太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電設備は、50kW以上で大きく性質が変わります

産業用太陽光発電を導入する際に設備は規模が大きければそれだけ、得られる収益も比例して増えていくようにできています。なぜなら、規模が大きくなるほど、導入時の1kWあたりの単価が下がり、1kWあたりの運営コストも安くなるからです。また、売電のグロス=全体量も多くなることが想定されるからです。

ただし、50kW以上になるか、50kW未満になるかで大きく変わる点があります。

50kW以上の太陽光発電システムは電気事業法によって、自家用電気工作物に分類されるようになるからです。自家用電気工作物は、経済産業省に届出を出す必要があり、法定定期点検を行うことが義務付けられます。

自家用電気工作物に係る保安について
電気事業法の規定によって次のことが定められています。

  1. 事業用電気工作物の技術規準に適合し続けること
  2. 保安規定を作成し、届出をすること
  3. 主任技術者を定めて、届けること

そして、次の書類を提出することが必要になります。

  1. 主任技術者選任届出書
  2. 保安規程届出書

※自家用電気工作物の申請・届出については、経済産業省のページをご参照ください。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



※法定定期点検については、保安規定の中で、自主的に決めることが義務図けられています。
つまり、法定定期点検については、自分で点検内容を定め遵守する必要があるということになります。
太陽光発電アドバイザーとしては、以下の内容をおすすめしたいと思います。
・日常点検・・・発電量とシステムの目視でのチェック・記録など
・定期点検・・・年一回程度の専門業者による点検

そういったコスト自体は、当然そんなに高額にはならないですが、50kW以下(一般電気工作物)には義務付けられていないことから若干余計な費用がかかることになります。また、設置場所として概ね500平方メートル程度の敷地が必要になることも大きなネックの一つとなります。

そのため、導入できる人が限られてくることが想定されます。ただし、規模が大きくなる分、初期導入費用の単価は劇的に下がるでしょうし、売電収入も一気に大きくなります。

10kW以上の太陽光発電投資に関するページでも記載してありますが、10kW以上の設備で発電した電力は、全量買取の対象となります。そして、買取単価は、2014年度に導入した場合、32円/kW(税別)となります。

仮に50kW導入した場合のシミュレーションを考えてみましょう。

導入費用
30万円 × 50kW = 1,500万円
年間想定発電量
1,100kWh × 50kW = 55,000kWh
年間想定売電収入
55,000kW × 37.8円 = 2,079,000円
つまり、1,500万円の投資で208万円の収益となるわけです。
利回り計算
208万円 ÷ 1,500万円 = 13.86 % 
これが20年間買取が保証されるわけなので、20年間通期での収益は、
2,079,000円 × 20年 = 41,580,000 円
20年間での太陽光発電事業での利益
41,580,000円 - 15,000,000 = 26,580,000 円
この金額から法定定期点検費用を差し引きした金額が実収益となります。

※導入単価は、産業用太陽光発電の標準的な導入金額として、1kWあたり30万円としていますが、最安値で25万円程度まで落とせる可能性があります。
※年間想定発電量1,100kWh/kWは、日本中のどこでも実現できる数値です。よって、条件がよければ更によくなりますし、逆に悪ければ悪くなります。

以上のことから、仮に法定点検を一定金額かけたとしても、お釣りがくるくらい大きなメリットのある投資と言えるでしょう。
基本的には、設備規模が大きければ大きいほど、発電量は多くなり、結果的に利益が多くなるのが特徴的です。


これだけリスクなく収益を得られる投資は、他にはありえないと言って良いでしょう。


また、併せてこちらの記事を読まれるといろいろと知識を深めることができます。

基本的な手続きは、すべて販売店が代行してくれます。
もし、1,500万円以上の現金収入があるか、融資を受けられる方で、500平米以上の土地か屋上を独占的に使用したり借りられたりできる方は、迷うことなく以下のタイナビネクストに問い合わせしてみてください。

《全国対応》産業用太陽光発電無料一括見積り~他サイトより高けれはご一報ください~

産業用太陽光発電専門の一括見積もりサイトです。絶対お得に設備投資する提案をもらえること間違いないことでしょう。ソフトバンクやJR、日本郵政など大手がこぞって太陽光発電に盲目的に参入する意味が理解できることでしょう。※こちらのページをクリックすると当サイト内のタイナビネクストについて解説したページに別ウインドウで開きます。

産業用太陽光発電カテゴリ記事一覧

産業用太陽光発電TOP

産業用太陽光発電

太陽光発電から最大の利益を得られる投資方法として注目を浴びている10kW以上の産業用太陽光発電投資。2012年から2013年にかけて飛躍的に取り組む方が増えました。ここでは、絶対に失敗しない方法と絶対に成功する秘訣をまとめてみたいと思います。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電を始める場合には、どのくらいコストがかかるのでしょうか?当然家庭用に比べると単価は安価になりますが、一括りに産業用といっても規模やメーカーはまちまちです。そのあたりの目安をお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

