太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電の全量買い取り制度について

2012年太陽光発電が爆発的に普及した一因としてあげられるのが、2012年7月に開始された全量買い取り制度です。
全量買取制度(固定価格買取制度)とは、再生可能エネルギーで作られた電力を国によって定められた優遇された金額で電力会社が買い取る制度で、その導入した時に定められた買い取り価格は、向こう10年間(産業用は20年間)保証されるものです。



各電力の消費者が優遇分の費用を負担する形態をとっており、まさに国をあげて再生可能エネルギーの普及を進めることをカタチにしたものです。
対象は再生可能エネルギーによって発電した電力であれば、事業用でも家庭用でも用途は問いません。

それぞれの形態によって細則は異なるが、基本的に再生可能エネルギーであれば問題ありません。



家庭用の場合は、通常太陽光発電によって発電した電力をまずは家庭で消費して、その余剰分が売電されることとなります。
※全量買取制度の詳細については、再生可能エネルギーの固定価格買取制度についてをご覧ください。



この全量買い取り制度の適用を受けているものは、その90パーセント以上が太陽光発電となっており、再生可能エネルギーの本命が太陽光発電であることが伺えます。当然初期投資が他のエネルギー源よりも安価で費用対効果が高いこともその要因となっていることは間違いありません。
>>太陽光発電で得する秘密はこちら

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。



2012年度、2013年度の買い取り価格

2012年度中に設備認定をうけたものについては、42円/kWh(産業用・税別40円/kWh)、2014年度中に設備認定をうけたものについては、38円/kWh(産業用は36円/kWh税別)で買い取ってもらえました。すでに過去のものとなっていますが、各適用期限は各年度年3月31日までに設備認定申請することだったわけです。この価格は、設備認定後稼働すれば、住宅用は向こう10年、産業用は向こう20年、先の価格で買い取ってもらえることが保証されています。


一般家庭で電力会社から購入する電気が概ね24円/kWh程度でであることを考えると、いかに優遇幅が大きいか知ることができるでしょう。


電力会社からすれば、高い価格で仕入れて24円で販売するわけなので、完全に逆ざやということになります。
しかし、その逆ざや分は、再生可能エネルギー賦課金という形で、電力の使用者から徴収しているので、電会社として損益に関わるようなことはありません。



2014年とそれ以降の買い取り単価

2014年度内の設備認定を受けた場合、買取り価格は、以下のようになっています。

住宅用太陽光発電の場合

37.円/kWh 10年間保証 余剰電力

産業用太陽光発電の場合

32円/kWh 20年間保証 全量買い取り


つまり、2013年度の買い取り価格より大きく価格を下げたことになります。 これは、全量買い取り制度の価格が太陽光発電システムの導入相場に応じて、年々切り下げられていくという仕組みに依ります。



太陽光発電の価格動向

上記の表から太陽光発電システムの導入単価は、一年間で約1割下落したことがわかります。
それに比例するカタチで買い取り価格が引き下げられることは妥当と言えるでしょう。


そして、2015年度以降の買取価格は、間違いなくさらに下がっていきます。
これはどうしても避けることができないことだと思います。

詳しくは、2014年度の買取り価格についてをご覧ください。



併せて以下のページもご覧いただくと詳しい今後の流れを理解することができます。


買い取り価格が引下げられることをうけてどうするか?

それでは、買い取り価格が下落すること、これからも下落することを踏まえてどう対応することが重要でしょうか?
買い取り価格が下落するのは、導入単価が下落するということです。



当サイトで何度もお伝えしているように、太陽光発電の肝は費用対効果です。
つまり、全量買い取り制度の適応と導入単価を踏まえて、さらに機会ロスの観点も踏まえて最善の選択をしていくことが重要だということになります。



だからこそ、費用対効果を最大化するための方法を書いた、最も費用対効果が高くなる導入方法|太陽光発電アドバイザー公式情報サイトをご確認いただけたら幸いです。
>>太陽光発電投資についてはこちら
>>太陽光発電を最安値で設置する方法


スポンサードリンク


当カテゴリ内の記事一覧

全量買取制度とは

全量買取制度とは

全量買取制度とは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度のことを指します。ここでは、全量買取制度について詳細をお伝えしています。

≫詳細ページ

売電とは?

