太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電補助金のイメージ

陽光発電は、2012年7月以降爆発的に導入量が増えています。
この大きな飛躍を支えているのが、全量買取制度をはじめとする国や地方自治体からの太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーへの補助金です。

  • 資源の少ない日本の大きな命題としてあげられる、未来へ向けたエネルギー源の確保についての問題。
  • 日本のみならず、世界規模での課題でもある地球資源の枯渇。
  • 中国のPM2.5など深刻化する大気汚染。
  • 加速する地球温暖化と二酸化炭素の増加。

このように、人類にとって、日本国にとって、再生可能エネルギーの普及は、まさに国家の存亡をかけた人類の存続をかけた、非常に重要な優先事項なのです。そして、国家単位で取り組むべき課題でもあるわけです。再生可能エネルギーの旗艦エネルギー源として注目される太陽光発電は、非常に大きな期待を受けて、導入するとさまざまな補助をもらうことができます。ここでは、導入時に助成されていた太陽光発電導入支援補助金についてや(26年度に廃止済み)、再生エネルギー固定価格買取制度=全量買取制度について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




ただし、補助金は国の予算によって定められるものなので、年度によって条件が変わり、また新しい制度であり「優遇度合い」が良すぎるために、経済的な利益のみを追求するような事業主のさまざまな問題行動等によって、現状内容自体がころころ変わり試行錯誤している状況です。


太陽光発電アドバイザーとして、変化する補助金情報を常にキャッチして、適宜記事をアップロードしていますので、しっかりとご覧いただき、制度の概要と併せてご確認いただけたらと思います。※基本的には記事にアップしたことを、ツイッターで告知しているので、よろしければツイッターもフォローいただけると情報の取得もれがなくてよいと思います。→当サイト公式Twitter「太陽光発電JAPAN」

スポンサードリンク


当カテゴリ内の記事一覧

全量買取制度とは

全量買取制度とは

全量買取制度とは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度のことを指します。ここでは、全量買取制度について詳細をお伝えしています。

≫詳細ページ

売電とは?

売電とは

太陽光発電において、得をするという観点から考えた時に、もっとも大切になるキーワードは、「売電」です。ここでは、太陽光発電によって作られた電気を売電することでメリットを最大化する方法をお伝えします。

≫詳細ページ

売電価格のこれから

売電価格推移

太陽光発電の売電価格は、これからいったいいくらになってくるのでしょうか?将来的な予測と、予想価格の推移から考える逆算の導入時期の検討についてお伝えします。

≫詳細ページ

2014年度の買取り価格

2014年度買取り価格

太陽光発電の買取価格は、2014年度どうなっていくのでしょうか?少なくとも今よりは下がっていくことは想定されますが、ここではこれからの流れを踏まえた上で、2014年度の太陽光発電の買取価格を予測すると共に、対策を考えたいと思います。

≫詳細ページ

今後の買い取り価格

2013買取り価格予想

2012年7月に開始された太陽光発電の全量買い取り制度について。2013年度の全量買い取り制度における買い取り単価は、2012年度より一割程度下がる見通しです。採算をとって絶対に後悔しないように、ソーラー・太陽光発電を設置する前に必ずお読み下さい。

≫詳細ページ

余剰と全量買取違い

余剰電力買取と全量買取の違い

太陽光発電の全量買取制度(固定価格買取制度)における「余剰電力」の買取と「全量」買取の違いについてまとめました。

≫詳細ページ

26年度補助金

平成26年度補助金

ついに太陽光発電の補助金が平成26年度には廃止されることが決まりました。これは導入時に助成されていた補助金のことで、全量買取制度については今後も継続されると考えられますが、買取単価は下がるのはほぼ間違いなく、金額も現状は未定です。

≫詳細ページ

25年度補助金

25年度補助金

太陽光発電補助金は、平成25年度どうなっていくのでしょうか?導入時の助成金(国からのもの、地方自治体からのもの)と全量買い取り制度の買い取り単価、それぞれの場合を確認していただけたら幸いです。

≫詳細ページ

補助金って何?

補助金って何?

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を設置する際にもらえる補助金と、売電に対する助成について説明しています。

≫詳細ページ

25年度法人向け

25年度法人向け補助金

太陽光発電の導入時の補助金は、法人でももらえるのでしょうか?平成25年度においては、国からのものもほとんどの地方自治体からのものももらうことができます。ただし、問題は設置する設備の容量に制限があるということです。

≫詳細ページ

2015年度売電価格

2015年度売電価格

2013年11月18日の日経新聞によると経産省は、2015年度の太陽光発電の売電価格を30円(税込)/kWhまで下げることを検討しているとのことです。もちろん、2014年度の運用次第で変わってくると思いますが、ここでしっかりと取り上げてみたいと思います。

≫詳細ページ

補助金TOP

補助金について

太陽光発電の魅力を飛躍的に向上させている補助金や全量買取制度について解説した記事をまとめたページです。内容が年度によって異なってきますので、概要をしっかりと抑えた上で、最新情報をしっかりと抑えるようにすることをおすすめします。新しい情報は常に当サイトで掲載していくのでお見逃しないよう。

≫詳細ページ

2015年度売電価格

27年度の売電価格

固定価格買取制度(全量買取制度)における太陽光発電の買い取り価格(売電価格)が、3月19日正式決定しました。経済産業省が発表したもので、平成27年度(2015年度)を通じて適用されるものになります。

≫詳細ページ

2016年度売電価格

28年度の売電価格

サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。

≫詳細ページ

あなたにオススメのページ

太陽光発電の補助金と全量買取制度について|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト記事一覧

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>補助金と固定価格買取制度>平成28年度買い取り価格2016(平成28)年度の固定価格買取制度の概要固定価格買取制度が実施されてから、早くも4年が経過して、買い取り価格も大きく変化してきました。特に2015年度は、産業用を中心として太陽光発電のさまざまな問題点が生じてきた結果、優遇の度合いも大きく低下してきました。また、固定価格買取制度(FIT)自体も大きく見直...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>補助金と固定価格買取制度>平成29年度買い取り価格2017(平成29)年度の売電価格はどうなる?※出典:日経テクノロジー2016年1月3日記事より太陽光発電バブルは終わり、底堅い普及期に入っています。太陽光発電関連業者や経済アナリストの中には、太陽光発電事業は急速に縮小していると分析している人もいます。現実問題として、太陽光発電業者の倒産は、非常に多くなってお...

太陽光発電アドバイザー公式情報サイト>補助金と固定価格買取制度>平成29年度買い取り価格2016年度の買取価格の適用を受けるには?平成28年度(2016年度)における固定価格買取制度の売電単価の適用を受けるにはどうしたらよいか、いつまでに何をしなければいけないかについて解説しておきます。平成28年度の固定価格買取制度の適用を受けるためには、平成29年(2017年)1月20日までに、設備認定申請を行...