太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電を導入するのにもっとも適したときは一体いつなのか?

太陽光発電の導入相場は、年々下落しています。
もう少し待ってよりよい製品を導入するか、機会損失を避けるか・・・。
今導入するのと、もうたってから導入するのとでは、一体どちらがよいのでしょうか? 太陽光発電の買い時はいつでしょうか?

  • すでに石油をはじめとした地下資源は、枯渇することが見えており、再生可能エネルギーの発展は人類にとって不可欠なことです。
  • 再生可能エネルギーの本命は太陽光発電であり、産学連携で研究開発が進んでいます。
  • 毎年さまざまな素材が太陽光発電の新しい材料として開発されては消えています。
  • 発電効率は今後も年々上がっていき、性能のよい製品がどんどん市場に出ることは間違いありません。
  • 太陽光発電導入支援補助金(国からの助成金)は、平成25年度で終了しました。
  • 全量買取制度の買取単価は年々下がっており、これからも毎年下がる見込みです。
  • 太陽光発電システムは設置すれば少なかれず利益を得られますが、導入しないと何も生み出されません。

これは、投資家のみならず一般の人にとっても大きなジレンマだと思います。

1.太陽光発電をすぐには導入しないほうがよいと思ってしまう理由
1-1.液晶テレビから太陽光発電の価格推移を予想する
1-1-1.賢い太陽光発電の選び方
2.太陽光発電の適切な導入時期を見極めるポイント
2-1.現状の太陽光発電パネルについて
2-2.マクロ市場の趨勢
2-3.機会ロスについての考え方
2-4.補助金など外的な要因
3.太陽光発電の導入時期について総括



太陽光発電をすぐには導入しないほうがよいと思ってしまう理由

多くの方が、太陽光発電はまだ導入時期ではない、買い時ではない、もっと待ってもっと性能のよい製品が発売されてから、価格が下がるのをまって、導入したほうがよいと考えています、。一方で、制度上の優遇期間がまもなく終わるかあるいは、優遇幅が小さくなってしまうことから、ジレンマに陥ってしまうのです。一体どういう点から、導入時期を見極めたらよいかを検証してみました。なお、今後の見通し等については、太陽光発電のいろはみちしるべにて詳細に記載しています。こちらでは、九電ショックのことなどを織り交ぜて解説しているので、ぜひ機会があれば、併せてご覧ください。

液晶テレビから太陽光発電の価格推移を予想する

例えば、液晶テレビについて考えてみましょう。液晶テレビは市場に登場した当時非常に高価でした。1インチあたりの価格が10,000円を切るところで普及期に入るだろうといわれていたのです。 ところが、1インチの価格が10,000円を切って普及期に入り、どんどん価格は下がっていき、今では液晶テレビは32インチで30,000円くらいで買えてしまいます。
つまり、1インチ1,000円、普及ラインといわれる価格の10分の1にまで下落してしまったのです。わずか数年の間で、です。そして、液晶テレビメーカーはこぞって収益を悪化させていきました。ソニーはテレビ事業から撤退し、シャープも工場をたくさん閉鎖しました。
そう考えると、1インチ数万円で買うより、少しだけ待って1インチ1,000円で買ったほうが何ぼかよいと考える人が多いのではないでしょうか?逆に、少しでもクオリティの高いテレビで高品質の画像の番組を見たいという人もあると思います。そういった人たちにとっては、1インチ数万円だろうが、1,000円だろうが、「テレビで得られる満足度」を考えれば価格は問題はないかもしれません。

賢い太陽光発電の選び方

液晶テレビのように、太陽電池モジュールもどんどん価格が下がり、すぐに今の90パーセントの価格にな可能性もあります。もしくは、変換効率や技術が進歩して、今と同じ値段なのに今より10倍も高性能というようなモジュールが出てくるかもしれません。これらは、ありえないとは言い切れない、むしろ十分に実現する可能性のあることがらですよね。太陽光発電は、ただ設置して楽しむという自己満足を得るための商品ではありません。導入して稼動することで、売電収入や節電利益を得て、初めて目的を遂げるものです。
つまり、初期費用に対してリターンは何パーセントかという投資的な結果を得るための商品ということができます。
そういう意味で、太陽光発電は「いくらで買えるのか」という点だけではなく、「トータルの初期費用に対して毎年どれだけの利益を得られるのか」という費用対効果を考える必要があります。それには、次のことが原則としてあげられます。

