太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電の失敗談|予め不安要素を取り除くために

ここでは、太陽光発電を設置して失敗してしまったと思われている方をピックアップして紹介していきます。

太陽光発電の普及が進むにつれ、価格が安くなり、認知度も上がり、商品性能が向上し、
ますます利便性が高まるというプラスの効果を生んだ反面、一定量ではありますが、
問題点や、失敗事例も多く発生してきています。

その失敗事例というのは、もし、設置工事をする前に、業者に発注する前に、
しっかりとした事前準備ができていたとするならば、防げることばかりです。

当サイトでは、失敗しないための方法として、
全体的にチェックすべき項目をしっかりとお伝えしているつもりですが、
それでも尚、チェック不足になっている方もあるかもしれません。

なぜなら、すべての項目を一字一句残らず理解して、
念頭に入れて検討することは難しいと思うからです。

そういう点で他の方の失敗事例を見ることで、導入判断の材料にすることもできるし、
設置する際に同じ過ちを犯さないための見本とすることができると思います。

全国から当サイトが独自で収集した情報を元に、
個人情報保護の観点から、抽象的なかたちに変換してお伝えしたいと思います。


失敗イメージ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

失敗事例の共通項|失敗の本質

多くの失敗事例を見てきて、ほとんどすべての失敗についての共通項があるのに気づきました。

もちろん、一言で失敗といっても本当にさまざまな事例があります。
原因もいろいろあれば、失敗した点・症状も多岐に渡ります。
でも、ある一点をクリアしていたとするならば、それらのうちのほとんどが生じなかったと思います。

それは、販売店選び、なのです。
そして、販売店との信頼関係の構築とコミュニケーション、なのです。

たとえば、販売店がリスクがあるのに事前に伝えていなかったり、
売上をあげるために販売店が嘘のシミュレーションを出していたり、
現場調査の不具合を見つけることができていなかったり、
売り逃げするような販売店であったり、
売る時だけはうまいこといって全くアフターフォローがなかったり、
そんなの聞いてなかった、話が違うじゃないかといった具合です。

ある面、販売店が業者として「当たり前」のことを、
「当たり前」に実行していたとするならば、全く問題なかったことが多いものです。

ところが、悲しきかなこういったモラルのない業者が多く存在しているのも事実です。
動かし難いことなのです。

もちろん長期的な観点に立つとするならば、そのような業者は淘汰されていき、
市場から撤退して行かざるを得ないとは思いますが、
入れ替わり立ち代り、生まれては潰れを繰り返すことが予想されます。

そこで重要になるのは、販売店をいかに選ぶかという、お客さんの眼力です。
営業マンの本質を見抜き、業者の体質を読み取る。
むしろ、本当に信頼できるところからのみ情報を取得するという選択力と言えるかもしれません。

当サイトが、「販売店選び」をことさら強調するのは、こういった理由からです。

ぜひ、正しい販売店選びをして頂けたらと思います。

販売店選びについては、太陽光発電を設置を依頼する業者は信頼できますか?をご参照下さい。

失敗談|不安要素を取り除くために記事一覧

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>よくある失敗談|販売店が言っていたことが違う契約前に言っていた内容と全然違う!十分発電するから、発電した金額でローン払えるっていったじゃないか!売電の金額じゃ全然ローンを支払えないよ!なんて話よく耳にします。現在、太陽光発電を導入する家庭は劇的に増えました。これまで普及を後押ししてきたのは、訪問販売を主とする業者さんです。現地調査をすることが必要な商品特性か...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電業者選定の誤りの例業者の選定ミスとしてあげられるのが、以下のような内容です。何度も当サイト内で繰り返しお伝えしていますが、太陽光発電の設置においては、販売店選びということが非常に重要な要素となります。しっかりと抑えるべきところを抑えて頂きたいと思いますので、失敗する事例をまとめてみました。業者が倒産するのちのちのアフターフォロー工事や工事内容の保障...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電設置した結果生じた不具合の事例太陽光発電を導入するか否か検討に検討を重ねた結果、導入を決意して販売店に発注、無事完工し引渡しを受けた、補助金もおりた、あとは実際稼働させて初期投資を回収するだけだ、っていう段になって、さまざまな不具合が生じることがあります。ここでは、実際によくある不具合について解説していくことで、その原因と対策をお伝えしていきます。...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>久々に会った友人からの勧めで・・・。実際にあった体験談をお伝えしていきます。小さな時から仲良しでずっと親友だった幼馴じみと久しぶりに会った。お互い所帯を持つようになってからあまり行き来はなかったけれど、独身のときはよく飲みに行ったものだ。そんな友人が久々にいっぱいどうだと誘ってくれた。なんでも10年働いた商社をリストラされ、転職したというのだ。久々に会って、...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光パネルの反射光は、トラブルに発展することがあります。太陽光発電を設置したところ、太陽光パネルに当たる光が反射して、近隣の住宅に射し込み、日常生活を妨害したとしてパネルの撤去を命じられた事例があります。悪気はなかったけれど、事前調査が不十分だったために、結果的に近隣の住民に迷惑をかけてトラブルに発展してしまったというのです。これは、私が直接お客様から聞い...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>目の前に建物が建って日当たりが悪くなった・・・太陽光発電と日照権10年くらいで設置費用を回収できそうだったから、太陽光発電を設置しました。当初予定していた発電量を上回るペースで発電していて、順調な滑り出しをした太陽光発電ライフも長くは続きませんでした。確かに当初の発電量が継続すれば、予定していた10年での設置費用の回収は、ほぼ確実にできたと思いますが・・・。...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>太陽光発電トラブル・クレームはどうなっているの?ここ数年、太陽光発電システムは急速な発展を見せています。その背景には、固定買取制度や売電単価が高額設定されたこと、エコ意識の高まりなどがあります。しかしながら、一方で太陽光発電に関するトラブル・クレームも急増中です。※当サイトは、このようなトラブルを回避することもひとつの大きな目的として作成されています。実際に...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>>雨漏りは非常に怖いトラブル太陽光発電の導入を検討している方の多くが懸念するリスクとして、雨漏りのリスクがあげられます。どうして雨漏りのリスクを気にする方が多いかというと、雨漏りというのは住宅にとってもっとも重要な構造のひとつである、屋根の機能を損ねることだからです。つまり、太陽光発電という住宅にとって考えれば付加価値的な存在を設置するために、屋根という住宅の...