太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

不動産を所有していなくても太陽光発電投資に参入できます!いまなら

一般的に自己所有の一戸建てを持っているか、遊休土地を持っている方しか、太陽光発電は導入できないと思われていました。分譲マンションに住んでいたり、賃貸住宅・借家に住んでいる人にとっては太陽光発電は、関係ない世界のことのように思っていたはずです。しかし、状況は大きく変わりました。

土地や誰かの自宅などの屋根を探して借りてまで導入する意欲もないし、太陽光ファンドなどに投資したとしても結局ファンドであることに変わりないし、と諦めていた方へ朗報です!

不動産を一切所有していなくても太陽光発電投資をすることができるようになったのです。
ごくごく普通のサラリーマンや公務員の方が、この太陽光発電投資で稼いでいるのです。

それは、九州電力が新規で再生可能エネルギーの設備認定を受け入れ中止するくらい、多くの人が太陽光発電所を建設しはじめているのです。これは、もともとの地主さんがやっているからではありません。確かに地主さんが太陽光発電所を建設することは多くありますが、そのほとんどが、他の地域に住んでいる人による土地付き太陽光発電投資です。


投資する方法は何があるか?

投資の基本は、キャッシュ=現金です。太陽光発電所を手に入れるのに、現金があるに越したことはありません。現金で太陽光発電投資をすることで圧倒的な利益を得ることができます。 しかも全量買取制度という国からの収入保証を得てリスクを最小化しての投資です。しかし、例えば50kW程度の太陽光発電所を購入しようとする場合には、最低でも1,500万円程度は費用がかかってきます。現金があればよいですが、ほとんど多くの方が、1,500万円もキャッシュで準備できないでしょう。また、たとえば2,000kWのメガソーラーを作ろうとすると、6億とかいったお金がかかることになります。そういった場合、大企業さえも必ず融資を活用します。
融資は、人のお金を活用して投資をする方法です。古くから活用されているため、非常に有効にお金を増やすのに適していることがわかるでしょう。今存在する有名な企業のほぼすべてが、融資を利用して事業を拡大しています。その間に立つのが銀行というわけなのです。銀行は、お金を預かって、投資で運用して、その利益の一部を預金者に分配するという、仲立ちをしているわけです。このように、投資を事業として考えたときには、ただ現金で投資するというだけではなく、一つ融資というものを活用できるよう検討してみるのもひとつでしょう。太陽光発電は、国や大手メーカーの保証を得て行う低リスクロングハイリターンのものすごくメリットのある投資であるため、融資も比較的容易に受けることができるでしょう。


スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




太陽光発電はうまみの大きい投資です

太陽光発電投資がこれほどまでに拡大している理由は、何を隠そうリスクの少なさにあります。通常投資といえば、リスクがつき物です。基本的には、利回りとリスクは相関関係があり、利回りの高いリターンの大きな投資は、リスクが高くなりがちで、逆にリスクが小さな投資は、利回りが低くなりがちです。例えば、貯金預金は、もっとも利回りが小さな投資です。銀行にお金を預けることで、銀行から利息を受けとるわけです。預金者は、銀行から自由にお金を出し入れすることができますが、その代わり、利息も少ししか得ることができません。銀行は、預金者から集めたお金の一定割合を投資に活用して、リターンを得ることで収益を上げているわけです。そして、自行の運営費や利息を引いて余ったお金の中から利息を支払っているということができます。
太陽光発電の場合は、大体利回りで8~15%くらいです。投資としては、まずまずの利回りということができるでしょう。普通に年利回り10%程度の投資は、他にも見つけることができますが、ほとんどがリスクが高く素人判断で投資しては損することになります。銀行が投資で食っていけるのは、「それを仕事としており」、「長年かけてノウハウ」を作りあげたからであって、個人が投資するときにはどうしても損失を出してしまうことが起こりがちになるわけです。なぜなら、キャリアがなく、得られる情報力に差があるからです。そういうふうに考えると、投資でお金を増やすことは難しいということができますが、唯一太陽光発電は、個人にとってもリスクが小さく、お金をしっかりと運用できるものすごく効果的な方法と私は考えています。


太陽光発電投資はどうしてリスクが小さいといえるのか?