  1. 同じ性能の製品であれば、できるだけ安く導入すること
  2. 同じ価格の製品であれば、できるだけたくさん、できるだけ長く収益を得ることができること
  3. 同じ性能、同じ価格の製品であれば、できるだけ早くに導入すること
  4. 同じ条件なのであれば、できるだけリスクが小さいものであること

太陽光発電の適切な導入時期を見極めるポイント

では、一体いつ導入するのがよいのでしょうか?次の複数の観点からお伝えしたいと思います。

  1. 現状の太陽光発電パネルについて
  2. マクロ市場の趨勢
  3. 機会ロスについての考え方
  4. 補助金など外的な要因

現状の太陽光パネルについて

現状普及している太陽光パネルは、単結晶シリコンを素材とした製品を中心に、多結晶、ハイブリッド型などいろいろです。いずれもシリコンを使っているという意味で、原価がある程度必要になってくるという側面があります。なぜなら、シリコンは高価な素材だからです。
単結晶は、非常に高品質のシリコンを活用するため、希少価値から価格はもっとも高く、逆に発電性能もよく耐久性も高いのが特徴です。逆に多結晶は、細かいシリコンをつなぎ合わせて作られるため単結晶に比べると性能は劣り、価格は安くなります。
ハイブリッド型などは、シリコンの使用量が少ないため、価格は安く、性能はまちまちといったところです。当然、品質改良はされていくので、どんどん性能は上がっていきます。しかし、原価という意味では、シリコンを原材料としている限り、劇的に価格が下がることは考えにくいといわざるを得ません。
つまり、シリコン以外の発電素材が普及することが、太陽光発電の価格破壊には必要だということができます。

スポンサードリンク

世界の太陽光発電市場は淘汰が続いている

太陽光発電が設置されるまでには、メーカーと販売店が絡んできます。世界的な太陽光発電市場で見れば、大手の製造メーカーが倒産してしまうほど、競争過多な状況にあります。現実に2013年には、中国の世界最大手のメーカーが倒産しましたし、数年前にもドイツの大手メーカーが倒産しています。
これは、競争による価格破壊が進行している一方で、原価の低減が間に合わないことを意味しています。しばらくはメーカーの淘汰は進むことが予想されており、価格は若干はまだ下がると考えられますが、それ以上はメーカーの体力が持たないということがいえると思います。
一方で、販売店についても同様のことがいえます。2013年は太陽光バブルといわれたくらいビジネスとして注目を浴びたため、たくさんの販売会社が生まれました。 そして、同じくらいたくさんの販売店がつぶれていっています。これからも販売店については間違いなく淘汰が進みますので、メーカーが利益を削って販売し、販売店が利益を削って販売し、の悪循環はそのうち破綻する可能性があります。
つまり、価格はもうひと段落下落すると思われますが、それ以上は下がりにくいということです。

太陽光発電は導入したら利益を得られるけれど、導入しなければまったく利益はない。

・あなたが所有しているスペースに太陽光発電を導入した場合、年間100,000円利益が上がるとします。そのために必要な投資が100万円だったとすると年間利回りは10パーセント程度といえます。現状の標準的な太陽光発電の利回りです。そこで10年間仮に太陽光発電を導入するのをまったとすると、初期費用分の100万円機会損失することになります。

・10年後、発電効率が2倍の商品を同等の価格で導入したとします。つまり、年間200,000円利益を上げる太陽光パネルを100万円で導入するということです。 そうするとさらに向こう10年で200万円の利益を上げることになります。一方で、当初から設置している人も200万円利益を上げていることになります。
つまり、よりよい製品の普及を待つまでの間は、あなたのスペースからはまったく収益を上げることができないということです。そして、10年後どれだけよい製品をどれだけ安く導入したとしても、当初から設置している場合に得られる利益を追い越すにはかなりの時間がかかるということです。途中で買い替えなどして場合には、ずっと追いつくことはできなくなってしまうでしょう。以上のことから、太陽光発電は早く導入すれば早く導入するほど、メリットは大きくなるということができます。

補助金や全量買取制度などの外的な要因

2013年度で国からの導入時の補助金=太陽光発電導入支援補助金は打ち切りになりました。これは、太陽光発電の普及を助けるために国が助成していたもので、価格相場の下落に併せて段階的に引き下げられてきたものです。また、2012年7月からはじめられた全量買取制度の買取単価についても、年々下げられているのが現状です。また、地方自治体からの導入時の補助金については自治体によってまちまちですが、大きく下がってきています。
このように、早期に導入する場合は、「太陽光発電の本来の働き」以外からの利益を得ることができます。しかし、逆にこれら本質ではない部分のメリットに目がくらんでしまうことは本末転倒といわざるを得ないと思います。そういう意味では、判断のひとつの要素程度にしておくことが大切になるでしょう。

