太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電メーカー毎の特徴

太陽光発電メーカー毎の特徴をまとめておきます。

※繰り返しになりますが、メーカーについては、あくまで参考程度でご覧下さい。

重要なのは、それぞれの家にあった「製品」を設置することです。

ただし、メーカーにこだわりのある方には端的にまとめてあるので、役立つと思います。

スポンサードリンク


※年度内導入を検討の方は、急げ!!まずは、見積もりを取得することからスタート!具体的な導入プランなくして検討もくそもありません。詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。また、最新版・オススメの業者を知りたい方は、ソーラーパートナーズがオススメの理由をご覧ください。



スポンサードリンク

シャープ

いわずと知れた日本のトップメーカーの一つ。

太陽光発電の分野においても、日本企業の中で世界シェアナンバーワン。

50年以上の研究成果を武器に家庭用の製品はもとより、高度な技術を活用し、

発電所の開発なども行っています。


非常に優れた技術力

用途や屋根に合わせて選べる豊富な商品種類

運転音が気にならない屋外設置型のパワーコンディショナー

シャープは、単結晶太陽光発電を中心に製造している日本最大手の太陽光パネルメーカーです。

発電効率が比較的高くて、耐久性に優れているのが特徴で、世界各国に輸出もしています。

製品の種類も豊富で、高品質のものから安価なタイプまでを取り揃えています。

また、長期的に運用できるようWebモニタリングサービスというサービスを提供しています。

Webモニタリングサービスは、シャープ独自のサービスで、

インターネット回線を通じて太陽光パネルの状態をシャープがずっと監視してくれるものです。

詳細には、シャープ製太陽光発電の解説でしています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
BLACKSOLAR
NQ-198AC

17.2%

198w

111,600円
単結晶モジュール
NB-245AB

19.7%

245w

176,400円
多結晶モジュール
ND-175AC

15.2%

175w

75,200円
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://www.sharp.co.jp/sunvista/

京セラ

1975年から太陽光発電を研究開発してきたメーカーで世界シェアもあるメーカー

日本で始めて住宅用に太陽光発電を製品化しました。

デジタル複合機や携帯電話などの精密機器で培った確かな技術力が生み出す多結晶シリコンを特徴としています。


長期実験に基づいた確かな耐久性

日本の屋根によく馴染むと評判のデザイン性あるパネル

10年保証のパイオニア

独自技術の多結晶パネルを製造しており、耐久性が非常に好評です。

長期耐久テストを独自でやっており、クオリティは時間が証明しています。

費用対効果も高く、トヨタが太陽光発電カーに搭載したことでも有名です。

また、製品も3シリーズ展開しており、国内外からの評価も非常に高くなっています。

詳細には、京セラ製太陽光発電についてで解説しています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
サムライ
KJ80P-3CSCA

13.70%

80w

42,400円
エコノルーツアドバンス
KJ77P-3CTRCA

11.47%

77w

50,000円
ヘイバーン
KJ61P-4AYCB

8.73%

61w

オープン価格
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://www.kyocera.co.jp/index.html

三菱電機

国内有数の財閥系総合家電メーカーであり、歴史と実績に基づいた確かな技術力が特徴です。

宇宙でも使用されるモジュールの開発や、世界最先端の産業用太陽光パネルの開発にも携わっています。

もちろん、住宅用にも広く国内で支持された高品質の製品を製造するメーカー


抜群の電力変換効率を誇るパワーコンディショナー

限りある屋根の上を効率よく活用する商品群

有償で20年保証にも対応可能

三菱製品は、「生涯発電力」をいちばんに考えています、という標語とおり、

耐久性と発電量に注力しているのが特徴です。

パネル内部の構造はもちろん、ガラス特性までも最適化させ、

耐久性と発電量が多くなるようにパネルが工夫されています。

詳細には、三菱製太陽光発電についてで解説しています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
長方形モジュール
PV-MA2200K

15.5%

220w

145,200円
ハーフモジュール
PV-MA1080KH

14.9%

108w

71,300円
スリムモジュール
PV-MA1740KW

15.0%

174w

114,800円
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/taiyo/


パナソニック

定評の高かった旧三洋電機の太陽光発電パネル製造技術を継承している世界の松下が作ります。

HIT太陽電池(ハイブリッド型太陽電池)を中心に独自の技術が特徴的です。

裏面からも発電可能なHITダブルなどユニークな製品を開発し提供しています。


高温下でも確かに発電する抜群の耐温性能

高出力・高効率を誇る抜群の製品性能

万が一の自然災害にも対応する保証制度
パナソニックの旧三洋電機から受け継いだHIT太陽電池は、

単結晶モジュールよりも高温に強く、暑い日でもしっかり発電します。

それは、アルファモスシリコンという新しい素材と

従来からある単結晶シリコンを掛け合わせて作られたパネルだからです。

2014年4月には、世界最高の発電効率といわれる25%の変換効率を誇るパネルを

開発したと報じられ、これらかのますますのシェア拡大が期待されています。

詳細には、パナソニック製太陽光発電についてで解説しています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
HIT245α
VBHN245SJ21

