太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電の歴史をひもとく

新情報でありながら、太陽光発電の過去にさかのぼって歴史を見てみたいと思います。

  • 太陽光発電は、いつどのようにして発明されてきたものでしょうか?
  • そして、どんな過程を経て今のような形になってきたのでしょうか?
  • また、いまのように普及していくまでの変遷はどうだったのでしょうか?

見てみたいと思います。

太陽光発電の歴史をひもとくことで、未来の太陽光発電の姿を予測しやすくなるかもしれません。

それは、人類とエネルギーの歴史という大きな流れの中の一筋であるからです。

スポンサードリンク


※年度内導入を検討の方は、急げ!!まずは、見積もりを取得することからスタート!具体的な導入プランなくして検討もくそもありません。詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。また、最新版・オススメの業者を知りたい方は、ソーラーパートナーズがオススメの理由をご覧ください。



太陽電池の原理の発見から実用化まで

 太陽電池の基本的な原理は1839年に、フランスで発見されました。

ある金属に光を当てると電気が発生するという現象で、さまざまな金属について試されましたが、当時の変換効率はわずか1~2%という低いもので、使い道のないものでした。それから100年以上も進歩もないまま時を経て、1950年代に入り、初めて半導体(シリコン)を使ったpn接合部分の起電力が用いられることになります。変換効率は6%まで伸びました。このころになると、実用化するかもしれないという期待から真剣に研究対象となり、ついに1958年、アメリカNASAが発射した人工衛星ヴェンガード1号への搭載で実用化され、この年は太陽電池元年とも呼ばれています。太陽光発電の歴史は、宇宙でのエネルギー源確保から生まれたわけです。


考えてみると必然的な流れで、宇宙空間において、エネルギー源として利用できるもの、継続的に活用できるものとしては太陽光エネルギーくらいしかなかったわけです。恒常的に宇宙空間にある衛星などに継続的にエネルギー源を地上から供給することは不可能に近いためです。


日本における太陽光発電

 日本で開発が開始されたのもこのころですが(主に工業用としてつくられていました)、電力源として本格的な開発がはじまったのは1974年の第一次オイルショックがきっかけでした。当時、日本の発電源は80%を化石燃料に頼っていたこともあり、「サンシャイン計画」が政府によって策定され、新エネルギーの普及促進へと大きく舵を切られた。

資源の少ない日本が、エネルギーの自給率を上げることの必要性を強く感じたことが大きな要因で、政府主導で太陽光発電産業は発達することになったのです。

 1980年には、通商産業省(当時)が「ソーラーシステム普及促進融資制度」を設けて、1975年から研究開発していた京セラが1982年に世界ではじめて量産化した多結晶シリコン太陽電池を1993年に日本で初めて住宅用として販売することになり、1996年までの間に太陽光発電は個人宅に広く普及しました。1994年に制定された太陽光発電補助金や、1997年の新エネルギー利用促進法の援護射撃もあり、1990年代は、日本が太陽電池の生産量で世界1位を獲得して、その流れは2006年の補助金廃止までつづきました。


日本から世界へ

 その間に、1997年に京都議定書が採択され、日本の温室効果ガスの削減目標が1990年比6%減という目標が定められたり、2002年にエネルギー政策基本法、2003年RPS法の施行がありましたが、2006年に政府が90年代から続けてきた設置補助金制度を打ち切ると、2004年に初めて固定価格買取制度(FIT・全量買取制度)を導入したドイツやスペインが世界一位の座を奪還することになり、再生可能エネルギー市場の中心は、日本からヨーロッパへと移りました。

しかし、2年後には、いわゆる「福田ビジョン」が示され、低炭素社会日本を目指してというレポートによって、2020年までに太陽光発電を当時の10倍1,400万kWまで拡大することが目標として掲げられました。その直後2009年には太陽光発電導入支援補助金が復活し、2012年7月に日本でも全量買取制度が発足し、住宅用はもちろんのこと、産業用が急速に伸びることになりました。そして、エリアによっては爆発的に太陽光発電所が建設されたことによって、接続保留問題が発生することになったのです。→九電が新規買取を中止!太陽光発電は今後どうなるか?|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト参照ください。


これからの太陽光発電の流れ

すでにヨーロッパでは全量買取制度の躓きから、太陽光発電の普及速度は急速に衰えました。

日本においても、このまま固定価格買取制度の条件が悪くなると、一気に市場が低迷することが予想されます。

アメリカは、現在大きく市場が拡大しており、その後中国にも流れができつつあります。

そう考えると、日本→ヨーロッパ→日本→米国→中国ときて、最後にまた日本でムーブメントがくるのではないかと思います。

おそらく、次の日本でのブームの際には、今のような制度によるブームではなく、製品の性能によるものになると考えられます。

そうしたら、自分の家の電気は、自分の太陽光発電で、ということになっているかもしれません。


しかし、そこまで太陽電池の性能が向上し、蓄電池が普及しやすくなるまでには、まだまだ時間がかかります。

もっとも経済的にお得に太陽光発電を導入できる2014年度、ぜひ検討してみませんか?

