太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電を最安値で設置する方法をお伝えします。

もし、あなたがほんの少しの手間を惜しまず、時間を使って最善の行動を選択してくれるとしたならば、太陽光発電を通常で購入するよりも最大で100万円安くなる方法があるのですが、知りたいですか?
ただし、少しばかり面倒な作業が必要になります。
でも、この方法を選択していただけたら、確実に太陽光発電を最安値で設置することができます。
最も安くといっても、安かろう悪かろうでは意味がありません。
あなたが設置する場所で費用対効果を最大化する製品を、最も安く導入するというのが、この方法の趣旨です。

※費用対効果の最大化についての基礎的な考え方については、
太陽光発電で最も費用対効果が高くなる導入方法をご覧下さい。

ここからは、次の条件のいずれもに合う方だけがご覧下さい。

  • もし採算が合うのであれば、是非太陽光発電を導入したい。
  • 最も費用対効果の高い製品を最も安く導入したい。
  • そのためなら、多少手間がかかっても構わない。
  • 複数社見積もり取得して比較検討して決めることに抵抗がない。
  • 信念を持って、もっとも安く導入する決断をできる。

以上の条件を満たす方は、これから記載する手順を踏んで下さい。
間違いなく最もあなたに適した製品を最も安く導入することができるようになります。


最安値で購入するためのステップ1

《公式/全国対応》100万人の利用実績!無料で太陽光発電一括見積り!で見積もりを取得する。※こちらをクリックすると当サイトイチオシの一括見積もりサイト「タイナビ」の解説ページに飛びます。

ここでは、簡易見積もりではなく現地訪問見積もりを選択してください。なぜならば、正確なシミュレーションと見積もりを取得する必要があるからです。複数業者から見積もりが提出されたら、シミュレーションと見積もりを分析します。以下の公式に当てはめて、採算性が合うかチェックしましょう。すべての見積もりで採算性が合わなければ、一旦見合わせることをオススメします。


現金で導入する予定の場合

初期費用 ÷ 発電金額 ≦ 10


ローンで購入する場合

毎月のローン支払額 ≦ 売電収入 +< 節電利益/span>


これを満たす場合は、見積もりとシミュレーションの中で、最もよいものを保持して、次のステップ移っていただきます。
絶対にまだ発注はしないでください。見積もりとシミュレーションを取得して、業者に対しては保留にしておいてください。そうしないと最安値で導入することはできなくなってしまいます。多くの方が、概ねよい見積もりとシミュレーションを手に入れたら満足して、他の業者と比較することなく発注してしまいます。これは、非常にもったいないことです。太陽光発電は、業者に対する情のために導入するのではなく、あくまでももっと身近で大切な家族のメリットのために導入するものだという観点を決して忘れないようにしてください。10kW以上の産業用太陽光発電の場合は、さらにシビアに考えるべきでしょう。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



最安値で導入するためのステップ2

ソーラーフロンティア|発電力No.1のメーカーパナソニックHITの見積もりを必ず入れておいてもらうようにする。ソーラーフロンティアは、実発電力No.1の太陽光発電メーカーで、昭和シェルグループで太陽光発電業歴30年の次世代CIS薄膜パネルを製造する老舗です。ソーラーフロンティアのページに詳しく書いていますが、CISモジュールは、これまでの結晶シリコン系のパネルとはまったく性質の異なるもので、東芝製の単結晶パネルのように発電効率は高くないですが、実際に稼動させると多くの地域で、1kWあたりの発電量が多くなる実績があります。また、次に発電量が多いといわれているのが、単結晶シリコンとアルファモスの融合したハイブリッと太陽光発電のHITです。そのため、当サイトではソーラーフロンティア製のパネルか、パナソニック製HITのパネルを強くおススメしています。ただし、少しでも規模を多く導入したい場合などは、東芝がもっとも小さい面積で多くの容量を搭載することができます。ソーラーフロンティアとパナソニックの見積もりとシミュレーションがが届いたら、今度は別の一括見積もりサイトに見積もり依頼をかけます。そして、すべての見積もりが揃ったら、もっとも費用対効果が高い見積もりとシミュレーションを提出してくれた業者に、再度交渉することになります。

