識しかないはずです。

もちろん、太陽光発電に比べると格段に価格が安価な消耗品なので、比較材料にならないかもしれませんが、結局のところ私たちが何かしらの商品やサービスを購入するのに、各メリットをそんなに深く知る必要はなく、「結果」とある程度の情報だけを知れば良いということです。

なので、以下まずは太陽光発電の11のメリットを、知っていればよい程度のレベルで解説していきます。※ただし、もちろん、各メリットをもっと詳しく詳細に知りたいという方も多いと思いますので、各詳細情報を各記事で解説しますので気になる方は個別のページをご参照ください。


太陽光発電11のメリット

それぞれまずは、完結に解説していきます。各解説の下に該当メリットを記載したページへのリンクを張ってありますので、ここに書いている内容では足らない場合は、各記事をご参照ください。


メリット1・経済的な利益

あなたは太陽光発電を設置することで、売電収益を得ることになります。住宅用太陽光発電の場合は、余剰電力の買取になりますので、基本的には経済的な利益というのは、売電収益と電気代の節電になります。

産業用太陽光発電の場合は、全量買取りになりますので、売電収益のみになります。2012年7月からスタートした固定価格買取制度により特に産業用太陽光発電が急速に増えたのはすでにお伝えしたとおりで、通常電気代は、一般家庭の場合は1kWhあたり24円程度なので、2015年現在の買取価格(産業用・29円・27円と住宅用35円・33円)は、非常に魅力的なものとなります。

しかも設置費用が下落していった関係で、いま太陽光発電を導入すると経済的な利益だけで、10年あれば初期投資費用を全額回収して、さらに10年に初期投資分回収することが可能になっています。つまり、20年で資金が倍になるということです。

逆に、私がお伝えしているのは、あなたの場所に太陽光発電を設置して10年で初期費用を回収できるのであれば、導入すべきでそうでなければ、一度見合わせてください、ということです。

初期投資費用を10年で回収できるということは、利回り10%を意味します。現代社会で、10%の利回りの投資案件で手堅いものはほとんどないので、投資として非常に魅力があるということが言えます。しかも、太陽光発電の場合、パネルが発電することを最低10年はメーカーが保証していますし、発電した電力は、電力会社が買い取ることを国が保証しているのです。

非常に有益な投資であるというメリットがあるということになります。

さらに詳しい情報は、メリット1・経済的な利益をご参照ください。


メリット2・地球環境負荷の軽減

太陽光発電は、再生可能エネルギーに分類されるエネルギーです。太陽光エネルギーという無限に降り注ぐエネルギーをシリコンの性質を使って電力に変換するシステムなので、発電する際に一切の副産物を出しませんし、地球資源を全く消費しません。

現代社会で使われる電力は、主に石油や石炭などの化石燃料か、ウランなどの地下資源を消費して、二酸化炭素や放射性物質などを副産物として生み出す発電方法が中心です。そのため、太陽光発電が普及することは、それら旧来の枯渇性エネルギーの消費を減らし温室効果ガスや放射性物質排出の抑制にもつながるのです。

さらに詳しいことは、メリット2・地球環境負荷の軽減をご参照ください。


メリット3・緊急時の優位性

東日本大震災以降太陽光発電が関心を集めた理由の一つが、緊急時の優位性です。東日本大震災では、多くの住宅が罹災して、電気ガスというライフラインがストップしました。しかし、太陽光発電を設置していた住宅は、日中の間だけでしたが電力を確保することができたのです。

万が一の自然災害時に、電力だけでも確保できることは非常に大きなメリットとなるでしょう。さらに、震災後主に東日本で発生した計画停電の時も大きな力を発揮しています。計画停電は、平日の日中に行われましたが、計画停電が実施されても太陽光発電を設置している住宅では電力を使うことができたわけです。

このように、緊急時でも自分たちで電力というエネルギー源を作ることができるのは、大きなメリットになるというわけです。※ただし、先にも書きましたとおり、太陽光発電は、晴天の日中威力を発揮しますが、夜間や雨の日はあまり役立ちません。そういった時に本気で備えようとすれば、蓄電システムを導入する必要があります。

