太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電に関する最新情報を掲載していきます。

フーでも、Googleでも、ニュースをみると毎日太陽光発電に関する、さまざまなニュースが飛び交っています。

これは、2012年ころからずっと続いている状況で、特に2012年7月の全量買取制度の施行以来、産業用太陽光発電所を中心に、「株式会社●●が、どこそこにメガソーラー建設だとか、△△が新素材の太陽光パネル開発とか、屋根貸しだとか、メーカーの倒産情報だとか、頻発するクレームだとか」、本当に枚挙に暇がないくらいたくさんの量の報道がなされます。

また2014年9月にはいわゆる九電ショックが発生して、今度は一気にネガティブな情報が流れることになりました(九電ショックとは、九州電力が固定価格買取制度の設備認定を一時凍結したもので、住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電のうちすでに認定を得た案件については影響のない出来事でしたが、いろいろな憶測を呼び、誤解を招き、一気に市場が縮小しました)。

その後買取価格の下落なども手伝い、産業用太陽光発電は下火になりましたが、それでも投資案件としては十分に魅力あるものなので、根強い人気が戻りつつあります。住宅用太陽光発電についても、九電ショックは本来は関係ないにも関わらず大きな影響を受けましたが、2015年には再び九電ショック以前の勢いを取り戻しています。

住宅用太陽光発電の導入動機については、当初固定価格買取制度の恩恵が極めて高いウェイトをしめていましたが、いまは自家消費を含めてのメリットに多様化しています。これは、訪問販売中心からネットでの導入へとシフトしていったことから、業者に対する信頼性が向上して市場自体が健全化してきたことがひとつの要因としてあげられるでしょう(そういう意味では、当サイトは一定の役割を担ってきたと自負しています)。

しかし、太陽光発電は30年以上の歴史があるとはいえ、一般に広く普及しはじめたのは2011年~2012年くらいからなので、今後いろいろなトラブルが起こる可能性があります。今後発生するトラブルについては、これから太陽光発電を導入するという方、すでに設置済みの方、産業用であろうと住宅用であろうと、影響を受ける可能性があります。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。



ほとんどが無意味な情報ではある

確かに、太陽光発電に関連するあらゆる人に影響を及ぼすような重要なニュースが発生することはありますが、毎日膨大に報道されている記事は、ほとんどあなたにとって意味がないことが多いです。

一方で、制度の改変や買取単価の改変、または導入時の注意や最新のクレーム情報など、あなたにとって役立つ情報については知ることが必要でしょう。

私は、職業柄毎日太陽光発電に関する情報を細かに収集しているので、その中で特に重要だなと思った記事や、興味がわいた記事、おもしろい記事などを選んで、このカテゴリ内で紹介していきたいと思います(中には一般の人には配信されないような業界専門情報が含まれることもありますので、楽しみにしていてください。)

そうはいっても、定期的にこちらのサイトをご覧になられるのも大変だと思いますので、新しい情報を得られたい方は、無料の太陽光発電講座をとっておいてください。今後重要なニュース等がある場合は、メールマガジンでも配信していきます。

太陽光発電の技術やシステムは、どんどん進化しているので、私はもちろんのこと、当然サイトの情報自体も日々進化していかざるを得ません。今日の当たり前が、再来年には間違いになることもあります。