投資というのは、得られるリターンによって大きく2つに分けることができます。

  • キャピタルゲイン=売買利差目的
  • インカムゲイン=運用利回り目的

インカムゲインとキャピタルゲイン

キャピタルゲインの代表的なものは、短期的な株式運用や先物、以前の不動産などです。安く買って高く売ることを目的とします。一方で、インカムゲイン目的というのは、現在の不動産投資(家賃収入目的)や、投資信託、配当目的の株式運用などがあがられます。太陽光発電は投資したお金が毎月売電収入という配当で返ってくるものなので、インカムゲイン目的の投資ということができます。
インカムゲイン目的の投資のリスクとしてあげられるのは、配当が思ったとおりに入ってこなくなることです。たとえば、アパート経営などを考えるとわかりやすいでしょう。全部で10室のアパートを5,000万円で購入したとします。一室の月額家賃は50,000円です。全室埋まっていたら毎月50万円、年間600万円入ってくるとします。そうすると、満室の場合は、600万円÷5,000万円で、年間想定利回りは12%ということになります。しかし、例えばそのアパートが築20年のものであって、建物が古く、近くに同じような新築のアパートが建って同じような家賃だったとすると、おそらく入居者はアパートを出て新築物件に引っ越してしまうでしょう。全室のうち半分が退去したとすると、家賃収入は年間300万円にまで激減してしまうため、利回りも6%になってしまい、さらに入居中の入居者からも家賃を下げるよう交渉が入ることでしょう。結果的に利回りは数%程度にまで減ってしまうことになります。これは、実際に日本の多くの場所で起こっている現象で、インカムゲイン目的投資のもっとも大きなリスクの一つとなっています。


太陽光発電の場合はどうか?

では、太陽光発電の場合はどうかというと、太陽光発電のリターンは、売電収益です。売電収益がなくなるか減るリスクを考えてみたいと思います。基本的に全量買取制度の適用を受けた場合、。10kW以上の産業用だと20年間固定価格で電力会社が電力を買い取ってくれることを国が制度で保証しています。
つまり、電気を発電し続ける限りは、売電できなくなるということはないということがいえます。

そうなると、リスクとしてあげられるものは、発電しなくなるリスクだけということがいえます。しかしこれは、メーカーのほうで発電保証というものが準備されています。つまり、一定以上の発電量を下回る場合、メーカーが保証期間の中であれば無償で修理、交換をしてくれるということです。太陽光が照射される限りはメーカーが発電することを保証している、太陽光が照射される量は、一年毎に見比べると増減がありますが、10年、20年スパンで見ればそう大きな変動はないこと(下グラフ参照)を考えると、メーカーが潰れない限りは、発電しなくなるリスクもないということがいえます。

メーカーはどういった会社かというと、専業メーカーであれば、世界No.を誇ったドイツQセルズや中国サンテックパワーはいずれも一旦破綻していますので、少し怖いということができると思います。しかし、パナソニックや東芝は総合家電メーカーなので、太陽光発電市場が衰退しても倒産することはありません。またソーラーフロンティアは、昭和シェル石油の100パーセント子会社なので、これまた潰れないと考えられるでしょう。これらの会社が倒産するリスクよりは、私たちが破産して家屋敷を没収されるリスクのほうが高いといえるくらいだと思います。


東京の日照時間グラフ

以上のことから、太陽光発電のリスクは非常に低いといってよいでしょう。
もちろんつまでも、優遇されているわけではありません。期間限定です。2012~2014年度が全量買取制度の買取単価から考えても最も有利な時期であることは間違いのないことでです。なぜなら、固定価格買取制度の運用したときから当初3年はプレミアム価格で買い取ること、太陽光発電システム価格相場の下落に併せて買取価格も下げることが明言されていたためです。