融資の利用法

産業用太陽光発電の融資

産業用太陽光発電は、初期費用が高額になるため多くの方が融資を活用します。ここでは、さまざまな種類の融資についてとかしこい利用方法をまとめています。

≫詳細ページ

パネルの選び方

サンプルサイト

2012年度に火が付き2013年度に急速に拡大している事業用太陽光発電のソーラーパネルは、どのメーカーのものがベストなのでしょうか?シャープや京セラなどの古参から、中国製やQセルズのものなど、価格・性能ともにさまざまな選択肢があるのが現状です。ここでは、絶対に損しない選び方を解説します。

≫詳細ページ

26年度売電価格

平成26年度売電価格

太陽光の売電価格は毎年度下落します。ソーラーパネル相場が下落して、売電価格が今から未来にかけてもっとも高い今が導入のチャンス!平成26年度内に申請してしまいましょう。

≫詳細ページ

発電所経営7ポイント

太陽光発電所経営の極意

ソーラー発電所経営で絶対に成功するための極意について、公認の太陽光発電アドバイザーが7つのポイントをまとめました。太陽光発電所を経営するにはこの7つのポイントを抑えさえすれば大丈夫です。

≫詳細ページ

低圧か高圧か

低圧連係か高圧連係か

産業用太陽光発電を導入する場合で、50kW以上の設備を導入できる設置場所を所有している場合、50kW未満にして低圧連系をするか、50kW以上にして高圧連系にしたほうがよいか、どちらのほうがメリットが大きいでしょうか?

≫詳細ページ

50kW以上

50kW以上の産業用太陽光発電

50kW以上の太陽光発電を導入する場合の注意点等についてまとめました。産業用で太陽光発電を導入するケースが増えている中、50kW以上となると収益が増大しメリットが大きくなる分、面倒も少し増します。じっくりご検討ください。

≫詳細ページ

メリットデメリット

産業用太陽光発電のメリットデメリット

産業用で太陽光発電を導入することのメリットとデメリットをまとめました。産業用とは、10kW以上の太陽光発電システムを導入することを指します。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

≫詳細ページ

土地付き太陽光発電

土地付き太陽光発電

土地付きの太陽光発電を分譲で購入する投資が流行しています。本当に儲かる投資なのでしょうか?何か隠れたリスクがあるのではないでしょうか?実態を解説してみたいと思います。

≫詳細ページ

野立てで太陽光発電

野立てで太陽光発電

太陽光発電を野立てで設置するのは、遊休土地や田畑を所有されている方に有効活用の切り札となりそうです。早く導入すればするほどメリットは大きくなります。この記事をしっかりと読んで早めに検証されることをおすすめします。

≫詳細ページ

マンションにも太陽光発電

マンションに太陽光発電

マンションの屋上に太陽光発電を設置して全量買取してもらうところが増えています。区分マンションなのか、一棟オーナーのマンションなのか、いろいろなケースによってメリットが変わってきますので、ここでまとめたいと思います。

≫詳細ページ

借家住まいに太陽光発電

借家住まいでも太陽光発電

太陽光発電は、一戸建ての持ち家の人のみが設置できるものと思っていませんか?実は借家住まいでもマンション住まいでも、土地も家屋も不動産を一切持っていなくても太陽光発電を導入する方法があるのです。

≫詳細ページ

10kW以上の場合が

10kW以上太陽光発電

10kW以上の規模で太陽光発電システムを導入する場合、産業用というカテゴリで全量買取制度の適用を受けます。産業用だと発電した電力のすべてを売電することができ、尚且つ固定買取期間は、20年間になります。大きなメリットがあるので設置場所のある方は是非検討してみるとよいと思います。

≫詳細ページ

農地転用

農地転用

田んぼや畑など地目が「農地」となっているところで、農業以外のことをすることは認められていません。農業用地で太陽光発電を導入するには農地転用という手続きをする必要があるのです。

≫詳細ページ

産業用補助金

産業用太陽光発電の補助金

産業用太陽光発電を導入する際に得られる補助金はどういったものがあるのでしょうか?一つはメインの助成となる全量買取制度です。一部地域では導入時に助成金を出しているところもあります。ここでは、事業で太陽光発電を導入する方が得られる補助金についてまとめました。

≫詳細ページ

空き地に太陽光発電

空き地に太陽光発電

太陽光発電を空き地に設置して、産業用で運用したいという方も多くいらっしゃると思います。空き地の状態にもよりますが、その場合に注意すべき点はどんなことがあるのでしょうか?まとめてみました。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電講座

産業用太陽光発電講座

いま話題の産業用太陽光発電。家族のために一生懸命働くお父さんが資金的に豊かになるためにどう活用できるか?3分でそのすべてがわかる講座に仕上げました。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