太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

本格的に投資として太陽光発電を捉える。

こぞって大企業たちが太陽光発電事業に進出しています。毎日のようにニュースで流れる太陽光発電事業進出の報道。ソフトバンクなどは一般家庭の屋根を借りてまで発電事業をするなど、NTTなどの大企業から地方自治体まで非常に多種多様のたくさんの団体が、太陽光発電事業に進出するのには、わけがあります。そしてとうとう九州電力を皮切りに電力会社5社が新規再生可能ねルギーの接続を一旦中止する自体にまで発展しています。どうして、太陽光発電はこんなに多くの企業が参入して、電力会社のキャパシティーを上回るほどの勢いで増えているのでしょうか?

答え:
非常にリスクが少なく高利回りな投資だからです。

中には太陽光発電って投資なのって方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところ、投資なのです。つまり、初期費用を投資して、リターンとして売電収益を得るわけです。

銀行金利が0.01~0.1%くらい、投資信託などの金融商品の利回りが1~5%程度、国債が1%くらい、不動産投資が4~25%程度だということを考えると、太陽光発電の8~17%という利回りは非常に有利と言えるでしょう。

しかも太陽光発電以外の投資には、さまざまなリスクがありますが(もちろんメリットデメリットありますが)、太陽光発電は、固定価格買取制度という国からの保証がついており、大手メーカーによって10年以上の発電保証までつくリスクの小さな投資ということができると思います。

【太陽光発電が投資として人気が高い理由】

  • 固定価格買取制度によって、住宅用10年、産業用20年の売電利益が国から保証される。
  • メーカーによる製品保証と、施工店による工事保証がなされる。
  • 毎年の発電量は不安定でも、長期的に見ればそんなに大きく狂わない
  • 他によい投資がないので消去法でも太陽光発電が残る
  • 製品品質は向上して、価格は下がったため利回りが上がった
  • 規模を調整することで投資金額をコントロールできる
  • 投資として考えられるリスクが極めて少ない

もちろん一般家庭で小規模で導入するのも一つの投資ということができますが、もっと大きな収益を狙っていくとしたら・・・。10kWで大体350万円前後から参入でき、20年間の固定買取を利用できることから、比較的小資金で実践することができるということができるでしょう。しかもローンを活用すれば小資金で誰でも参入することができます。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



産業用太陽光発電参入の要件とは?

じゃあ、産業用太陽光発電って何?ということになるのですが、端的にお伝えすると10kW以上の太陽光発電を設置すること、以上です。基本的にだれでも参入することができます。

ただし、条件があります。
それだけの太陽光発電パネルを設置できるスペースを所有しているということ。
空き地や屋上スペースなど陽のあたる場所であればどこでも大丈夫です。
一定以上のスペースがあればローンを活用しても十分おいしい投資として、参入することができるでしょう。つまり、スペースを持っている限られた人のみが参入できる權利を持っているということです。※どうしても借家なのに太陽光発電投資をはじめたい方は、
借家住まいでも太陽光発電投資する方法をご覧下さい。
そのスペースをソフトバンクなどは一般家庭からお金を払って借りてでも展開しているのです。当然、資金も銀行などから調達しています。大手企業なので、金利も安く設備も大量一括購入なので単価は安いと思いますが、それでも場所代を支払うことを思うと、スペースを所有している方には、非常に有利といることができると思います。※今は割りと土地から太陽光発電所の建築のために探す人が多く、日当たりのよい九州にお金が集中したため、九州電力が日本で一番最初に電力網の能力が追いつかなくなると買い取り中止発言をしたわけです。この九電ショックについては、誤解されている方が多いですので、九州電力の措置を受けて太陽光発電はもうやめたほうがよいか?別サイトが別ウインドウで立ち上がります。