19.1%

245w

160,000円
HIT233
VBHN233SJ01

18.2%

233w

145,000円
HIT240
VBHN240SJ01

18.7%

240w

174,000円
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://sumai.panasonic.jp/solar/



東芝

2010年に太陽光発電に参入した、業界では新参メーカー。

アメリカのサンパワー社性のパネルを採用し、蓄電池を併用するなど太陽光発電に新しいムーブメントを作っています。

既存の技術と新技術を合わせて、ライバルを追従するメーカーです。


世界最高峰の変換効率

スッキリしたコンパクトな美観性

主要設備の標準保証10年

サンパワー社製のOEM製品を供給する東芝の太陽光発電は、

現在商品化されている太陽光パネルの中で、世界最高の変換効率を持っていることが

大きな特徴となっています。

変換効率20.1パーセントの単結晶パネルは、2020年度が達成目標だった水準です。

価格も比較的に安価で、新規参入メーカーではありながら、

東芝の信用力・販売網を活用して急激にシェアを拡大しています。

詳細には、東芝製太陽光発電についてで解説しています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
250Wモジュール
SPR-250NE-WHT-J

20.1%

250w

182,500円
125Wモジュール
SPR-250NE-WHT-J

19.6%

125w

106,500円
Vシリーズ
LPV-200E-BLK-J

15.4%

200w

126,000円
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://www.toshiba.co.jp/sis/h-solar/index_j3.htm

ソーラーフロンティア


昭和シェル石油が30年以上にわたり運営してきた異色の太陽光発電パネルメーカー。

独自開発のCIS太陽電池を武器に世界を虎視眈々と攻略しています。

世界最大規模の工場を軸とした研究開発→製造→販売をすべて自社で行う徹底的な品質管理が特徴です。


高感度のCIS太陽電池採用

大量一貫性生産による高い費用対効果

クラウドコンピューターとの連結によるリモート確認機能

ソーラーフロンティアが提供するCIS薄膜太陽光電池は、

主成分に「銅」「インジウム」「セレン」を用いており、薄膜系太陽電池の中で、

もっとも高い変換効率を誇っています。

また、結晶シリコン系のパネルに比べて高温時に発電効率が低下しにくいことも特徴です。

部分的な日陰の影響も受けにくいことから、

実発電力No.1と言われています。

詳細には、ソーラーフロンティア製太陽光発電についてで解説しています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
Solacis neo
SFR100-A

---%

100w

オープン価格

SF170-S

---%

170w

オープン価格

SF165-S

---%

165

オープン価格
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://www.solar-frontier.com/jpn/index.html

サンテックパワー

世界ナンバーワンの商品製造量とシェアを持つ中国の太陽光発電メーカー。

2001年に創業し中国の圧倒的な人口とマーケット、経済成長をバックに成長してきました。

珍しい太陽電池専門メーカーの強みで圧倒的な技術力と品質が世界各地で高評価を得ています。


世界シェアナンバーワンの圧倒的な信頼感

屋根建材一体型の製品ラインナップ

出力保証25年

世界シェアNo.1でありながら、2013年3月に破綻したメーカーです。

しかし、破綻後も会社更生法の適用を受け、生産を継続しながら、

日本法人へ製品を供給しつつ、保証も継承している会社です。

発電効率は若干落ちますが、低価格と超長期の保証期間を武器に、

世界的なシェアを拡大しています。


【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
Vシリーズ
STP300-24/Ve

15.5%

300w

オープン価格
Wシリーズ
STP250-20/Wd

15.4%

250w

オープン価格
Wシリーズ
STP245-20/Wd

15.1%

245W

オープン価格
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://www.suntech-power.co.jp/


カナディアンソーラー


高級車で国内でも強い人気のアウディにも製品を供給するカナダの太陽光発電パネル専門メーカー。

2001年創業ながら中国での製造体制で世界に商品を供給するグローバルな会社です。

日本には2009年に日本法人を設立して参入。低価格で高品質な商品が人気です。


カナダが生んだ圧倒的な高耐久性パネル

パネル以外は日本製のシステムを利用

出力保証25年

カナディアンソーラー製のパネルの特徴は、

カナダの厳しい豪雪にも耐えるよう設計された強度にあります。

JIS規格の2倍以上の強度を誇り、耐久性に優れています。

そのため、メーカー保証も25年と非常に長くなっており安心です。

また高品質の単結晶パネルを安価に供給しています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格

CSA-215MM

18.7%

215w

オープン価格

CS5A-205M

18.4%

205w

オープン価格

CS6P-255P

17.4%

255W

オープン価格
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://canadiansolar.co.jp/