さらに詳しいことは、メリット3・緊急時の優位性を参照してください。


メリット4・送電効率と電力需要の効率性

電力は、発電所で作られて、送電線、変電所を経由して、あなたのお宅へ供給されます。場合によっては、東電管内で使われる電力が福島の原子力発電所で作られていたように、長い距離を電力が移動することになります。当然、その間にロス=損耗が発生します。

太陽光発電は住宅に設置した場合、パネルで発電してパワーコンディショナーで交流に変換されて、そのまま住宅で使われるので、電気の損耗を最小限に抑えることができます。もちろん、逆に売電される電力は、あなたの家から変電所に向かうわけなので、その間にロスしますが、売電量を計測する機械は、あなたの敷地内の売電メーターでなされるので、あなたが損することはありません。

また、夏期の平日の日中、電気が大量に必要な時期に電気を供給できるようになるメリットもあります。これは、あなたが電力の利用者から供給者へ変わることを意味しており、電力の需給バランスの向上に役立てることができます。

さらに詳しいことは、メリット4・送電効率と電力需要の効率性をご覧下さい。


メリット5・低金利ローンが使えること

住宅用にしても、産業用にしても、太陽光発電を導入する場合、現金よりローンを活用することが多いです。普通のフリーローンに比べてソーラーローンは金利が安く設定されています。これは、太陽光発電が経済的な利益を生み出すものであり、月々の支払い金額よりも利益のほうが大きいことが多いため、金融機関にとって貸し出しリスクを減らせることから来ています。

もちろん、ローンなので、低いと言っても年利1~4%程度は金利を取られるので、特に住宅用太陽光発電の場合、支払い金利がもったいないと言って現金で購入する方も多いです。基本的に、資金的なゆとりがある方や、サラリーマンや公務員の方で収入が安定している方は現金のほうが確かに金利を支払うよりもよいですが、産業用太陽光発電に取り組む方や事業をされている方だと低金利の融資を活用したほうが得です。キャッシュフローがよくなるという理由からです。
※住宅用と産業用とでは融資の種類が異なりますのでご注意ください。

さらに詳しいことは、メリット5・低金利ローンが使えることをご覧下さい。


メリット6・家族が喜ぶ

太陽光発電を導入して、経済的に利益を得ると楽しみが増えたり、余剰資金が増えたり、結果的に家族が喜ぶことになります。太陽光発電と何が関係あるんだと思われる方もあるかもしれませんが、実は大ありです。

私たちが、品物を買ったり、サービスを受けたりするのには、常に理由があります。もちろん、得だとかメリットがあるといったことはありますが、実は私たちは商品やサービスを手に入れることで、ある目的を遂げようとしているのです。

それは、満足を得ることです。私たち人間の満足はどこから来るかというと欲求からきます。欲求が満たされると幸せを感じ、満たされないと不幸を感じます。そして人が感じる幸不幸は、9割以上が人間関係から来ています。特に家族関係のような親密な間柄の関係性です。

そういう意味で、しっかりと家族で話あったり、経済的な問題を考えたりすると、当然家族の絆は深まりますし、家族の未来を考える非常に重要な時間になったりするわけです。なので、太陽光発電は、家族関係をよくする=家族が喜ぶメリットを提供してくれることになります。

詳しくは、メリット6:家族が喜ぶをご参照ください。


メリット7・使用電力の可視化による10%の節電

太陽光発電を設置するとメーカーにもよいますが、発電モニターというものがついて来ることが多いです。発電モニターとは、以下の写真のようなもので、リアルタイムの発電状況や累積の発電量、売電量や電気の使用量などがわかるものです。
発電モニタ

太陽光発電を設置すると、当然のことながら発電量がとても気になります。だから、発電モニターを見ることになります。そうしたら、発電した量だけでなく、使用している電力もついつい目に入ってくるんです。

電気の使用量を見ると、意外なところで電気を使っていることを知り、家族全体で節電意識が高まります。結果、平均で10%も電気代を節電することになるのです。

さらに詳しいことは、メリット7・使用電力の可視化で10%節電になる


メリット8・高額な補助金

2013年を持って太陽光発電導入支援補助金はなくなりましたが、固定価格買取制度が継続しています。固定価格買取制度は、通常よりも遙かに有利な金額で、住宅用だと10年間、産業用だと20年間固定価格で電力を電力会社が買い取ってくれる制度です。

