太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電の主要各メーカー毎の特徴・比較

陽光発電パネルを供給しているメーカーは、ここ数年で大きく増えました。太陽光発電市場自体の拡大から、海外メーカーや国内中小メーカーが増えたことが要因にあります。メジャーなところでは、世界的にシェアの大きいシャープや老舗の京セラ、旧三洋製パネルを引き継ぐパナソニック、純国産でCIS化合物パネルが特徴のソーラーフロンティアといったメーカーや、大手の新規参入としてアメリカサンパワー社製品のOEM供給を受ける東芝、カナディアンソーラーや元世界シェアNo.1だったが倒産して韓国企業に買収されたQセルズ、破竹の勢いでシェアを広げるサンテック、その他アップソーラーやインリーソーラーなど選択肢は無数にあります。

特に、新興メーカーや海外メーカー先導で全体的に価格が下落してきていますので、ネームバリューや販売店の進めでで選ぶのも一つですが、比較検討した上でよいものをより安く設置していただきたいと思っております。

※当サイトのスタンスは、あくまでどのメーカーを導入するとよいか、という点ではなく、どの会社に頼むか、という販売店選びを重要視しております。なぜなら、価格は販売店によって異なりますし、直接ひざとひざを付き合わせて話し合い、検討し、設置後もサポートしてくれるのは、販売店だからです。

どのメーカーでもよいというわけではありませんが、下記の通り、実に多くのメーカーがあり、販売店によって取り扱っているメーカーが異なります。当然、販売店は、自社で取り扱っているメーカーをオススメしてくるはずですので、このページで各社の特徴をザックリと捉えていただき、ひとつの指標として知っていただけたらと思います。

当サイトの情報を前提として持ちながらも、信頼できるプロの知識を活用して、よりよい比較検討をされてください。太陽光発電は、全体的に価格が下がってきているとはいえ、決して安くはない買い物です。メーカーにこだわる方も多々あると思いますし、実際にメーカーによって大きく性能も異なります(正直先ほどはメーカーにこだわるなと書いておきながら、やはりオススメのメーカーというものもあります)。

ただ、基本的にこれだけたくさんのメーカーがあるということは、それだけ独自の性能やサービスなどの特徴があるからこそであり、それぞれ太陽光発電を実際に設置する方のニーズに合わせて、また設置条件に合わせて判断されるのがベストでしょう。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




太陽光発電メーカーと特徴

ここでは、主要な太陽光発電メーカーとその特徴を簡単にまとめておきます。ちなみに、太陽光発電アドバイザーとしてのオススメの順番で記載しておきます。※私がオススメする理由は、完全に費用対効果という点からのみになっていますので、必ずしもすべての方に適用できるものではありませんのでご了承ください。また、エリアによっては私がオススメしているメーカーを取り扱っていなかったり、取引量が少なくて該当メーカーが他のエリアに比べて高額だったりすることもあるので、その場合は当然、オススメ度合いが変わることになります。


純国産メーカーで昭和シェル石油系列の太陽光発電メーカーです。通常の結晶シリコン系のパネルではなくCISという化合物を使ったソーラーパネルを提供しており、国内で企画・生産まですべてを行っています(日本最大の生産工場が宮崎にあります)。

結晶シリコン系に比べて発電効率は低いですが、高温や影に強いため、1kWあたりの発電量は一番多くなるケースが多く、また相対的に価格が安価なので、1kWあたりの費用対効果という面では、もっともオススメのメーカーです。

ただし、同じ1kWを設置するとしたら他のメーカーに比べて発電効率が低いために、多くの面積が必要になるため、面積当たりの費用対効果を考えると少し価値が低下するのが難点です。
ソーラーフロンティア


ソーラーフロンティアの次にオススメなのが、パナソニックです。パナソニックの太陽光発電は、元々は三洋電機が研究開発してきたもので、買収と同時にパナソニックブランドとして確立したものです。

単結晶パネルの弱点である高温時の発電効率の低下を克服するため、単結晶パネルにアルファモスという素材を入れたハイブリッド型のソーラーパネルです。世界トップクラスの高い発電効率と高温時に強いという特徴があります。また、天下の松下ブランドであることも安心の一つと言えるでしょう。

ただし、どうしても1kWの単価は高くなってしまいがちで、実発電量はソーラーフロンティアに軍配が上がるケースが多いのでNo.2にしました。面積当たりの費用対効果は高くなるので、小さな設置面積で多くの発電量を得たい場合にはオススメです。
パナソニック