例えば収益シミュレーションとしてはこんな感じです。
20kW設備を700万円で導入、年間発電量は24,000kWh以上、売電単価32円+消費税。
つまり年間収益は、829,440円、投資利回り11.85%ということです。
そして、20年間の総利益は、16,588,800円の収益となり、初期投資金額を引くと、9,588,800円という利益が計上されることになります。

設備規模を増大すればするほど利益は多くなり初期費用の単価も下がるので、結果的に利回りを下げることができます。※以上はあくまでもシミュレーションであり、実際の設置場所の環境によって、収支は大きく異なります。より良い時もあれば悪いケースもあるので、見積もり・シミュレーションを取得のうえ検討されることをオススメいたします。

10kW以上の太陽光発電に参入したほうがよいか?

まずは、しっかりとした見積もりとシミュレーションを取得した上で検証してみましょう。実際にどのように運営されるのかを知ったうえで情報を得るのと、何もわからない状態で机上の情報のみを探すのとでは、実感として理解することに雲泥の差があります。導入を急ぐ必要はありませんが、チャンスを逃すことがないよう、今すぐ検証をはじめることを強くオススメします。
シミュレーションの取得は、《公式/全国対応》豊富な利用実績!無料で産業用太陽光発電一括見積り!で取得ください。投資用太陽光発電で現状のところ最も安心して検討できるサイトです。詳しくは、リンクをクリックしていただいて、当サイトのタイナビ解説をご覧ください。
タイナビネクストが支持されているのは、以下の4つの安心があるからです。

  1. 最適なメーカー選定ができる。
  2. 加盟店へのコンプライアンス管理がしっかりしている。
  3. 見積もりやシミュレーションを比較することで妥当性を検証できる。
  4. 豊富な実績と安心な企業のみが加盟している。

タイナビは家庭用の太陽光発電の一括見積もりで、のべ100万人の利用者に支持され、産業用太陽光発電においても、その専門的な経験値から非常に高い評価がなされています。最も得した人は、タイナビで2012年から産業用太陽光発電に乗り出して、1kWあたり42円の20年間の固定買取保証というメリットを得ています。機会ロスが最も大きな損失であり、リスクであることを知っていた人たちでしょう。すでに太陽光発電は、投資先として当たり前となっています。さらにグリーン投資減税という税金面での優遇もあります。節税については、個人事業主必見!太陽光発電は節税効果がある。をご覧下さい。
まずは、見積もりを取得いただくか、以下等カテゴリにあるいろいろな記事をしっかりとご覧頂くことからはじめられるとよいでしょう。

産業用太陽光発電カテゴリ記事一覧

産業用太陽光発電TOP

産業用太陽光発電

太陽光発電から最大の利益を得られる投資方法として注目を浴びている10kW以上の産業用太陽光発電投資。2012年から2013年にかけて飛躍的に取り組む方が増えました。ここでは、絶対に失敗しない方法と絶対に成功する秘訣をまとめてみたいと思います。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電を始める場合には、どのくらいコストがかかるのでしょうか?当然家庭用に比べると単価は安価になりますが、一括りに産業用といっても規模やメーカーはまちまちです。そのあたりの目安をお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

融資の利用法

産業用太陽光発電の融資

産業用太陽光発電は、初期費用が高額になるため多くの方が融資を活用します。ここでは、さまざまな種類の融資についてとかしこい利用方法をまとめています。

≫詳細ページ

パネルの選び方

サンプルサイト

2012年度に火が付き2013年度に急速に拡大している事業用太陽光発電のソーラーパネルは、どのメーカーのものがベストなのでしょうか?シャープや京セラなどの古参から、中国製やQセルズのものなど、価格・性能ともにさまざまな選択肢があるのが現状です。ここでは、絶対に損しない選び方を解説します。

≫詳細ページ

26年度売電価格

平成26年度売電価格

太陽光の売電価格は毎年度下落します。ソーラーパネル相場が下落して、売電価格が今から未来にかけてもっとも高い今が導入のチャンス!平成26年度内に申請してしまいましょう。

