太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電市場におけるシェア

在、太陽光発電市場には多くの企業が参入しています。そのため太陽光発電を始めようとする個人や事業者にとっては選択肢が増えたものの、逆に沢山ありすぎてどの企業の製品を選べばいいか分からないという場合もあるのではないでしょうか。今回は太陽光発電市場におけるメーカーのシェアを分析し、どのような企業の製品が人気を集めているかを考えてみたいと思います。


そもそも太陽光発電市場といっても

ではまず、太陽光発電市場とはどのようなものかを見て行きましょう。

太陽光発電に関し、取引される主要な製品・サービスには以下が含まれます。

  1. 太陽電池モジュール
  2. 太陽電池セル
  3. 太陽電池セル製造装置
  4. パワーコンディショナ
  5. 太陽光発電システム構築

太陽光発電の調査会社NPD Solarbuzzは、2014年の太陽光発電市場に関し、2013年から2014年にかけて世界市場の規模が36GWから49GWへと36%成長すると見込んでおり、特に日本では2014年の新規発電容量が1,030万KWに達し、世界最大の太陽光発電市場となるなど市場の成長が続いています。このため上記の製品・サービス市場は今後も拡大が続くものと見込まれています。


市場に参入しているメージャー企業

次に上記製品・サービスのうち、皆様にもなじみ深い太陽電池モジュール(ソーラーパネル)に関して、参入企業とそのシェアを見て行きましょう。前述のNPD Solarbuzzによると太陽電池モジュールの2013年世界シェア上位10社は以下のようになります。
世界シェア2014
(http://pinponcom.jp/energy/top-10-pv-module-suppliers-in-2013-by-npd/ より引用しました。)

  1. インリーソーラー(中国)
  2. トリナソーラー(中国)
  3. シャープ(日本)
  4. カナディアンソーラー(中国)
  5. ジンコソーラー(中国)
  6. レネソーラー(中国)
  7. ファースト・ソーラー(米国)
  8. ハンファソーラー(韓国)
  9. 京セラ(日本)
  10. JAソーラー(中国)

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。


このように、太陽電池モジュール市場は中国メーカーが非常に大きなシェアを持っています。この世界ランキングのから、世界的シェア向上には太陽電池モジュール「安さ」が非常に重要であるということができるでしょう。実際に本ランキング中のメーカーを見て行くと、中国、韓国メーカーはいうまでもなく、7位にランクインした米国のファースト・ソーラーも結晶シリコンではなく、より安価な薄膜系太陽電池モジュールを提供する企業であり、日本メーカー以外のほとんどはコストパフォーマンスを武器に市場シェアを伸ばしていると考えられます。

一方日本企業ではシャープと京セラがそれぞれ3位と9位にランクインするなど健闘しています。ちなみにこの二社は2012年に比べて共に順位を上げており、2012年からスタートした再生可能エネルギー固定価格買い取り制度による売上増が貢献しているものと考えられます。

実際に、日本国内における太陽光発電モジュールの2013年シェア上位3社をみると、シャープ、京セラが1位、2位を占めていることが分かります。


参考としてご覧ください

以上太陽電池メーカーの世界シェアについて解説しました。

実際に、シェアが大きいもの=よい製品とは限りません。

実際に、安かろう悪かろうでは意味がないからです。

当サイトでしっかりと情報を収集していただき、絶対に損しない太陽光発電選びをされてください。

※下の動画をご覧いただくとものすごく簡単にどうしたらよいかがわかりますので、ぜひご活用ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

太陽電池の世界シェアランキング2014年度最新版|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

太陽光発電のメーカー別の世界におけるシェアをお伝えします。
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)の世界市場におけるシェァについて記載しています。
太陽光発電のメーカー別の日本国内におけるシェアをお伝えします。
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)の日本市場におけるシェァについて記載しています。
太陽光発電メーカー毎の特徴
太陽光発電(ソーラー・太陽発電)のメーカー毎の特徴をまとめておきます。
太陽光発電販売店の選び方
太陽光発電を導入する際に極めて重要になるのが、販売店選びです。なぜなら、販売店は最終的にあなたへ判断基準となる情報、すらなわち導入価格と導入後の見積シミュレーション、そしてそこから得られる採算基準を直接的に提供し、工事完了後もずっと付き合いしていくからです。
太陽光発電メリットデメリットシャープ
太陽光発電のメリットとデメリットを踏まえた上で、メーカーを選定するにあたり、日本製メーカーで最大手のシャープを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか?ここでは、シャープ製太陽光発電パネルのメリットとデメリットを解説したいと思います。
京セラ製太陽光発電の実力
京セラ製太陽光発電について、特徴をまとめてあります。たくさんあるメーカーの中で、京セラはどのようなメリットがあり、またどのようなデメリットがあるのでしょうか?また、おすすめの販売店はどこがあるのでしょうか?
パナソニック太陽光発電
パナソニック製の太陽光発電の特徴について解説しています。HITという独自技術で高発電効率を誇る日本No.1家電メーカーが自信を持って製造する最高レベルのパネルが特徴です。価格はいくらが妥当かについても言及しています。
東芝|世界最高の変換効率を誇る太陽光発電システム
世界最高の変換効率を誇る太陽光発電パネルを製造するのは、東芝だ。圧倒的な後発組ながら、最高水準のパネルを武器に、国内メーカー初の20年保証という付加価値とともにシェアを急拡大しています。
財閥の底力!太陽光発電メーカー三菱電機の真の実力
太陽光発電メーカー選びの中では、性能や耐久性、価格などさまざまな観点がありますが、もしあなたがメーカーの企業としての安心感を第一に考えるのなら、私は三菱電機をおすすめします。よい製品で最高の企業体質だと思います。
太陽電池の特徴から使用性を比較する
太陽光発電の導入を選択するにあたって、最も大切なことは販売店選びですが、その販売店でどのメーカーにするのか、どのタイプのモジュールを選択するのか、という点が重要になってきます。当然販売業者が、あなたのニーズにあった商品を提案してくれますが、基礎知識はあるに越したことはないでしょう。
海外メーカー製品について
グローバル化の波を受けて、太陽光発電においても海外メーカー製のパネルが多く日本に入ってきています。得に中国製品は、世界シェアの拡大を続けており、国内で設置されるケースが増えています。安価で厚い保証のケースが多い海外メーカー製品を導入する際の注意点をまとめました。