太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

久々に会った友人からの勧めで・・・。

久々に会った友人イメージ写真

実際にあった体験談をお伝えしていきます。

小さな時から仲良しでずっと親友だった幼馴じみと久しぶりに会った。

お互い所帯を持つようになってからあまり行き来はなかったけれど、

独身のときはよく飲みに行ったものだ。

そんな友人が久々にいっぱいどうだと誘ってくれた。

なんでも10年働いた商社をリストラされ、転職したというのだ。

久々に会って、すぐに離れていた間の時間の隔たりはなくなった。

酒を酌み交わし、お互いの家庭の状況を話し合って、思い出話にも花が咲いた。

たまには会おうなと言われ、そのときはそれぞれ帰宅の途についた。

それから2週間して、友人から再び連絡があった。

いっしょに飲んだときに太陽光発電の販売会社に転職したと聞いていたが、

どうやら仕事の話を聞いてほしいという内容だった。

信頼している友人からの話、久々に飲んで意気投合していただけに何も疑うことなく、

妻といっしょに友人の話を聞いた。

電気代がタダになる。

太陽光発電については、テレビや雑誌、新聞などのメディアを通じて興味を持っていたし、

信頼する友人からの話だけあって即答で導入を決定した。

提示された見積の内容なんて全くチェックしていなかった。

無事工事も終わって稼働し始めて、電気代も節約になり、売電収入も少なからず発生し始めた。

そして、第一回目のローンの支払いが始まった。

毎月の支払い金額は、約30,000円、ローン金額は450万円の15年間払い。

毎月の節電金額と売電金額の合計は、約15,000円。

頭金は支払っていないとはいえ、毎月15,000円の持ち出しだ。

少ない家計に月々15,000円の出費はとても痛手となる。

すぐに友人に連絡するも、全く電話が通じない。

勤務先に電話しても「只今使われておりません。」とのアナウンス。

割高な金額で販売されたことは間違いなかった。

ことの重大さに、そのときになって初めて気づいた。

スポンサードリンク


※年度内導入を検討の方は、急げ!!まずは、見積もりを取得することからスタート!具体的な導入プランなくして検討もくそもありません。詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。また、最新版・オススメの業者を知りたい方は、ソーラーパートナーズがオススメの理由をご覧ください。


スポンサードリンク

あくまでも導入したのは自己責任です。

太陽光発電を導入する工事の発注・契約はあくまでも自己責任です。

どれだけ法外に高い金額だとしても、本人が納得している限り業者に責任は小さくなります。

なぜなら、その価格で導入してもよいと本人が思ったから契約書にサインしたためです。

当然、交渉内容や契約内容に嘘や虚偽があった場合は、別ですが、

相場と比べて割高だということは、なかなか司法としても関与しにくいところです。

どれだけ信頼している人からの紹介であっても、しっかりと契約内容、見積もり金額はチェックしましょう。

本当に信頼のおける友人であれば、あなたに割高な商品を買わせようとはしません。

しっかりとチェックをした上で、問題なければ発注すればよいと思います。

のちのちの友人関係にヒビを入れないiためにも、セカンドオピニオン的な価格チェックは必要です。

詳しくは、太陽光発電の設置前に必ず確認すべき3つの事項についてご確認ください。

よくある失敗談|知り合いの業者だから信頼したのに|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

よくある失敗談|販売店が言っていたことが違う
販売店の言っていた内容が違う。ソーラー・太陽光発電を設置する前にチェックしておくべき項目として、すでに導入した方の失敗談を掲載して参ります。他の方の失敗談を知ることで、教訓を活かし同じ過ちを回避することができます。採算をとって絶対に後悔しない太陽光発電導入のためにぜひ、有効に活用されて下さい。
よくある失敗談|業者の選定ミスについて
販売店の言っていた内容が違う。ソーラー・太陽光発電を設置する前にチェックしておくべき項目として、すでに導入した方の失敗談を掲載して参ります。他の方の失敗談を知ることで、教訓を活かし同じ過ちを回避することができます。採算をとって絶対に後悔しない太陽光発電導入のためにぜひ、有効に活用されて下さい。そのうち多いものの一つとして、業者の選定ミスがあります。業者選定を誤ることでどんな不利益があるのでしょうか?しっかりとご確認下さい。
よくある失敗談|粗悪な工事による不具合
しっかりと検討に検討を重ねた結果、太陽光発電を導入して設置工事を済ませたはよいものの、実際に稼働の段になっていろいろと不具合が出ることがあります。どうして不具合が出たのでしょうか?原因と対策を解説して参ります。
よくある失敗談|パネルの反射光でトラブルに
太陽光発電を設置したところ、太陽光パネルが反射する光が近隣の住宅にあたりトラブルになる事例が見られます。これは、調査段階で十分な検証をしなかった販売店の責任ではありますが、最終的にパネルを撤去する必要が出てしまうので、施主でも注意することが必要になります。
よくある失敗談|日照権の問題
太陽光発電を導入して、想定どおり発電していたが、あるとき目の前の空き地に建物が建ち、日照権を剥奪され、ついには、発電量が大幅に減ってしまった。そんな失敗を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?
トラブル・クレームを徹底調査
太陽光発電を導入して、実際に起こったトラブルや、私のところ、あるいは消費者センターに寄せられたクレームなどを徹底調査しました。トラブルやクレーム、失敗談を知ることで、あなたも思いもよらない問題に巻き込まれないよう気をつけてください。
本当に雨漏りリスクがあるか?
太陽光発電の設置を検討されている方が心配するひとつのトラブルとして、雨漏りがあげられます。屋根に穴を開けて太陽電池を設置するわけだから、雨漏りして当然だと考える方も多いかもしれませんが、実はそれは誤解だったのです。ここでは、雨漏りリスクへの対処法を紹介しました。