太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

一括見積もりサイトタイナビネクスト

タイナビネクスト

当サイトでは、産業用太陽光発電の見積もり依頼をかける際に、タイナビネクストをおススメしています。
なぜなら、次のような理由があるからです。もしあなたが、産業用太陽光発電を導入しようかどうか迷っているとしたら、あるいは、すでに産業用太陽光発電を導入することを決めていて、一社以上の見積もりとシミュレーションが手元にあるのであれば、タイナビネクストに見積もり依頼をかけることで、未然に失敗を防いだり、より投資効果をあげることができるでしょう。

タイナビネクストがおススメである5つの理由

  1. 母体となる住宅用一括見積もりサイト「タイナビ」で100万人以上の実績からくるノウハウ
  2. 太陽光発電一括見積もり業界No.1の実績から業者による信頼度の高さ
  3. 太陽光発電完全特化したことによる販売店管理システム
  4. しつこい営業を絶対にさせない徹底したコンプライアンス統制
  5. 圧倒的な加盟店の量と質
※タイナビネクスト公式サイトは、一番下にリンクがあります。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



以上の5つの理由が、相加相乗効果を発揮して、産業用太陽光発電においては、ものすごいシェアを誇っており、ますますそのシェアを拡大しています。住宅用太陽光発電にとって、販売店が命であったように、産業用太陽光発電にとっても、販売店選びが何よりも大切になります。→太陽光発電の正しい優良業者の見極め方参照ください。 特に産業用太陽光発電については、住宅用太陽光発電に比べて、初期投資費用も高額になりますし、実際に稼動するまで非常に長い時間がかかります。また、得られるメリットも住宅用太陽光発電とは比べ物にならないくらい高額になることから、より慎重かつ大胆な戦略を設計することが必要になります。

そもそも、広大な不動産をすでに所有していて産業用太陽光発電を導入する場合、設置場所を変えることはできないので、導入する機器や導入の仕方、雑草対策やのちのち必要になる雑草対策など、さまざまな点を計画する必要が出てきます。また、設置場所がそんなに大きくない場合、たとえば80kWにするか、49kWにとどめておくかを考えることなどは、損益がわかれるキモになってもきます。→産業用太陽光発電は低圧連系と高圧連系ではどちらがよいか?参照ください。また、中国製のパネルがよいか、国内製のものがよいか。東芝がよいかパナソニックがよいか、ソーラーフロンティアがよいか。そもそも、いくらで導入できるのか。これらはすべて販売店の実力にかかっています。

さらに、もし設置場所となる不動産を所有していない場合は、太陽光発電の投資形態から検討する必要があります。メガソーラーを分割した、50kW程度の分譲型太陽光発電所がよいのか、それとも土地と太陽光発電がセットになった一点ものの土地付きソーラー発電所がよいのか、あるいは、そもそも土地をまず探して、そののちに太陽光発電を建設する計画をしたがよいのか、すべてプロの意見を聞きながら、メリットデメリットを加味して検討する必要が出てくるでしょう。→借家住まいでも太陽光発電投資する方法参照ください。

タイナビネクストの登録業者の実態

産業用太陽光発電を販売するには、メーカーに高額な保証金を支払う必要があります。 その時点で、基本的には住宅用太陽光発電の販売業者とは一線を画しています。 タイナビとタイナビネクストは、当然重複している部分もありますが、基本的には「住宅用」と「産業用」で販売店がわかれます。もちろん。それだけ高額な保証金を支払えるくらいなので、どの販売店も優良なのではと思われる方もあるかもしれませんが、実はそうでもありません。お金があれば、逆に販売店になれるということを示しているわけなので、産業用太陽光発電業者の中にも優良ではない悪徳販売会社がいるのも事実です。そして、悪質とまではいわないまでも、決して優良とはいえない販売店は五万といます。産業用太陽光発電は、初期投資と収益のバランスでメリットが決まります。そのため、「その設置場所に適した」太陽光システムを施工することが必要になるのですが、一方で、「いくらで導入できるか」という点も大切になります。そして、導入価格については、安くなれば販売店の利益が減り、あなたのメリットが増えます。このように、しっかりとした「顧客思考」をもった旧来の日本的考え方を持った販売店でないと、割高で提案されたり、安価だけれど発電力のないシステムを提案されたりしてしまうわけです。