いつ導入するのがベストか?参照ください。

スポンサードリンク

太陽光発電の歴史|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

メガソーラーに収斂されていく?
太陽光発電が集中処理に向かうという社説を読みました。今後太陽光発電ブームがどのように収束していくかをITブームと比較して検証しており、とてもおもしろいので取り上げてみました。
太陽光発電に対する政策~これからと今後
再生可能エネルギー固定価格買取制度が、2012年当時の民主党政権により開始されて以降、太陽光発電市場は大きく盛り上がりを見せています。この太陽光発電は政府主導で進められているため、政権の政策次第では風向きが大きく変わってしまうことに注意が必要です。今回は、太陽光発電を巡ってこれまでに施行された政策と今後の傾向についてご紹介します。
平成27年度固定価格買取制度の売電価格最新情報
平成27年度固定価格買取制度の売電価格がいよいよ調整段階になっています。このページでは、買い取り価格が確定するまでの経過を順次追っていきたいと思います。(随時最新情報に更新します)
横行する太陽光発電投資詐欺の実態
今最も熱い投資として非常に人気が高い、太陽光発電投資。その注目度の高さと安定度の高さを利用した詐欺が横行し始めているようです。絶対に騙されないよう対策することが望まれます。
メガソーラーよりも住宅用のほうが実稼働は大きい
2013年7月8日環境ビジネスオンラインに掲載された村沢義久氏の記事の転載と解説です。。やはり、一つ一つは小さいけれど、数が集まって大きな力となる家庭用太陽光発電は、これからも非常に重要な役割をになっていると考えられます。
太陽光発電 茨城導入ecot!とは?
ヤフー検索で太陽光発電と入力すると、太陽光発電 茨城導入ecot!というキーワードが表示されます。いったいどんなものなのでしょうか?答えを探ってみました。
2015年度の太陽光発電の売電価格は?
2013年11月18日の日経新聞によると経産省は、2015年度の太陽光発電の売電価格を30円(税込)/kWhまで下げることを検討しているとのことです。もちろん、2014年度の運用次第で変わってくると思いますが、ここでしっかりと取り上げてみたいと思います。
速報!2014年度の買い取り価格が決定!
注目を浴びていた2014年度の太陽光発電による売電価格が決定しました。産業用は大きく値を下げ、家庭用はほぼ据え置きに近い形になっています。買い取り価格の詳細を徹底検証します。
太陽光発電の設置費用はどれくらい
太陽光発電の設置費用はどれくらいかかるのでしょうか?普及が加速する中で、設置価格もどんどん変化しているのが現状です。ここでは、今年度太陽光発電を設置する際にかかる費用相場について解説しました。
それ以外で絶対におすすめの投資情報
太陽光発電は投資としての側面を持っているために、製品それ自体への関心ではなく、投資=お金を増やす行為に関心を抱いている方も多いでしょう。ここでは、当サイト唯一、太陽光発電とは全く異なる投資情報を紹介したいと思います。投資に興味がある人以外は決して見ないでください。
電力小売りの自由化の恩恵で買い取り価格を向上されるか
2016年の電力の小売り完全自由化に向けて、各企業が着々と準備を進めています。電力小売りの自由化は、太陽光発電の買い取り価格を向上させるのか。気になる動きを確認しました。
太陽光発電の買い取り価格2015年度はいくら?
ここでは、太陽光発電の買い取り価格が2015年度どうなるかを予測します。最終確定は、2015年3月になると想定されますが、さまざまな情報を収集して、適宜更新しますので、確実にチェックされることをオススメいたします。
住宅を新築するなら太陽光発電をこう設置する
これから住宅を新築するにあたり、太陽光発電の設置を検討しています。どういう考え方で建築すればよいですか。質問をいただきましたので回答させていただきます。
太陽光発電は2016年どうなる~価格や売電単価、補助金~
太陽光発電は、2016年度どうなっていくのでしょうか。導入価格、売電価格、補助金、いろいろな要素がある中で、何をどう考えて、私たちは行動すべきか、解説しました。