常に正しい情報を配信し続けたいと思いますので、このカテゴリの最新ニュースの閲覧とメルマガの購読をご検討ください。

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

最新情報|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト記事一覧

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電は集中処理に向かう!!家庭用の太陽光のパネルが盛んに設置される反面、メガソーラーも急激に広がっています。ITの過去のトレンドを考慮すると、このブームがどう収束していくかが見えてきます。メガソーラーとは、出力が1千キロワット以上の大規模な太陽光発電所で、広大な用地に太陽光パネルを敷きつめて造ります。2012年7月に電力会社が太陽光発電などの再生可能エ...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電を巡るこれまでの政策再生エネルギー固定価格買取制度の開始により、近年注目をあつめる太陽光発電ですが、本制度が開始される15年以上前から、再生可能エネルギーの発展に向けた政策が検討されていたことはあまり知られていません。そもそも日本は、自国でエネルギー資源を算出するアメリカやロシアなどと異なり、必要な資源のほとんどを海外からの輸入に依存しており、特に...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>平成27年度の買い取り価格がいよいよ最終局面全量買取制度が始まった2012年7月からプレミアム買い取り期間(利潤配慮期間:IRR)が終了する平成27年度の固定価格買取制度が、いよいよ価格決定に向けて最終調整に入りました。平成27年2月24日の第19回調達価格等算定委員会で、平成27年度の買い取り価格と期間に関する「委員長案」が発表になりました。ここで示された...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電は非常においしい投資だからこそ詐欺に注意してください。太陽光発電へ市場のお金がすごい勢いで流れています。それは、太陽光発電が非常に収益性が高く、リスクの少ない投資だからです。注目度も高く、大手企業から個人まで幅広い方が、さまざまな形態の太陽光発電に投資し始めています。それに合わせるように、太陽光発電投資詐欺が横行し始めています。太陽光発電投資には、...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>派手さはないが堅調な住宅用太陽光発電2012年7月から始まった再生可能エネルギーの買い取り制度は、大きな成果を上げている。2013年2月末時点での認定取得容量は1306万kW。その内、太陽光発電が1226で94%を占める。メガソーラー実稼働4%太陽光発電1226万kWの内訳は、住宅用が124.6万kWで残りの1101.2万kWが業務用だ。実際のサイズは10k...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電の2015年危機|売電価格はいくらになる?太陽光発電業界で話題になっているのが、「2015年危機」といわれるものです。太陽光発電業者の中では、このブームもあと一年くらいで収束するという見方をする人が少なくありません。売電価格だけではない「2015年危機」に向けて業態変換さえも検討している業者があるほどです。では、「2015年危機」とはどんなものでし...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>2014年度太陽光発電の売電価格は、大きく根を下げたか?2014年3月7日ついに2014年度の全量買取制度の買取単価が決定しました。2013年度認可だけとってずっと着工しない業者があったなどしてトラブルのあった、産業用太陽光発電は大きく価格を下げました。一方で、家庭用の太陽光発電については、導入時の補助金(太陽光発電導入支援補助金)がなくなることと相場の下落...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電の設置にかかる費用太陽光発電の設置にかかる費用は、大きくわけて次のような項目に分かれます。太陽光発電システムの機器一式の費用太陽光発電システムを設置する標準工事費用太陽光発電を設置するにあたり必要になる手続き費用太陽光発電を導入するために必要になる補修費用等このうち1~3までの費用を合算したものが、太陽光発電の価格として、1kWあたりいくらという形...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>当サイト唯一の太陽光発電以外の記事です当サイトは、太陽光発電を導入しようかどうか検討している方が、効果的に「正しい情報」を収集して、あなたにとって太陽光発電がメリットのあるものであれば導入できる決断に導き、デメリットになるものであれば、導入しないと決断するように導くよう設計されたサイトです。太陽光発電を検討している方なら、誰しもが関心を抱くであろう経済的な問...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電の歴史をひもとく最新情報でありながら、太陽光発電の過去にさかのぼって歴史を見てみたいと思います。太陽光発電は、いつどのようにして発明されてきたものでしょうか?そして、どんな過程を経て今のような形になってきたのでしょうか?また、いまのように普及していくまでの変遷はどうだったのでしょうか?見てみたいと思います。太陽光発電の歴史をひもとくことで、未来の太...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>電力自由化で太陽光発電は得する?2016年に「電力の小売りが完全自由化」となります。これまで、私たちは電気を購入しようと思った際には、基本的には、関東にお住まいの方は東京電力から、関西にお住まいの方なら関西電力から、私のように島根県隠岐の島に住んでいるのだったら、中国電力から購入することが、必要でした。つまり、私たち消費者は、「電力の購入先」を選べなかったの...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電の売電価格は2015年どうなる?2015年1月末をもちまして、太陽光発電を設置した際に、2014年度の全量買取制度の適用となる申し込みは締め切られました。従いまして、まだ設備認定申請を行っていない方は2015年度以降の固定価格買取制度の適用となることが確定しました。2014年度の固定価格買取制度では、住宅用は37円/kWh、産業用は32円/kWh(...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>住宅を新築する際の優先順位あなたが住宅を新築するのはなぜですか?太陽光発電が当たり前に住宅に設置される時代になりました。買い取り価格が変わるのではないかとか、買い取られなくなるのではないか、本当にメリットあるのか、等々いろいろな誤解を受けたり誤った情報が交錯した時もありましたが、2015年多くの太陽光発電を設置している実績などから、かなり正しい情報が浸透して...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>2016年以降太陽光発電はどうなる?2014年の九電ショック以降、産業用太陽光発電市場は成長が一気に減速しました。一方で、住宅用太陽光発電は一時は需要が減ったものの、産業用太陽光発電と異なり、買取り停止のリスクがないということが浸透したり、そもそも売電中心の考え方から、自家消費の考え方にシフトしつつある点からも、2017年に入った現在においても根強いニーズが...