買取価格と期間は、電力会社ではなく国が保証するというものになっています。しかもその財源は、再生可能エネルギー賦課金という消費者が使用量に応じて負担するものなので、絶対に財源がなくなることはありません。なぜなら、必要な分だけ強制的に徴収されるからです。

このように今太陽光発電を導入することは、高額な補助金を得ることと同じになるので、非常に大きなメリットになると思います。しかも、地方自治体によっては、導入時に補助金を出しているところもあるので、地域によってはよりお得に導入することができる可能性があります。

さらに詳しいことは、メリット8・今なら高額な補助金が助成されるをご参照ください。


メリット9・設置場所を選ばないこと

太陽光発電は、日当たりさえよくて該当エリアを管轄する販売業者があれば、全国どこでも利益を得るくらいの発電量を得ることができます。北海道は寒いからダメとか、日本海側は日照時間が少ないからだめということはありません。

全国どこでも設置場所を選ばず、導入して利益を得られる可能性があるというメリットは非常に大きいと思います。例えば、耕作放棄農地などを安く買って、農地転用して産業用太陽光発電を導入している人もいるくらいです。

ただし、設置場所の状態によっては設置不能な場所もありますし、日影条件や方角などによって利益にならないこともあるので、ご注意ください。

さらに詳しいことは、メリット9:設置場所を選ばないをご参照ください。


メリット10・光熱費を節減できる

これは、経済的なメリットとほぼ道義ですが、電気代を節約できるというのは、とても大きなメリットであり、詳しく解説しておきたかったので、10番目のメリットとしました。

住宅用の太陽光発電の場合、売電は余剰電力のみとなりますので、まずは自家使用されることになります。「我が家の電気代を節減したい」というニーズは非常に大きいので、節電には大いに役立つことになるでしょう。

ここまでは、当たり前のことですが、記事で電気代の秘密について詳しく解説していますので、興味のある方は、メリット10:光熱費を削減できるをご覧下さい。


メリット11・遮熱効果で冷暖房費を節減できる

最後に、太陽光発電の物理的な効果についてのメリットです。このメリットは、住宅の屋根に設置されるケースにおいてのみ適用されるメリットですが、屋根に太陽光パネルを設置することで、太陽光が直接屋根に当たらず、室内の温度上昇が抑制できるというものです。

夏場の屋根直下の部屋の温度は、太陽光発電を設置してある場合と設置していない場合では、1~2℃違うというデータがあります。それもそのはずで、太陽光発電を設置すると屋根とパネルの間に空間ができ、いわば魔法瓶と同じような構造になるため、温度が室内に伝わりにくくなるのです。

ということで、ソーラーパネルが、断熱材を外側につけるような役割を担うというメリットを得られるということになります。

さらに詳しいことは、メリット11:遮熱効果で冷暖房費を節減できる


一番肝心なことは何か?

以上たくさんの太陽光発電のメリットを見ていただきましたが、どんなものでもメリットもあれば、デメリットもあります。また、あらゆる人にとってよいサービスや商品というものもないと私は考えます。

なので、こらら太陽光発電のメリットを参考にしていただいた上で、さらに太陽光発電の9大デメリットもご確認いただき、しっかりとトータルであなたにとって太陽光発電は導入を検討するのに値するかを考えてください。

そして、あなたにとってメリットのほうが大きいと感じられるようでしたら、ぜひ太陽光発電の導入を検討してください。具体的にどんなポイントを抑えて、どう判断していけばよいかは、私が無料でアドバイスさせていただいております。こちらの完全無料の太陽光発電まるわかりメール講座でしっかりと必要十分な情報として整理していただけたらと思います。

とおり一辺倒の情報ではなく、あなたに合った、あなた個別の目的に合わせて太陽光発電選びができるような構成になっています。

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

太陽光発電の11のメリット|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト記事一覧

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電のメリット・経済性太陽光発電を設置するメリットの一番目は、なんといっても経済的な利益と言えるでしょう。2015年以降は、大きく変わってきましたが、2012年からこれまでの間、太陽光発電を導入する人のほとんどが、太陽光発電を設置する理由は、経済的に得だからでした。この流れは、住宅用であろうと、産業用であろうと変わりはありません。(住宅用と産業...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電のメリット・地球環境負荷の軽減について太陽光発電のメリットの2番目に挙げられるのは、太陽光というクリーンなエネルギー源の活用による地球環境負荷の軽減でしょう。従来の発電方法だと限りある資源を消費して電力を作り出していました(石油や石炭を原料とする火力発電やウランやプルトニウムを原料とする原子力発電など現在の電力源の中心である枯渇性エネルギー...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電のメリット・緊急時の優位性について太陽光発電のメリットの3番目に挙げられるのは、緊急時の優位性と言われるものです。東日本大震災、まだ記憶に新しい出来事の一つだと思います。この出来事は、日本のエネルギー政策についても大きな転換期にもなりました。多くの尊い命が奪われ、放射能汚染という大きな問題も生み出しました。被災地は闇に包まれ、電気の復旧に多...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電のメリット・送電効率と電力需要に対するメリット太陽光発電のメリット4番目に挙げられるのは、送電効率の良さと電力需要に対して貢献できるという点でしょう。送電効率の良さとは、簡単に言うと、地産地消(自宅で電気を使って、自宅で消費すること)であり、電力需要に対して貢献するとは、電気を消費する側から供給する側に回るということです。この記事では、太陽...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>低金利ローンは非常に有効な手段太陽光発電のメリットの5番目に挙げられるのは、低金利でソーラーローンという資金を手に入れることです。単に現在が市場最安の金利であるから利用しようということではありません。多くの人が、借金と聞くとネガティブなイメージを持たれると思いますが、実はそうではありません。確かに、借りたお金は返さないといけないし、金利を支払うという...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電で家族が喜び皆の笑顔が増えるというメリット太陽光発電が直接及ぼすメリットではなく、番外編という扱いになりますが効果が非常に高く、あなたにとってのメリットがとても大きくなるので、ここではあえて6番目のメリットとしまして、「家族が喜ぶという」ということについて解説したいと思います。「太陽光発電の直接のメリット」ではないというのは、太陽光発電を導...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>電力の状況が可視化されると人は意識して節電するようになります。太陽光発電のメリット7番目は、あまり一般的には知られていないし、こんなによいことがありますよ!と声高に叫ばれているものでもありません。むしろ、こんなメリットがあったとは、と使ってから気づく人がいたり、もっというと、実際にこの恩恵を受けているにもかかわらず気づかない人もいるくらいの非常にわか...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>国や電気の利用者が太陽光発電導入を援助してくれる仕組み太陽光発電は、固定価格買取制度という国からの支援をもらうことができる仕組みです。固定価格買取制度(いわゆる全量買取制度)という国が定める制度でありながら、実際の財源は、電気の使用者たる個人や法人ということになっています。再生可能エネルギー賦課金として、すべての電気利用者に課金されているものです。2...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電が設置場所を選びません!太陽光発電は、他の発電方法に比べて、設定場所の制約が非常に少ないのが特徴です。太陽光発電は、太陽光が照射されれば発電するため、太陽光が照射される場所であれば、一部を除き、基本的にどこでも設置することができます。パネルの発電効率は、一定であるため基本的には場所がどれだけ手狭な場所でも一応設置することはでき、また逆に広け...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電には、一体どれだけの光熱費削減効果があるのでしょうか?太陽光発電は、確実にあなたのお宅の光熱費を削減してくれます。なぜなら、太陽光発電システムは、電気を発生させるシステムであり、太陽光が照射されれば、確実に電気が作られるように出来ているからです。そして、それはメーカーによって最低でも10年間は保証されることになります。(メーカーによっては2...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>メリット>太陽光発電の遮熱効果は、知られざる大きなメリットあなたは、昔ながらの古い家に住んだことはありますか?新しい木造住宅や、マンションに住んだことありますか?私は、古い家にも、マンションにも、築10年以内の新しい一戸建てにも、どれにも住んだことがあります。東京に住んでいた時は、ずっと鉄筋コンクリートのマンションで築30年も築10年未満も住みましたし、隠岐の...