さらに、現状太陽光発電は急ピッチに普及しすぎたため、すでに九電をはじめとした電力5社は、新規太陽光発電所の受け入れを停止しています。当然来年度以降は、制度自体が抜本的に変わってしまうことが想定できるでしょう。つまり、太陽光発電投資をするなら2014年度しかないのです。


もちろん2015年度にも太陽光発電投資は存在し続けるでしょう。
しかし、2012年から2013年度に移行してメリットが少し減ったよりも、2013年度から2014年度に移行してメリットがまた少し減ったよりも、2015年度になっては、これまで以上にメリットが減ると考えられます。


借家住まいの人が太陽光発電所を手にする方法

そんな中で、土地付きの太陽光発電を分譲して、借家住まいの方でも太陽光発電投資ができるようしているのが、全国展開している日本ライフサポート株式会社です。なんと土地と太陽光発電システムの一式をセットで販売して、お客様へほぼ確定した年間利回り9%とか10%を提供しているのです。金融会社ではありません。
太陽光発電の販売業者であり、施工業者であり、運用サポート会社でもあります。

なんも手間をかけずにすべてを代行してくれる、太陽光発電投資の超プロです。興味ある方は、一度問い合せて、詳しい話を聞いて見てください。これ以上おいしい裏のない投資はないことがわかるでしょう。


利回り10%程度

産業用太陽光発電システムを利用した新たな投資のご提案

投資型産業用太陽光発電 ソーラーパーク
からサイトへアクセスして、メール問い合わせをしてみてください。

※お客様の状況に応じた最良のカタチを提案してくれます。おいしい投資には裏があると思われる方も多いですが、こと太陽光発電に限っては、全量買取制度という仕組みで国が保証するかつてない安心でリスクがない投資です。本当のお金持ちたちは、いち早く情報を聞きつけて最もメリットの大きかった2012年度に、すでに導入を済ましています。
※先にもお伝えしたとおり、九州電力、四国電力、北海道電力、東北電力が電力の新規買取を停止している状況のため、現在は分譲型の土地付き太陽光発電は、非常にレアになっていて、入手困難な状況にあります。



各ディベロッパーたちも、物件を仕入れてもすぐ売れて、物が足らなくて困っていると情報が入っています。それはそうですよね、物件を建設できるエリアが限られる上に、来年度以降投資としてのうまみが減ることが想定されている中で、当然需要と供給のバランスが崩れるのは仕方ないと思います。もし、現在物件がないとしても、条件をお伝えして適合する物件が出てくるのをウェイティングすることをおススメします。


産業用太陽光発電カテゴリ記事一覧

産業用太陽光発電TOP

産業用太陽光発電

太陽光発電から最大の利益を得られる投資方法として注目を浴びている10kW以上の産業用太陽光発電投資。2012年から2013年にかけて飛躍的に取り組む方が増えました。ここでは、絶対に失敗しない方法と絶対に成功する秘訣をまとめてみたいと思います。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電を始める場合には、どのくらいコストがかかるのでしょうか?当然家庭用に比べると単価は安価になりますが、一括りに産業用といっても規模やメーカーはまちまちです。そのあたりの目安をお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

融資の利用法

産業用太陽光発電の融資

産業用太陽光発電は、初期費用が高額になるため多くの方が融資を活用します。ここでは、さまざまな種類の融資についてとかしこい利用方法をまとめています。

≫詳細ページ

パネルの選び方

サンプルサイト

2012年度に火が付き2013年度に急速に拡大している事業用太陽光発電のソーラーパネルは、どのメーカーのものがベストなのでしょうか?シャープや京セラなどの古参から、中国製やQセルズのものなど、価格・性能ともにさまざまな選択肢があるのが現状です。ここでは、絶対に損しない選び方を解説します。

≫詳細ページ

26年度売電価格

平成26年度売電価格

太陽光の売電価格は毎年度下落します。ソーラーパネル相場が下落して、売電価格が今から未来にかけてもっとも高い今が導入のチャンス!平成26年度内に申請してしまいましょう。

