太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

経済的な利潤は、一つの動機付けでしかない

ぜ、太陽光発電を導入したほうがよいのでしょうか?
どうして人は太陽光発電を導入するのでしょうか?
太陽光発電で社会は何を得るのでしょうか?
問題は非常にシンプル簡単でありながら、社会的なメリットと個人的なメリットやデメリットが実際には相反するものではないはずなのに、対立する事柄のように思われることがあります。シンプルなことを難しく考えるとものごとは難しくなります。ここでは、太陽光発電の真の目的について解説したいと思います。


太陽光発電の本質は何なのでしょうか?

当サイトで何度もお伝えしているとおり、ほとんどの人が経済性ということでしょう。
確かに、経済性=投資としての太陽光発電は、非常に大きな要素ということができます。
どれだけよいものであっても、損してまで導入しようと思うことはあまりないのが人間だからです。
そういう意味で、太陽光発電を導入するには経済性は必須ということができます。
経済的に損をするということは、何十万円も環境保護団体に寄付しますか?というのとあまり変わらなくなるからです。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



そもそも太陽光発電とは何なのか?

太陽光発電とは、太陽光を電気エネルギーに変換する仕組みのことを指します。
太陽光は地球に無限に降り注いでいるため、枯渇することがありません。
現状太陽光エネルギーは、地球を活かすために絶対に欠かすことのできない役割を担っています。
気温にしても、天候にしても、動植物がいきていくためには、太陽光は欠かせないものです。
しかし、経済的な観点から考えるとまだまだ十分に活用はできていません。
地球に無限に降り注いでいるので、もっと有効に活用することができるわけです。

太陽光エネルギーを有効に活用する

太陽光発電は、二酸化炭素などの副産物を一切出すことなく太陽光エネルギーを電気に変換することができるものです。
また、一度設置されれば基本的には半永久的に発電し続けることができます。
人間が生活するのに欠かせない、電気などのエネルギーは、これまで石油などの化石燃料を中心に賄われてきました。
しかし、高度産業化が進んだ現在、何億年とかけて作られた化石燃料は、わずか100年あまりの短い間に、枯渇することが予測されています。
このままいくと、現状の人間の生活は成り立たなくなることが目に見えているわけです。
そこで、世界中で再生可能エネルギーの開発が注目を浴びており、その中でもっとも大きな期待を背負っているのが太陽光発電だというわけです。

再生可能エネルギーが普及していくために

いくらこのような事情があったとしても、経済的に割高になるのであれば、なかなか普及しないのが、資本主義経済の特徴です。そのため、再生可能エネルギーを普及させるために、さまざまな施策が取り入れられたわけです。それが、全量買取制度(注)であったり、太陽光発電導入支援補助金(2013年度で廃止)(注)だったりするわけです。
しかし、市場が拡大していくにつれて、太陽光発電は割高なエネルギー源だったのですが、補助がなくても割高に感じないレベルまで成長してきました。あと一歩というところにきていますが、それでもしばらくは投資として費用対効果が見られるのは間違いないことでしょう。
*注)太陽光発電の補助金については、次のページを参考にされてください。
ついに太陽光発電導入支援補助金はなくなります。
全量買取制度とは?

でも本当のところは、太陽光発電は純粋にエネルギー源

当サイト内では、何度も太陽光発電の採算基準をお伝えしてきました。
それは、全量買取制度を活用して、10年で元を取る=つまり年利10%利回りを得ることでした。
ここでは、逆に投資という側面は無視した、太陽光発電の導入規準についてお伝えしたいと思います。

経済的な観点とは違う規準軸

ここでは、発電量を太陽光発電導入の判断軸にしていきたいと思います。
岡山県に田中優さんという方がいます。
この方は、社会活動家なのですが、太陽光発電を設置して、日本でおそらく始めて中国電力との電線を遮断した方です。
つまり、電気の自給自足をし始めた方なのです。
概ね2~3kW程度の太陽光発電と蓄電池で合計500万円くらいかかったとのことです。
仮に年間3,300kW発電するとしても基本料金併せても10数万円程度の節電効果しかありません。
私が当サイトでお伝えしている導入規準をはるかに下回る水準です。
しかし、田中優さんは、電気の自給自足をすることで、原発による電力の不買行動を選択したわけです。
これには、深い深い、理由があるわけです。
このように経済的な観点は無視したとして、太陽光発電を導入することはできると思います。
田中優さんの場合は、電気を自給自足するために、非常に高額な蓄電池を購入したため、導入費用が高くなりましたが、ここまでストイックにやらないのであれば、地球環境のために太陽光発電を導入するのには100万円程度から実践できるのです。