≫詳細ページ

発電所経営7ポイント

太陽光発電所経営の極意

ソーラー発電所経営で絶対に成功するための極意について、公認の太陽光発電アドバイザーが7つのポイントをまとめました。太陽光発電所を経営するにはこの7つのポイントを抑えさえすれば大丈夫です。

≫詳細ページ

低圧か高圧か

低圧連係か高圧連係か

産業用太陽光発電を導入する場合で、50kW以上の設備を導入できる設置場所を所有している場合、50kW未満にして低圧連系をするか、50kW以上にして高圧連系にしたほうがよいか、どちらのほうがメリットが大きいでしょうか?

≫詳細ページ

50kW以上

50kW以上の産業用太陽光発電

50kW以上の太陽光発電を導入する場合の注意点等についてまとめました。産業用で太陽光発電を導入するケースが増えている中、50kW以上となると収益が増大しメリットが大きくなる分、面倒も少し増します。じっくりご検討ください。

≫詳細ページ

メリットデメリット

産業用太陽光発電のメリットデメリット

産業用で太陽光発電を導入することのメリットとデメリットをまとめました。産業用とは、10kW以上の太陽光発電システムを導入することを指します。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

≫詳細ページ

土地付き太陽光発電

土地付き太陽光発電

土地付きの太陽光発電を分譲で購入する投資が流行しています。本当に儲かる投資なのでしょうか?何か隠れたリスクがあるのではないでしょうか?実態を解説してみたいと思います。

≫詳細ページ

野立てで太陽光発電

野立てで太陽光発電

太陽光発電を野立てで設置するのは、遊休土地や田畑を所有されている方に有効活用の切り札となりそうです。早く導入すればするほどメリットは大きくなります。この記事をしっかりと読んで早めに検証されることをおすすめします。

≫詳細ページ

マンションにも太陽光発電

マンションに太陽光発電

マンションの屋上に太陽光発電を設置して全量買取してもらうところが増えています。区分マンションなのか、一棟オーナーのマンションなのか、いろいろなケースによってメリットが変わってきますので、ここでまとめたいと思います。

≫詳細ページ

借家住まいに太陽光発電

借家住まいでも太陽光発電

太陽光発電は、一戸建ての持ち家の人のみが設置できるものと思っていませんか?実は借家住まいでもマンション住まいでも、土地も家屋も不動産を一切持っていなくても太陽光発電を導入する方法があるのです。

≫詳細ページ

10kW以上の場合が

10kW以上太陽光発電

10kW以上の規模で太陽光発電システムを導入する場合、産業用というカテゴリで全量買取制度の適用を受けます。産業用だと発電した電力のすべてを売電することができ、尚且つ固定買取期間は、20年間になります。大きなメリットがあるので設置場所のある方は是非検討してみるとよいと思います。

≫詳細ページ

農地転用

農地転用

田んぼや畑など地目が「農地」となっているところで、農業以外のことをすることは認められていません。農業用地で太陽光発電を導入するには農地転用という手続きをする必要があるのです。

≫詳細ページ

産業用補助金

産業用太陽光発電の補助金

産業用太陽光発電を導入する際に得られる補助金はどういったものがあるのでしょうか?一つはメインの助成となる全量買取制度です。一部地域では導入時に助成金を出しているところもあります。ここでは、事業で太陽光発電を導入する方が得られる補助金についてまとめました。

≫詳細ページ

空き地に太陽光発電

空き地に太陽光発電

太陽光発電を空き地に設置して、産業用で運用したいという方も多くいらっしゃると思います。空き地の状態にもよりますが、その場合に注意すべき点はどんなことがあるのでしょうか?まとめてみました。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電講座

産業用太陽光発電講座

いま話題の産業用太陽光発電。家族のために一生懸命働くお父さんが資金的に豊かになるためにどう活用できるか?3分でそのすべてがわかる講座に仕上げました。

≫詳細ページ

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル