太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電に興味ある人なら必ず疑問に感じること

太陽光発電って本当にお得なの?? 太陽光発電って本当に得か

誌やテレビなどで取り上げられ、何かと話題にのぼることが多くなった太陽光発電ですが、実際のところ本当にお得なのでしょうか?興味や関心はあるけれど、どんなものなのかわからない、誰に何を聞いたらよいかわからない、という方から、既に検討するために情報を収集している方まで、非常多くの方が疑問に思っていることではないでしょうか?また、同時に導入するか否かの決定的な要素でもあるかもしれません。そんな方へ、このページではことの真相をお伝えしようと思います。
太陽光発電って本当にお得なのでしょうか??

太陽光発電が得か損かを決める決定要因

導入にかかる費用はいくらか?
設置スペースの環境がどうか

以上、2つが太陽光発電で成功するかどうかの決定的な要因になります。そういう意味では、最終的にはそのエリアをテリトリーとしている業者さんに現地調査を依頼して、「発電シミュレーション」と「導入見積もり」を取得するしか、判断する手段はありません。ただ、現在の太陽光発電モジュールの性能と日本全国各地の日照量を考えると、ものすごく流通が不便な場所ではなくて、日当たりが悪い場所でなければ、ほとんどすべての 場所で元をとるくらいの発電量は得られると思います。
※すごく流通が不便な場所とは、例えば私が住んでいる隠岐の島という離島のような場所を指します。隠岐の島でも、実際に安く太陽光発電を導入できれば採算性は合うのですが、実際のところ、ほとんど多くの太陽光発電業者は、隠岐まで納品してくれることはありません。また、地元の業者では、安価に設置するのが難しいのが現状です。しかし、今メガソーラー建設が決まり、着々と計画が進んでいます。つまり、日本海側で冬日照量が少ないことは問題ではないということができるわけです。

つまり、安く太陽光発電システムを提供している業者が近くにあり、屋根の角度と向きが問題なくて、周囲に陽を遮る建物などがなくて、かつ方向が北向きでなければ、ほぼ確実に初期投資を10年以内に回収することができるといえるわけです。もちろん、メーカーの基準を満たし、設置することができれば、ですが。
得か損かの判断基準については、太陽光発電の採算基準をご確認下さい。

※ただし、いろいろな条件等がありますので、しっかりと見積とシミュレーションを取得した上で、最終的な判断をしないといけません。 詳しくは、必ず確認すべき3ステップにてご確認下さい。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。



先入観にとらわれないことが大切

逆に日陰になる時間帯が多かったり、少し辺鄙な場所に自宅がある方は、しっかりと見積とシミュレーションを取得した上で検討すべきと思います。以外と今のパネルの性能は高く多少不利な条件があったとしても、得になることが多いのが実情です。例えば、豪雪地帯なのでダメだろうと思っていた地方でも得するケースだって多いです。逆に南国で日照時間も長いから絶対大丈夫だろうというところで損するケースだってあります。なぜなら、太陽電池モジュールは熱に弱いため、暑い日などは発電量が低下してしまうことが多いからです。
つまり、先入観をもたずにまずは確かめてみることが大切だということです。各家の状況によってまったく損益が変わってきます。しっかりと確認した上で導入可否の判断をしていただけたら幸いです。

結局、太陽光発電って本当に得なのか、という問いに対する答えは、こうです。
得する場合もあれば、損する場合もあり、またそもそも設置できない場合もある、です。そして、それは調査しなければわからないということです。

詳しくは、必ず確認すべき3ステップにてご確認下さい。

当カテゴリ内の記事一覧

簡単3ステップ

サンプルサイト

太陽光発電を導入するか否かを判断するために、必ずしなくてはいけない3つのステップを簡易化しました。時間のない方や、忙しい方、面倒くさいことが嫌な即決タイプの方はこちらで確認下さい。必要十分な情報と選択基準が掲載されています。

≫詳細ページ

最安値で設置する方法

最安値イメージ写真

太陽光発電を最安値で設置する方法についてまとめました。手間はかかります。でも、確実に最安値で導入することができるようになるでしょう。価格を重視される方にこっそりと業者をフルに活用した秘伝の方法を伝授します。

≫詳細ページ

導入試算の方法

太陽光発電の試算

太陽光発電を導入するかどうか決める場合、実際に導入したらどの程度発電するのかということを試算することは極めて重要です。ここでは、どのようにして試算したらよいかをお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

導入時期はいつがよい?

いつ導する?

太陽光発電は、いつ導入するのがベストなのでしょうか?初期費用は年々安くなる、けれど補助金や全量買取制度の価格も安なる、製品のレベルはどんどんよくなる、でも導入しなけりゃ機会ロスになる。そんなジレンマを完全解消いたします!

≫詳細ページ

間違いを避ける方法

過ちを避ける

太陽光発電を導入したり、検討する際におおくの人がやりがちな最も大きな間違いを避ける方法をここでは紹介しています。

≫詳細ページ

実際の発電量

実際の発電量

太陽光発電は、実際にどのくらいの発電量を得ることができるのでしょうか?得られる日射量は、地域や、設置場所の環境で大きく左右されることは間違いありません。イメージするための参考資料としてご覧いただけたら幸いです。

≫詳細ページ

現地調査の重要性

現地調査の重要性

太陽光発電の導入について、最終的な判断を下すにあたり現地調査をすることは極めて重要なことになります。正確な初期費用の見積もり、シミュレーションは現地調査をすることで初めて確定させることができるからです。そのポイントについてまとめました。

≫詳細ページ

採算の基準

採算基準

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を設置して果たして採算が合うかどうか。その基準は何なのかということを押さえておきます。

≫詳細ページ

本当に得なの?

本当に得なの?

太陽光発電って本当に得なのでしょうか?メディアなどで騒がれていて、普及していくのを見ながら、興味関心のある方なら、まずはじめに疑問に思うことではないでしょうか?本当のところ太陽光発電って得なのか損なのか、解説していきたいと思います。

≫詳細ページ

費用対効果を最大化する方法

費用対効果

太陽光発電で採算をとることの重要性と確認方法をご紹介していますが、もっとも費用対効果が高く導入するためにはどうしたらよいでしょうか?これから太陽光発電を導入する方必見の情報を提供しています。絶対得する太陽光発電選びについて、お伝えして参ります。

≫詳細ページ

実質円で太陽光発電?

0円太陽光発電

0円で太陽光発電を導入できるって本当?それってメリットあるの?本当なの?0円太陽光発電のからくりを紹介したいと思います。

≫詳細ページ

太陽光発電の真の目的

設置のポイント

太陽光発電は、経済的な利益だけが目的になるものではありません。限りある資源の代替エネルギー源こそが本質であり、地球環境の保全こそが真の目的になると思います。そんな考えを持つ方がどうやって取り組んでいくけばよいかをお伝えします。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