太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

どのモジュールが最もよいだろうか?

太陽光発電モジュールの種類で、簡単に太陽電池の素材別の特徴をまとめましたが、

ここでは、さらに一歩踏み込んで実際に流通している素材ごとの購入選択基準について、

詳細にお伝えしたいと思います。

それぞれの素材が、解説されてある通りの特徴を持っているのですが、

導入するとなると実際どうなのか、についてまでは明記してなかったので、

ここでしっかりと記載したいと思います。

ちなみに、太陽光発電を導入にあたって、最も大切なことは販売店選びです。

これは何度も当サイト内で述べている通りで(詳しくは太陽光発電販売店の選び方

ご覧下さい)、よい販売店はお客さんのニーズをしっかりとくみ取り、設置場所の状況から、

最適なモジュールを割り出して、その素材を製品化するメーカーの商品を提案してくれます。

スポンサードリンク


※年度内導入を検討の方は、急げ!!まずは、見積もりを取得することからスタート!具体的な導入プランなくして検討もくそもありません。詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。また、最新版・オススメの業者を知りたい方は、ソーラーパートナーズがオススメの理由をご覧ください。



当サイトの必ず確認すべき3ステップの手順を踏んでいれば、しっかりとした販売店で導入でき、

販売店の提案をそのまま受け入れたらそれで事足りるのは間違いありません。

しかし、さまざまな理由で、それ以外の販売店から購入される方は、しっかりと製品特性を

概要で構わないので知っておくことで、適切な判断を下すことができるようになります。

(例えば、知人や勤務先の業者から買わなくてはいけないなどの特例があれば)

下記の表をしっかりとご覧いただき適切な判断をされることをおすすめいたします。

太陽電池の種別 省資源性 変換効率 価格低下余地
単結晶シリコン

多結晶シリコン

薄膜シリコン

ハイブリッド型(HIT)

化合物型


※大切なことは、費用対効果という点を考えると、変換効率と現在の価格が、キーになってくると思います。
価格の低下余地というのは、今後価格がどうなっていくかを示しています。
◎は、これから価格が下落していくという意味です。
△は、下落しにくいという意味です。
そういう意味では、将来的に導入を検討している方は◎がおすすめ。
今すぐという方で将来安く同種類のモジュールが流通するのが嫌な方は、
△がおすすめということができます。

スポンサードリンク

太陽電池の特徴から使用性を比較する関連ページ

太陽光発電のメーカー別の世界におけるシェアをお伝えします。
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)の世界市場におけるシェァについて記載しています。
太陽光発電のメーカー別の日本国内におけるシェアをお伝えします。
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)の日本市場におけるシェァについて記載しています。
太陽光発電メーカー毎の特徴
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)のメーカー毎の特徴をまとめておきます。
太陽光発電販売店の選び方
太陽光発電を導入する際に極めて重要になるのが、販売店選びです。なぜなら、販売店は最終的にあなたへ判断基準となる情報、すらなわち導入価格と導入後の見積シミュレーション、そしてそこから得られる採算基準を直接的に提供し、工事完了後もずっと付き合いしていくからです。
太陽光発電メリットデメリットシャープ
太陽光発電のメリットとデメリットを踏まえた上で、メーカーを選定するにあたり、日本製メーカーで最大手のシャープを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?ここでは、シャープ製太陽光発電パネルのメリットとデメリットを解説したいと思います。
京セラ製太陽光発電の実力
京セラ製太陽光発電について、特徴をまとめてあります。たくさんあるメーカーの中で、京セラはどのようなメリットがあり、またどのようなデメリットがあるのでしょうか?また、おすすめの販売店はどこがあるのでしょうか?
パナソニック太陽光発電
パナソニック製の太陽光発電の特徴について解説しています。HITという独自技術で高発電効率を誇る日本No.1家電メーカーが自信を持って製造する最高レベルのパネルが特徴です。価格はいくらが妥当かについても言及しています。
東芝|世界最高の変換効率を誇る太陽光発電システム
世界最高の変換効率を誇る太陽光発電パネルを製造するのは、東芝だ。圧倒的な後発組ながら、最高水準のパネルを武器に、国内メーカー初の20年保証という付加価値とともにシェアを急拡大しています。
財閥の底力!太陽光発電メーカー三菱電機の真の実力
太陽光発電メーカー選びの中では、性能や耐久性、価格などさまざまな観点がありますが、もしあなたがメーカーの企業としての安心感を第一に考えるのなら、私は三菱電機をおすすめします。よい製品で最高の企業体質だと思います。
海外メーカー製品について
グローバル化の波を受けて、太陽光発電においても海外メーカー製のパネルが多く日本に入ってきています。得に中国製品は、世界シェアの拡大を続けており、国内で設置されるケースが増えています。安価で厚い保証のケースが多い海外メーカー製品を導入する際の注意点をまとめました。
太陽電池の世界シェアランキング2014年度最新版
太陽電池の世界シェアは現状どのようになっているのでしょうか?太陽光発電メーカーもさまざまな業者が参入しては淘汰されてを繰返しているのが現状です。そこで2014年度版太陽光発電の世界シェアランキングをまとめました。