東芝は、意外かもしれませんが2010年に太陽光発電市場に参入して、一気にシェアを伸ばした大手なのに比較的新参の太陽光発電メーカーです。ただし、東芝製といっても実際にはアメリカの老舗太陽光発電メーカーのサンパワー社製品をOEM供給してもらっています。

サンパワー社のソーラーパネルは、単結晶パネルでバックコンタクト方式という独自の集光設計による世界一の発電効率が特徴のパネルです。サンパワー製パネルの発電効率20.1%は、2020年に達成目標と言われていたくらいとても高いものです。

ただし、東芝(サンパワー)製パネルかどうか問わず、単結晶モジュールは高温時に発電効率が低下するというデメリットと原価が高いため価格が高額だというデメリットがあるため、3位にしました。寒冷地で日当たりがよく、かつ面積あたりの費用対効果を高めたい方にオススメです。
東芝


シャープは世界でもトップクラスのシェアを持つ太陽光発電メーカーです。日本でのシェアもナンバーワンになっています。もちろん製品に対する信頼性が高いこともありますが、一番大きな要因は販売戦略です。国内では主な建築メーカーとタイアップしていたり、販売店網がきちんとしていること、世界的にも研究機関との提携など産業用での活用もあるため、シェアが大きくなっています。

さらに製品のバリエーションも豊富で、いまは東芝と同じサンパワー社製のOEMパネルも扱っています(東芝のパネルとは若干違うパネルです)。ただ、いずれも単結晶あるいは多結晶モジュールになっているため、高温時の発電効率の低下は避けられません。

いびつな屋根や特殊な地形などに設置する場合、さまざまな形状のパネルを選択できるため、有利なので4位にさせていただきました。
シャープ


※面積あたりの費用対効果というのは、ある一定の面積にどれだけの規模(kW)設置できるか、その平米あたりの価格ということになります。例えば、100平米の面積に設置できる太陽光パネルは、発電効率が高いものだと15kWで、発電効率が低いものだと10kWという場合、どうしても10kWだと得られる発電量が少なくなるという意味です。

基本的には上記メーカーのいずれかを選択されることをオススメしますが、以下他のメーカー情報も掲載しておきます。※以下のメーカーについては順位をつけていませんが、決して以下のメーカーが悪いというわけではありません。
  • 伊藤組モテック株式会社
  • 株式会社エスパワー
  • 株式会社カネカ
  • 元旦ビューティ工業株式会社
  • 三晃金属工業株式会社
  • サンテックパワージャパン株式会社
  • 長州産業株式会社
  • 富士電機株式会社
  • フジプレアム株式会社
  • 株式会社ホンダソルテック
  • 三菱重工業株式会社
  • カナディアンソーラー
  • 三菱電機株式会社
  • YOCASOL株式会社
  • インリーソーラー
  • ウエストホールディング
  • アップソーラー
  • Qセルズジャパン株式会社
  • 京セラ株式会社
  • グリーンテック株式会社
  • グリッド

※このうち長州産業は、自社開発しているソーラーパネルに加えて、パナソニックのハイブリッドパネルHITもOEM供給されています。またホンダソルテックは2014年度で太陽光発電の生産を終了して、本田技研がアフターサービスを引き継いでいます。

ホンダソルテックの例であるように、太陽光発電はまだまだ伸びしろの大きな新規市場であるため、多くのメーカーが参入しますが、競争も激化しているため、倒産する企業も多くなっています。メーカーが倒産してしまうとアフターサービスを受けられなくなったり、万が一修理が必要になった際に部品が手に入らなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

メーカー選びのひとつの尺度として、倒産しない会社を選ぶことが必要です。そういう観点では、太陽光発電専門メーカーよりも複合メーカーの方が有利だと考えられます。現実に、世界最大手の太陽光発電メーカーだったドイツQセルズ、中国のサンテックパワーはいずれも一度破産しています。

ただし、先にもお伝えしたとおり、太陽光発電は工事や設置後のメンテナンスも含めて価値の価値であり、導入価格は販売店ベースで異なりますので、基本的にはメーカー選びよりも販売店選びを重視されることをオススメします。

詳しくは、太陽光発電販売店の選び方をご確認ください。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

メーカー比較|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト記事一覧

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電のメーカー別世界におけるシェア太陽光発電の世界市場・日本市場におけるシェアをまとめました。実際のところは、シェァはあまり重要でないと考えますが、ある面シェァが大きいということは、それだけ支持されているということで、支持されているということは、少なくともよい製品を作っているということが言えると思います。シェアが小さくてもよいものを安く供給しているとこ...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電のメーカー別日本市場におけるシェア太陽光発電の日本市場におけるシェアをまとめました。世界市場でのシェアのまとめを見ていただくとわかるのですが、あくまでもシェアは「現段階で」「どの程度評価されているか」を見る程度にして頂けたらと思います。実際に各メーカーそれぞれ特色ある商品開発をしているので、それぞれの目的・ニーズにある商品を導入することが必要です。...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電メーカー毎の特徴太陽光発電メーカー毎の特徴をまとめておきます。※繰り返しになりますが、メーカーについては、あくまで参考程度でご覧下さい。重要なのは、それぞれの家にあった「製品」を設置することです。ただし、メーカーにこだわりのある方には端的にまとめてあるので、役立つと思います。

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>なぜ販売店選びが重要か?太陽光発電を導入する際に最も大切になることは、販売店をどう選ぶかです。なぜなら、判断基準となる情報の提示と実際の運用をサポートするパートナーだからです。以下の点がよい販売店選びのポイントになります。どうして販売店選びが大切かを知ることができるでしょう。導入するか否かを決定付ける「初期導入費用」と「導入後のシミュレーション」を提供する元...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>シャープ製太陽光発電の特徴とメリット・デメリットシャープは、太陽光発電生産において2010年時点で世界8位、世界シェアの3.1%を締め、国内メーカーNo.1という実績を誇ります。シャープは、世界の亀山モデルと言われる液晶テレビアクオスなど、その高い技術力で評価の高い言わずと知れた家電業界の大手企業で、太陽光発電においても、世界に認められた製品として、国内外問...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>住宅用太陽光発電のパイオニア・京セラ精密機械の製造で高い技術力を培ってきた京セラ。京セラは、日本で初めて住宅用太陽光発電を商品化したパイオニアです。高品質で低価格の多結晶シリコンを使った、技術力の高い商品が特徴です。最も核となる多結晶シリコンからパネルまでを下請け業者を使わずに、一貫して自社で製造するというこだわりをもった製品は、非常に多くのユーザーからの支...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>パナソニック製の太陽光発電の特徴について解説します。パナソニック製の太陽光発電といえば、ハイブリッドHITシリーズということができるでしょう。HITシリーズとは、従来からあり現在主流の高品質半導体の単結晶シリコンと新しい独自技術のアルファモスシリコンをコラボレーションして作ったハイブリッド構造で、発電ロスを低減する世界最高クラスの高発電効率を誇るパネルです。...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>世界最高のパネルと保証でシェアを拡大する東芝東芝は、2010年4月に太陽光発電システムを販売し始めた、業界では非常に新しい後発組のメーカーだ。しかし、2011年には前年比200%の販売実績を出したり、2015年度の日本子国内でのシェアを15%まで上げる目標設定をするなど、非常に堅調に業績を伸ばしているのが特長だ。どうして、東芝製品は後発組なのにもかかわらず、...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>旧財閥系の資金と技術力が売りの三菱電機太陽光発電の人気メーカーランキングで、いつも1~3位の上位には入らないけれど、いつも5位前後くらいに位置する太陽光発電メーカーがあります。いわずとしれた家電メーカー三菱電機です。三菱電機は、いわずとしれた旧三菱財閥の電機部門です。一般には、家電製品などを売っているイメージが強いですが、実は家電のみならず、大きくは宇宙から...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>どのモジュールが最もよいだろうか?太陽光発電モジュールの種類で、簡単に太陽電池の素材別の特徴をまとめましたが、ここでは、さらに一歩踏み込んで実際に流通している素材ごとの購入選択基準について、詳細にお伝えしたいと思います。それぞれの素材が、解説されてある通りの特徴を持っているのですが、導入するとなると実際どうなのか、についてまでは明記してなかったので、ここでし...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>海外メーカー製太陽光発電は年々シェアを拡大|設置するときの注意点は?太陽光発電が普及しはじめて、販売店が乱立する中、消費者の選択肢も非常に多くなってきています。元々シェアの高かった国内メーカーに加えて、海外メーカーの選択肢や、中小零細国内メーカーのパネルまで、非常に幅広くメーカーを選べるようになりました。ここでは、年々シェアを拡大する海外メーカー製の太陽光発...

太陽光発電市場におけるシェア現在、太陽光発電市場には多くの企業が参入しています。そのため太陽光発電を始めようとする個人や事業者にとっては選択肢が増えたものの、逆に沢山ありすぎてどの企業の製品を選べばいいか分からないという場合もあるのではないでしょうか。今回は太陽光発電市場におけるメーカーのシェアを分析し、どのような企業の製品が人気を集めているかを考えてみたいと思います。そもそも太陽光発電市場といっ...