売電とは

太陽光発電において、得をするという観点から考えた時に、もっとも大切になるキーワードは、「売電」です。ここでは、太陽光発電によって作られた電気を売電することでメリットを最大化する方法をお伝えします。

≫詳細ページ

売電価格のこれから

売電価格推移

太陽光発電の売電価格は、これからいったいいくらになってくるのでしょうか?将来的な予測と、予想価格の推移から考える逆算の導入時期の検討についてお伝えします。

≫詳細ページ

2014年度の買取り価格

2014年度買取り価格

太陽光発電の買取価格は、2014年度どうなっていくのでしょうか?少なくとも今よりは下がっていくことは想定されますが、ここではこれからの流れを踏まえた上で、2014年度の太陽光発電の買取価格を予測すると共に、対策を考えたいと思います。

≫詳細ページ

今後の買い取り価格

2013買取り価格予想

2012年7月に開始された太陽光発電の全量買い取り制度について。2013年度の全量買い取り制度における買い取り単価は、2012年度より一割程度下がる見通しです。採算をとって絶対に後悔しないように、ソーラー・太陽光発電を設置する前に必ずお読み下さい。

≫詳細ページ

余剰と全量買取違い

余剰電力買取と全量買取の違い

太陽光発電の全量買取制度(固定価格買取制度)における「余剰電力」の買取と「全量」買取の違いについてまとめました。

≫詳細ページ

26年度補助金

平成26年度補助金

ついに太陽光発電の補助金が平成26年度には廃止されることが決まりました。これは導入時に助成されていた補助金のことで、全量買取制度については今後も継続されると考えられますが、買取単価は下がるのはほぼ間違いなく、金額も現状は未定です。

≫詳細ページ

25年度補助金

25年度補助金

太陽光発電補助金は、平成25年度どうなっていくのでしょうか?導入時の助成金(国からのもの、地方自治体からのもの)と全量買い取り制度の買い取り単価、それぞれの場合を確認していただけたら幸いです。

≫詳細ページ

補助金って何?

補助金って何?

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を設置する際にもらえる補助金と、売電に対する助成について説明しています。

≫詳細ページ

25年度法人向け

25年度法人向け補助金

太陽光発電の導入時の補助金は、法人でももらえるのでしょうか?平成25年度においては、国からのものもほとんどの地方自治体からのものももらうことができます。ただし、問題は設置する設備の容量に制限があるということです。

≫詳細ページ

2015年度売電価格

2015年度売電価格

2013年11月18日の日経新聞によると経産省は、2015年度の太陽光発電の売電価格を30円(税込)/kWhまで下げることを検討しているとのことです。もちろん、2014年度の運用次第で変わってくると思いますが、ここでしっかりと取り上げてみたいと思います。

≫詳細ページ

補助金TOP

補助金について

太陽光発電の魅力を飛躍的に向上させている補助金や全量買取制度について解説した記事をまとめたページです。内容が年度によって異なってきますので、概要をしっかりと抑えた上で、最新情報をしっかりと抑えるようにすることをおすすめします。新しい情報は常に当サイトで掲載していくのでお見逃しないよう。

≫詳細ページ

2015年度売電価格

27年度の売電価格

固定価格買取制度(全量買取制度)における太陽光発電の買い取り価格(売電価格)が、3月19日正式決定しました。経済産業省が発表したもので、平成27年度(2015年度)を通じて適用されるものになります。

≫詳細ページ

2016年度売電価格

28年度の売電価格

サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。サンプルテキストです。

≫詳細ページ

あなたにオススメのページ

2013年度の太陽光発電の買い取り価格|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

2016年度買取価格は?
4年目を迎えて節目になりつつある固定価格買取制度の2016年度の適用についてまとめました。売電価格は一体いくらになったのでしょうか。まとめました。
2017年度(平成29年度)売電価格は?
固定価格買取制度が実施されて5年が経過する2017年度(平成29年度)、太陽光発電の売電価格は、一体いくらになるのでしょうか。検証しました。
2016年度申請期限
平成28年度(2016年度)の固定価格買取制度における売電価格の適用を受けるための、設備認定の申請期限が確定しましたので、お伝えします。