Qセルズ


Qセルズは、元はドイツで生まれた旧世界No.1シェアを誇った太陽光パネルメーカー。

競争激化により2012年4月に破産して、韓国のハンファグループによって買収されました。

現在は、ドイツに本社を置く韓国資本の会社として再建され、

環境先進国のドイツで育まれた経験を元に、世界的に指示を得ているメーカーです。


世界の太陽光発電の半分があるドイツ生まれの技術力

ヨーロッパ特有の優れたデザイン性

出力保証25年と自然災害補償

Qセルズは、世界のさまざまな地域で導入され試験されてきたデータを元に、

多く環境に適応できる太陽電池を作っています。

冬季に日照量が少なかったり、夏季に高温になりすぎたり、

さまざまな環境で設置されてきたデータと実績があるからこそできる、

信頼の技術に裏打ちされた高性能なパネルを供給しています。

【代表的な商品】
製品名 変換効率 公称最大出力 希望小売価格
Q.PRO-G3
Q.PRO-G3 250

15.0%

250w

オープン価格
Q.PLUS
Q.PLUS-G3 270

---%

270w

2014年秋発売予定
※価格は、すべて税別です。

メーカーHP:http://www.q-cells.jp/


【条件まとめ】


メーカー名 保証期間
パネル/周辺機器/モニタ
自然災害時の保証 定期点検
シャープ 10年/10年/10年 保険対応 WEBモニタリング
京セラ 10年/10年/1年 1、4、8年目(有償)
三菱電機 10年/10年/1年 保険対応 なし
パナソニック 10年/10年/1年 保険対応 なし
東芝 10年/10年/1年 保険対応 1、5、9年目(有償)
ソーラーフロンティア 20年/10年/2年 保険対応 1、5、9年目(有償)
サンテックパワー 25年/10年/- 保険対応 なし
カナディアンソーラー 25年/10年/- 保険対応 なし
Qセルズ/td> 25年/10年/1年 ○(10年) なし




太陽光発電メーカー毎の特徴関連ページ

太陽光発電のメーカー別の世界におけるシェアをお伝えします。
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)の世界市場におけるシェァについて記載しています。
太陽光発電のメーカー別の日本国内におけるシェアをお伝えします。
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)の日本市場におけるシェァについて記載しています。
太陽光発電販売店の選び方
太陽光発電を導入する際に極めて重要になるのが、販売店選びです。なぜなら、販売店は最終的にあなたへ判断基準となる情報、すらなわち導入価格と導入後の見積シミュレーション、そしてそこから得られる採算基準を直接的に提供し、工事完了後もずっと付き合いしていくからです。
太陽光発電メリットデメリットシャープ
太陽光発電のメリットとデメリットを踏まえた上で、メーカーを選定するにあたり、日本製メーカーで最大手のシャープを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?ここでは、シャープ製太陽光発電パネルのメリットとデメリットを解説したいと思います。
京セラ製太陽光発電の実力
京セラ製太陽光発電について、特徴をまとめてあります。たくさんあるメーカーの中で、京セラはどのようなメリットがあり、またどのようなデメリットがあるのでしょうか?また、おすすめの販売店はどこがあるのでしょうか?
パナソニック太陽光発電
パナソニック製の太陽光発電の特徴について解説しています。HITという独自技術で高発電効率を誇る日本No.1家電メーカーが自信を持って製造する最高レベルのパネルが特徴です。価格はいくらが妥当かについても言及しています。
東芝|世界最高の変換効率を誇る太陽光発電システム
世界最高の変換効率を誇る太陽光発電パネルを製造するのは、東芝だ。圧倒的な後発組ながら、最高水準のパネルを武器に、国内メーカー初の20年保証という付加価値とともにシェアを急拡大しています。
財閥の底力!太陽光発電メーカー三菱電機の真の実力
太陽光発電メーカー選びの中では、性能や耐久性、価格などさまざまな観点がありますが、もしあなたがメーカーの企業としての安心感を第一に考えるのなら、私は三菱電機をおすすめします。よい製品で最高の企業体質だと思います。
太陽電池の特徴から使用性を比較する
太陽光発電の導入を選択するにあたって、最も大切なことは販売店選びですが、その販売店でどのメーカーにするのか、どのタイプのモジュールを選択するのか、という点が重要になってきます。当然販売業者が、あなたのニーズにあった商品を提案してくれますが、基礎知識はあるに越したことはないでしょう。
海外メーカー製品について
グローバル化の波を受けて、太陽光発電においても海外メーカー製のパネルが多く日本に入ってきています。得に中国製品は、世界シェアの拡大を続けており、国内で設置されるケースが増えています。安価で厚い保証のケースが多い海外メーカー製品を導入する際の注意点をまとめました。
太陽電池の世界シェアランキング2014年度最新版
太陽電池の世界シェアは現状どのようになっているのでしょうか?太陽光発電メーカーもさまざまな業者が参入しては淘汰されてを繰返しているのが現状です。そこで2014年度版太陽光発電の世界シェアランキングをまとめました。