【当サイトおススメの他の一括見積もりサイト】

最安値で導入するためのステップ3

上記で絞った費用対効果が高い2社に交渉して、最終的に最も安くなる業者に発注します。これで間違いなく最も安く導入することができます。
注意して頂きたいのは、ここで紹介している業者に当たるということです。太陽光発電はたくさんの業者があって、よい業者悪い業者さまざまです。当然、悪質な販売方法をするところや強引な営業をするところもあります。口だけいいこと言って、実際にはキチンとシミュレーション通りに発電しない、なんてケースもたくさんみかけます。→横行する太陽光発電投資詐欺の実態参照ください。

ここで紹介している業者は、安くて安心な業者だけです。しっかりと販売店を絞って見積もりを取得することで、最も安心に、最も安く太陽光発電を導入することができるわけです。2014年度は、太陽光発電を導入してメリットを最大化するチャンスです。今のうちに見積もりとシミュレーションを取得しておいて、しっかりと年度内に完工できるようゆとりを持って手順を踏んで下さい。※2015年度以降固定価格買取制度の優遇措置が一気に下がることが想定されています。2014年度の固定価格買取制度の適用を受けるには、年度内に設備認定を受ける必要があります。→詳しくは、いつ導入するのがベストか?参照ください。

当カテゴリ内の記事一覧

簡単3ステップ

サンプルサイト

太陽光発電を導入するか否かを判断するために、必ずしなくてはいけない3つのステップを簡易化しました。時間のない方や、忙しい方、面倒くさいことが嫌な即決タイプの方はこちらで確認下さい。必要十分な情報と選択基準が掲載されています。

≫詳細ページ

最安値で設置する方法

最安値イメージ写真

太陽光発電を最安値で設置する方法についてまとめました。手間はかかります。でも、確実に最安値で導入することができるようになるでしょう。価格を重視される方にこっそりと業者をフルに活用した秘伝の方法を伝授します。

≫詳細ページ

導入試算の方法

太陽光発電の試算

太陽光発電を導入するかどうか決める場合、実際に導入したらどの程度発電するのかということを試算することは極めて重要です。ここでは、どのようにして試算したらよいかをお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

導入時期はいつがよい?

いつ導する?

太陽光発電は、いつ導入するのがベストなのでしょうか?初期費用は年々安くなる、けれど補助金や全量買取制度の価格も安なる、製品のレベルはどんどんよくなる、でも導入しなけりゃ機会ロスになる。そんなジレンマを完全解消いたします!

≫詳細ページ

間違いを避ける方法

過ちを避ける

太陽光発電を導入したり、検討する際におおくの人がやりがちな最も大きな間違いを避ける方法をここでは紹介しています。

≫詳細ページ

実際の発電量

実際の発電量

太陽光発電は、実際にどのくらいの発電量を得ることができるのでしょうか?得られる日射量は、地域や、設置場所の環境で大きく左右されることは間違いありません。イメージするための参考資料としてご覧いただけたら幸いです。

≫詳細ページ

現地調査の重要性

現地調査の重要性

太陽光発電の導入について、最終的な判断を下すにあたり現地調査をすることは極めて重要なことになります。正確な初期費用の見積もり、シミュレーションは現地調査をすることで初めて確定させることができるからです。そのポイントについてまとめました。

≫詳細ページ

採算の基準

採算基準

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を設置して果たして採算が合うかどうか。その基準は何なのかということを押さえておきます。

≫詳細ページ

本当に得なの?

本当に得なの?

太陽光発電って本当に得なのでしょうか?メディアなどで騒がれていて、普及していくのを見ながら、興味関心のある方なら、まずはじめに疑問に思うことではないでしょうか?本当のところ太陽光発電って得なのか損なのか、解説していきたいと思います。

≫詳細ページ

費用対効果を最大化する方法

費用対効果

太陽光発電で採算をとることの重要性と確認方法をご紹介していますが、もっとも費用対効果が高く導入するためにはどうしたらよいでしょうか?これから太陽光発電を導入する方必見の情報を提供しています。絶対得する太陽光発電選びについて、お伝えして参ります。

≫詳細ページ

実質円で太陽光発電?

0円太陽光発電

0円で太陽光発電を導入できるって本当?それってメリットあるの?本当なの?0円太陽光発電のからくりを紹介したいと思います。

≫詳細ページ

太陽光発電の真の目的

設置のポイント

太陽光発電は、経済的な利益だけが目的になるものではありません。限りある資源の代替エネルギー源こそが本質であり、地球環境の保全こそが真の目的になると思います。そんな考えを持つ方がどうやって取り組んでいくけばよいかをお伝えします。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