太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

事業用太陽光発電には、どのメーカーのソーラーパネルがもっともよいのか

2012年度に火がつき2013年度に爆発的な普及をした産業用太陽光発電。さまざまな形態の法人・団体・個人がこぞって参入しています。選べるソーラーパネルのメーカーや製品も格段に増え、どのような基準で、どれを選べばよいかわかりにくいと感じている方もたくさんあるかもしれません。ここでは、事業用太陽光発電に適したソーラーパネルの選び方をお伝えいたします。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。


錯綜するソーラーパネルの品質基準

ソーラーパネルについては、国内外のさまざまな太陽光発電メーカーによって、いろいろな角度から選び方が発信されています。どのメーカー見ても、「うちが一番」「理由はアレコレ」というふうにうたわれています。
発電効率No.1の東芝=米サンパワー社の製品がよいのか、実発電力No.1のソーラーフロンティアがよいのか、同じく実発電力No.1のQセルズがよいのか、果てまた日本に適したパネルのシャープがよいのか、小さいパネルNo.1の長州産業がいいのか、ハイブリッド型の世界のパナソニックがよいのか、費用対効果が高いという導入価格が安い中国製がよいのか・・・。
見れば見るほど、調べれば調べるほど、わからなくなってしまうのが、現状です。

たったひとつのソーラーパネル選びの基準とは?

もっとも大切なことは、太陽光発電を設置する場所にもっとも適したソーラーパネルを見極めることです。
簡単なようで難しいことですが、一番は複数の業者から見積もりとシミュレーションを取得して比較することです。もちろん、前提となるのは正確なシミュレーションを提出してくれる業者に見積もり依頼を出すことですが、しっかりとしたシミュレーションさえあれば、決して間違うことなく見極めることができるようになります。
※シミュレーションとは、「該当設置場所において年間どの程度の発電量を見込めるか」を数値化してくれるものです。過去に蓄積された気象情報などからある程度正確な発電量を導き出すことができます。
※シミュレーションと見積もりを取得するには、下におススメの業者をまとめましたので、参考にしてください。約1分で簡単に依頼することができます。日本は縦に長い国で、地域によって気象条件が大きく異なります。北海道と沖縄、日本海側と太平洋側では、当然のことながら適したソーラーパネルも異なれば、発電量も異なるのが当然のことです。一概にどのメーカーがよいとはいえないのが現状です。
例えば、沖縄や鹿児島などでは高温でも発電効率が落ちにくいソーラーフロンティのパネルが適しているかもしれませんが、梅雨で日照量が少ない時期が長いとなるとある程度費用を抑えた中国製がよいかもしれません。同じ沖縄県内、鹿児島県内であっても場所によって適しているソーラーパネルはまちまちなのです。
だから、「そのソーラーパネル」を設置して、一年間に想定される発電量を実際に比べてみること。
解決策は、この1つしかないのが現状です。
そして、そもそもその場所に太陽光発電を導入しにいける業者が、そのパネルを一体いくらで提供してくれることができるのかによっても違ってくるのです。当然、販売店はそれぞれ個性があり、つきあっているメーカーや付き合いの深さもまちまちなので、同じメーカーでも、販売店によって提供できる価格がまちまちになっています。そういう背景から、複数者から見積もりを取ることは必須ということができるでしょう。

もちろん、見極めるポイントは、次の公式に当てはめることです。

何度もこのサイトでお伝えしていることですが、太陽光発電の費用対効果をしっかりと見極めるためには、次の公式に当てはめることが大切です。

現金で導入する予定の場合

初期費用 ÷ 発電金額

ローンで導入する予定の場合

(初期費用+総金利負担額) ÷ 発電金額

もし、あなたが事業として産業用の太陽光発電の導入を検討していて、その収益性を最大化したいのであれば、以下に紹介する太陽光発電業者からとにかくできるだけたくさん見積もりとシミュレーションを取得して比較検討することをおススメします。

ちなみにここで紹介している太陽光発電業者は、太陽光発電アドバイザーとしておすすめできる信頼できる業者たちです。

※リンクをクリックすると当サイトの該当業者を詳しく解説したページが別ウインドウで開きます。

これらの見積もりサイトでは、複数者からの見積もりを得ることができます。
たくさんの業者に依頼すればするほど、選択肢は多くなりますが、一方で選ぶのが大変になります。
だからこそ、私がお伝えする基準をしっかりと抑えてください。
いろいろな業者が、いろいろな基準を言ってくると思います。
だからこそ、普遍的な基準が必要になるのです。

事業用太陽光発電は、大きな初期費用を必要とする投資です。

しかも、向こう20年にわたって収益を運んでくる投資でもあります。

気安く決定してしまってあとから20年後悔するよりも、最初は大変でもしっかりと比較検討して20年間おいしい思いをするのとでは大きく結果が違ってきます。最善の選択ができるよう、このサイトをしっかりとご覧いただけたら幸いです。

産業用太陽光発電カテゴリ記事一覧

産業用太陽光発電TOP

産業用太陽光発電

太陽光発電から最大の利益を得られる投資方法として注目を浴びている10kW以上の産業用太陽光発電投資。2012年から2013年にかけて飛躍的に取り組む方が増えました。ここでは、絶対に失敗しない方法と絶対に成功する秘訣をまとめてみたいと思います。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電の価格