だからこそ、一括見積もりサイトという「第三者」の目線で厳選されたサイトに見積もり依頼をすることで、優良ではない業者からへ見積もり依頼をすることを避けることができ、より効果的なプランニングをすることができるようになるわけです。

タイナビネクストの利用方法

まずは、タイナビネクスト公式ページからサイトを訪問してください。開いたすぐ下に簡単一括見積もりフォームがあるので、設置場所の郵便番号と設置予定面積を記入してください。設置場所の面積がわからなかったら、低圧の方は、「50kW」と入力していただき、もっと大きくと思われる方は、とりあえず100kWと入力してみるとよいでしょう。※50kW設置するためには、最低でも300平米程度は必要になってきます。 タイナビネクスト見積もり依頼方法 上記のように入力してクリックするだけです。

そうすると、次のような画面に移行します。

タイナビネクスト見積もり依頼方法2 「簡易見積もり」と「現地調査見積もり」の違いは、読んで字のとおり、現地調査するかどうかです。当然、現地調査をした上で見積もりとシミュレーションを取得したほうが正確な計算をすることができますので、できるだけ現地調査してもらうことをおススメします。ただし、どうしてもまだ販売店と接触したくない方や見積もりだけ欲しいという方(価格を調査する目的)のみ、簡易見積もりを依頼するとよいでしょう。また、広さも下地も何もわからない方や、どのくらい設置したらどのくらいエコなのか係数ではわからない事柄を知りたい方などは、必ず現地見積もりを依頼するようにしましょう。 入力は非常に簡単に終わらせることができますので、深く考えずにささっと入力してしまいましょう。ここで記載する事項が多少間違っていても特に問題ありません。なぜなら、最終的には現地を見てきちんと調査しないことには、正確にシミュレーションすることはできないからです。 最後に、見積もり依頼をかける先を選択します。これは、地域によって異なりますが、できるだけ安く導入するために、どちらも選択されることをおススメします。※この画面上は、大手販売店のサニックスが表示されています。ただし、タイナビNEXT運営事務所は、必ずチェックするようにしましょう。そうすることで、優良販売業者5社から見積もりを受け取ることができます。 タイナビネクスト見積もり依頼方法3 すべて入力したら、「利用規約に同意して見積り依頼をする」をチェックしてください。
発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

産業用太陽光発電ではイチオシ「タイナビネクスト」とは?関連ページ

ソーラーフロンティア|発電力No.1のメーカー直集
数ある太陽光発電メーカーの中で最も実発電力が優れていると言われるパネルを製造しているソーラーフロンティア。業界では珍しいメーカーによる直接集客による経済性の最大化を実現した販売店でもあります。
太陽光発電の補助金の紹介エコ奉行
ここでは、太陽光発電の補助金の紹介をしているエコ奉行という日本有数の大手一括見積もりサイトを紹介したいと思います。どんなサイトなのか、活用するメリットはあるのか?それとも怪しいサイトなのか。ご確認ください。
当サイトイチオシ業者はここ!
ここでは、太陽光発電アドバイザー秋山慎也一押しの販売業者情報を掲載します。ケーススタディで、利用していただけるようになっていますので、あなたの状況、目的に合わせてお選びください。
業歴45年の老舗川島工務店が語る本当に安い太陽光発電とは?
本当に安い太陽光発電っていったいいくらで導入できるのでしょうか?ここに、業界歴45年の老舗企業があります。株式会社川島工務店です。お客さんへ本当の利益を提供することで永続できた企業がはじめて語る本当に安い太陽光発電の秘訣。
注意!太陽光発電業者の倒産が増えている
当サイトで警鐘をならし続けてきましたが、太陽光発電業者の倒産が相次いでいます。どういった理由で倒産しているのでしょうか?業者が倒産することで、何か問題があるのでしょうか。改めてまとめました。