規準は簡単!子どもたちの未来のために

投資的な観点を持たないのであれば、太陽光発電の導入規準は簡単です。
「きちんとした業者に、きちんとしたメーカーの、きちんとした製品を、
きちんとした価格で、きちんと工事してもらう。」
ただこれだけです。
だから、きちんとした業者を見つけさえすればよいのです。
そして、現地調査にきてもらえばよいのです。
※きちんとした業者の選び方については、正しい「優良業者」の見極め方をご覧ください。
まずは、しっかりとあなたの設置場所を調査するところから始めてください。
あとは、業者さんがしっかりとエスコートしてくれます。

当カテゴリ内記事一覧

簡単3ステップ

サンプルサイト

太陽光発電を導入するか否かを判断するために、必ずしなくてはいけない3つのステップを簡易化しました。時間のない方や、忙しい方、面倒くさいことが嫌な即決タイプの方はこちらで確認下さい。必要十分な情報と選択基準が掲載されています。

≫詳細ページ

最安値で設置する方法

最安値イメージ写真

太陽光発電を最安値で設置する方法についてまとめました。手間はかかります。でも、確実に最安値で導入することができるようになるでしょう。価格を重視される方にこっそりと業者をフルに活用した秘伝の方法を伝授します。

≫詳細ページ

導入試算の方法

太陽光発電の試算

太陽光発電を導入するかどうか決める場合、実際に導入したらどの程度発電するのかということを試算することは極めて重要です。ここでは、どのようにして試算したらよいかをお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

導入時期はいつがよい?

いつ導する?

太陽光発電は、いつ導入するのがベストなのでしょうか?初期費用は年々安くなる、けれど補助金や全量買取制度の価格も安なる、製品のレベルはどんどんよくなる、でも導入しなけりゃ機会ロスになる。そんなジレンマを完全解消いたします!

≫詳細ページ

間違いを避ける方法

過ちを避ける

太陽光発電を導入したり、検討する際におおくの人がやりがちな最も大きな間違いを避ける方法をここでは紹介しています。

≫詳細ページ

実際の発電量

実際の発電量

太陽光発電は、実際にどのくらいの発電量を得ることができるのでしょうか?得られる日射量は、地域や、設置場所の環境で大きく左右されることは間違いありません。イメージするための参考資料としてご覧いただけたら幸いです。

≫詳細ページ

現地調査の重要性

現地調査の重要性

太陽光発電の導入について、最終的な判断を下すにあたり現地調査をすることは極めて重要なことになります。正確な初期費用の見積もり、シミュレーションは現地調査をすることで初めて確定させることができるからです。そのポイントについてまとめました。

≫詳細ページ

採算の基準

採算基準

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を設置して果たして採算が合うかどうか。その基準は何なのかということを押さえておきます。

≫詳細ページ

本当に得なの?

本当に得なの?

太陽光発電って本当に得なのでしょうか?メディアなどで騒がれていて、普及していくのを見ながら、興味関心のある方なら、まずはじめに疑問に思うことではないでしょうか?本当のところ太陽光発電って得なのか損なのか、解説していきたいと思います。

≫詳細ページ

費用対効果を最大化する方法

費用対効果

太陽光発電で採算をとることの重要性と確認方法をご紹介していますが、もっとも費用対効果が高く導入するためにはどうしたらよいでしょうか?これから太陽光発電を導入する方必見の情報を提供しています。絶対得する太陽光発電選びについて、お伝えして参ります。

≫詳細ページ

実質円で太陽光発電?

0円太陽光発電

0円で太陽光発電を導入できるって本当?それってメリットあるの?本当なの?0円太陽光発電のからくりを紹介したいと思います。

≫詳細ページ

太陽光発電の真の目的

設置のポイント

太陽光発電は、経済的な利益だけが目的になるものではありません。限りある資源の代替エネルギー源こそが本質であり、地球環境の保全こそが真の目的になると思います。そんな考えを持つ方がどうやって取り組んでいくけばよいかをお伝えします。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