産業用太陽光発電を始める場合には、どのくらいコストがかかるのでしょうか?当然家庭用に比べると単価は安価になりますが、一括りに産業用といっても規模やメーカーはまちまちです。そのあたりの目安をお伝えしたいと思います。

≫詳細ページ

融資の利用法

産業用太陽光発電の融資

産業用太陽光発電は、初期費用が高額になるため多くの方が融資を活用します。ここでは、さまざまな種類の融資についてとかしこい利用方法をまとめています。

≫詳細ページ

パネルの選び方

サンプルサイト

2012年度に火が付き2013年度に急速に拡大している事業用太陽光発電のソーラーパネルは、どのメーカーのものがベストなのでしょうか?シャープや京セラなどの古参から、中国製やQセルズのものなど、価格・性能ともにさまざまな選択肢があるのが現状です。ここでは、絶対に損しない選び方を解説します。

≫詳細ページ

26年度売電価格

平成26年度売電価格

太陽光の売電価格は毎年度下落します。ソーラーパネル相場が下落して、売電価格が今から未来にかけてもっとも高い今が導入のチャンス!平成26年度内に申請してしまいましょう。

≫詳細ページ

発電所経営7ポイント

太陽光発電所経営の極意

ソーラー発電所経営で絶対に成功するための極意について、公認の太陽光発電アドバイザーが7つのポイントをまとめました。太陽光発電所を経営するにはこの7つのポイントを抑えさえすれば大丈夫です。

≫詳細ページ

低圧か高圧か

低圧連係か高圧連係か

産業用太陽光発電を導入する場合で、50kW以上の設備を導入できる設置場所を所有している場合、50kW未満にして低圧連系をするか、50kW以上にして高圧連系にしたほうがよいか、どちらのほうがメリットが大きいでしょうか?

≫詳細ページ

50kW以上

50kW以上の産業用太陽光発電

50kW以上の太陽光発電を導入する場合の注意点等についてまとめました。産業用で太陽光発電を導入するケースが増えている中、50kW以上となると収益が増大しメリットが大きくなる分、面倒も少し増します。じっくりご検討ください。

≫詳細ページ

メリットデメリット

産業用太陽光発電のメリットデメリット

産業用で太陽光発電を導入することのメリットとデメリットをまとめました。産業用とは、10kW以上の太陽光発電システムを導入することを指します。どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

≫詳細ページ

土地付き太陽光発電

土地付き太陽光発電

土地付きの太陽光発電を分譲で購入する投資が流行しています。本当に儲かる投資なのでしょうか?何か隠れたリスクがあるのではないでしょうか?実態を解説してみたいと思います。

≫詳細ページ

野立てで太陽光発電

野立てで太陽光発電

太陽光発電を野立てで設置するのは、遊休土地や田畑を所有されている方に有効活用の切り札となりそうです。早く導入すればするほどメリットは大きくなります。この記事をしっかりと読んで早めに検証されることをおすすめします。

≫詳細ページ

マンションにも太陽光発電

マンションに太陽光発電

マンションの屋上に太陽光発電を設置して全量買取してもらうところが増えています。区分マンションなのか、一棟オーナーのマンションなのか、いろいろなケースによってメリットが変わってきますので、ここでまとめたいと思います。

≫詳細ページ

借家住まいに太陽光発電

借家住まいでも太陽光発電

太陽光発電は、一戸建ての持ち家の人のみが設置できるものと思っていませんか?実は借家住まいでもマンション住まいでも、土地も家屋も不動産を一切持っていなくても太陽光発電を導入する方法があるのです。

≫詳細ページ

10kW以上の場合が

10kW以上太陽光発電

10kW以上の規模で太陽光発電システムを導入する場合、産業用というカテゴリで全量買取制度の適用を受けます。産業用だと発電した電力のすべてを売電することができ、尚且つ固定買取期間は、20年間になります。大きなメリットがあるので設置場所のある方は是非検討してみるとよいと思います。

≫詳細ページ

農地転用

農地転用

田んぼや畑など地目が「農地」となっているところで、農業以外のことをすることは認められていません。農業用地で太陽光発電を導入するには農地転用という手続きをする必要があるのです。

≫詳細ページ

産業用補助金

産業用太陽光発電の補助金

産業用太陽光発電を導入する際に得られる補助金はどういったものがあるのでしょうか?一つはメインの助成となる全量買取制度です。一部地域では導入時に助成金を出しているところもあります。ここでは、事業で太陽光発電を導入する方が得られる補助金についてまとめました。

≫詳細ページ

空き地に太陽光発電

空き地に太陽光発電

太陽光発電を空き地に設置して、産業用で運用したいという方も多くいらっしゃると思います。空き地の状態にもよりますが、その場合に注意すべき点はどんなことがあるのでしょうか?まとめてみました。

≫詳細ページ

産業用太陽光発電講座

産業用太陽光発電講座

いま話題の産業用太陽光発電。家族のために一生懸命働くお父さんが資金的に豊かになるためにどう活用できるか?3分でそのすべてがわかる講座に仕上げました。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

事業用のソーラーパネルはどのメーカーがベストなのか|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

ソーラーシェアリングとは何か
これまで全量買い取り制度を利用し、売電による収益を目的として活用されるのが太陽光発電の主な役割でした。しかし、近年ソーラーシェアリングなど新しい活用方法が注目を浴びています。いったいどんなものなのか、解説したいと思います。