≫詳細ページ

発電所経営7ポイント

太陽光発電所経営の極意

ソーラー発電所経営で絶対に成功するための極意について、公認の太陽光発電アドバイザーが7つのポイントをまとめました。太陽光発電所を経営するにはこの7つのポイントを抑えさえすれば大丈夫です。

≫詳細ページ

低圧か高圧か

低圧連係か高圧連係か

産業用太陽光発電を導入する場合で、50kW以上の設備を導入できる設置場所を所有している場合、50kW未満にして低圧連系をするか、50kW以上にして高圧連系にしたほうがよいか、どちらのほうがメリットが大きいでしょうか?

≫詳細ページ

50kW以上

50kW以上の産業用太陽光発電

50kW以上の太陽光発電を導入する場合の注意点等についてまとめました。産業用で太陽光発電を導入するケースが増えている中、50kW以上となると収益が増大しメリットが大きくなる分、面倒も少し増します。じっくりご検討ください。

≫詳細ページ

メリットデメリット

産業用太陽光発電のメリットデメリット

産業用で太陽光発電を導入することのメリットとデメリットをまとめました。産業用とは、10kW以上の太陽光発電システムを導入することを指します。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

≫詳細ページ

土地付き太陽光発電

土地付き太陽光発電

土地付きの太陽光発電を分譲で購入する投資が流行しています。本当に儲かる投資なのでしょうか?何か隠れたリスクがあるのではないでしょうか?実態を解説してみたいと思います。

≫詳細ページ

野立てで太陽光発電

野立てで太陽光発電

太陽光発電を野立てで設置するのは、遊休土地や田畑を所有されている方に有効活用の切り札となりそうです。早く導入すればするほどメリットは大きくなります。この記事をしっかりと読んで早めに検証されることをおすすめします。

≫詳細ページ

マンションにも太陽光発電

マンションに太陽光発電

マンションの屋上に太陽光発電を設置して全量買取してもらうところが増えています。区分マンションなのか、一棟オーナーのマンションなのか、いろいろなケースによってメリットが変わってきますので、ここでまとめたいと思います。

≫詳細ページ

借家住まいに太陽光発電

借家住まいでも太陽光発電

太陽光発電は、一戸建ての持ち家の人のみが設置できるものと思っていませんか?実は借家住まいでもマンション住まいでも、土地も家屋も不動産を一切持っていなくても太陽光発電を導入する方法があるのです。

≫詳細ページ

10kW以上の場合が

10kW以上太陽光発電

10kW以上の規模で太陽光発電システムを導入する場合、産業用というカテゴリで全量買取制度の適用を受けます。産業用だと発電した電力のすべてを売電することができ、尚且つ固定買取期間は、20年間になります。大きなメリットがあるので設置場所のある方は是非検討してみるとよいと思います。

≫詳細ページ

農地転用

農地転用

田んぼや畑など地目が「農地」となっているところで、農業以外のことをすることは認められていません。農業用地で太陽光発電を導入するには農地転用という手続きをする必要があるのです。

≫詳細ページ

産業用補助金

産業用太陽光発電の補助金

産業用太陽光発電を導入する際に得られる補助金はどういったものがあるのでしょうか?一つはメインの助成となる全量買取制度です。一部地域では導入時に助成金を出しているところもあります。ここでは、事業で太陽光発電を導入する方が得られる補助金についてまとめました。

≫詳細ページ

空き地に太陽光発電

空き地に太陽光発電

太陽光発電を空き地に設置して、産業用で運用したいという方も多くいらっしゃると思います。空き地の状態にもよりますが、その場合に注意すべき点はどんなことがあるのでしょうか?まとめてみました。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電講座

産業用太陽光発電講座

いま話題の産業用太陽光発電。家族のために一生懸命働くお父さんが資金的に豊かになるためにどう活用できるか?3分でそのすべてがわかる講座に仕上げました。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