太陽光発電の導入時期について総括

以上のことから、太陽光発電を導入するなら、できるだけ早くに導入するほうが経済的なメリットは大きいということができると思います。ただし、太陽光発電はだれでも導入すれば得するというものではありません。しっかりと現地を調査して、メリットがあるかどうかを調べる必要があるのです。当サイトでは、あなたにとって太陽光発電が本当にメリットのある商品なのかを見極めるお手伝いをしています。じっくり好きなコンテンツをご覧いただくとよいと思います。
しかし、もしもっと端的に、あなたが太陽光発電を導入して得なのか、損なのかを調べたい方は、簡易版・必ず確認すべき3ステップをご覧いただくことをおススメいたします。

当カテゴリ内の記事一覧

簡単3ステップ

サンプルサイト

太陽光発電を導入するか否かを判断するために、必ずしなくてはいけない3つのステップを簡易化しました。時間のない方や、忙しい方、面倒くさいことが嫌な即決タイプの方はこちらで確認下さい。必要十分な情報と選択基準が掲載されています。

≫詳細ページ

最安値で設置する方法

最安値イメージ写真

太陽光発電を最安値で設置する方法についてまとめました。手間はかかります。でも、確実に最安値で導入することができるようになるでしょう。価格を重視される方にこっそりと業者をフルに活用した秘伝の方法を伝授します。

≫詳細ページ

導入試算の方法

太陽光発電の試算

太陽光発電を導入するかどうか決める場合、実際に導入したらどの程度発電するのかということを試算することは極めて重要です。ここでは、どのようにして試算したらよいかをお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

導入時期はいつがよい?

いつ導する?

太陽光発電は、いつ導入するのがベストなのでしょうか?初期費用は年々安くなる、けれど補助金や全量買取制度の価格も安なる、製品のレベルはどんどんよくなる、でも導入しなけりゃ機会ロスになる。そんなジレンマを完全解消いたします!

≫詳細ページ

間違いを避ける方法

過ちを避ける

太陽光発電を導入したり、検討する際におおくの人がやりがちな最も大きな間違いを避ける方法をここでは紹介しています。

≫詳細ページ

実際の発電量

実際の発電量

太陽光発電は、実際にどのくらいの発電量を得ることができるのでしょうか?得られる日射量は、地域や、設置場所の環境で大きく左右されることは間違いありません。イメージするための参考資料としてご覧いただけたら幸いです。

≫詳細ページ

現地調査の重要性

現地調査の重要性

太陽光発電の導入について、最終的な判断を下すにあたり現地調査をすることは極めて重要なことになります。正確な初期費用の見積もり、シミュレーションは現地調査をすることで初めて確定させることができるからです。そのポイントについてまとめました。

≫詳細ページ

採算の基準

採算基準

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を設置して果たして採算が合うかどうか。その基準は何なのかということを押さえておきます。

≫詳細ページ

本当に得なの?

本当に得なの?

太陽光発電って本当に得なのでしょうか?メディアなどで騒がれていて、普及していくのを見ながら、興味関心のある方なら、まずはじめに疑問に思うことではないでしょうか?本当のところ太陽光発電って得なのか損なのか、解説していきたいと思います。

≫詳細ページ

費用対効果を最大化する方法

費用対効果

太陽光発電で採算をとることの重要性と確認方法をご紹介していますが、もっとも費用対効果が高く導入するためにはどうしたらよいでしょうか?これから太陽光発電を導入する方必見の情報を提供しています。絶対得する太陽光発電選びについて、お伝えして参ります。

≫詳細ページ

実質円で太陽光発電?

0円太陽光発電

0円で太陽光発電を導入できるって本当?それってメリットあるの?本当なの?0円太陽光発電のからくりを紹介したいと思います。

≫詳細ページ

太陽光発電の真の目的

設置のポイント

太陽光発電は、経済的な利益だけが目的になるものではありません。限りある資源の代替エネルギー源こそが本質であり、地球環境の保全こそが真の目的になると思います。そんな考えを持つ方がどうやって取り組んでいくけばよいかをお伝えします。

≫詳細ページ

スポンサードリンク