太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電の経済的な本質は投資です。

投資イメージ写真

あなたは、投資と言われてどんなイメージを持ちますか?

イチかバチか。
リスクが高い。
触らぬ神に祟りなし。
博打との違いがわからない。
うさんくさい。
お金の無駄。

日本人の多くの方が、投資に対してネガティブなイメージを持っています。 一方で、西洋では投資というのは、資産運用の一部として非常に広く根付いており、幅広い層の方が、銀行にお金を寝かしておくよりは、とさまざまな投資をしています。日本でも近年では、不動産投資や、ファンド、FXや株式など、さまざまな投資商品が販売され、少なからず目を向ける人は多くなっていますが、それでもバブルなどで手痛い思いをして、さらに投資をすることに対してネガティブなイメージを持つようになった人も多くいます。しかし、企業活動はそもそも広義の投資ということができ、さらに多くの方が預ける銀行預金にしても、結局のところは、銀行が投資してリターンを得るという活動に転換されているのです。そう考えると資本主義経済自体が投資を本質とする経済体制であるということが、結論としていうことができると思います。太陽光発電を導入することは、経済的なメリットを考えると、本質的に投資ということができるわけです。



太陽光発電が儲かる理由

太陽光発電は、投資として考えた時には、日本で投資することができる対象として、
最も手堅く、リスクを犯すことなく、実践できる投資と言えます。


それは、なぜでしょうか? いくつかの理由があります。


  • 太陽光発電によるリターンは、確実に収入として入ってくる。
  • 国が全量買取制度として20年間固定金額で買い取ってくれる。
  • 太陽光発電自体は、大手メーカーによる発電保証を受けられる。
  • 家庭用であれば、売電しないまでも確実に節電することができる。
  • 唯一気象条件に左右されるというリスクが想定されますが、長年の日射量の平均を取れば、月ごと年ごとには発電量は上下しますが、20年間という長い期間で考えたら、発電量の差は誤差程度と考えられる。

ただし、投資としてリターンを得るためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 太陽光発電パネルを設置する場所を確保できること。
  2. 設置場所にしっかりとした発電量を確保するだけの日射量があること。
  3. 初期費用として幾ばくかのお金を投資することができるか、或いは、金融機関から融資を受けられるだけの信用余力があること。
全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




太陽光発電投資の2つのパターン

太陽光発電を投資として考えた場合には、2つの方法があります。

  • 10kW以上の設備を導入して本格的に導入する。
  • 10KW未満の設備を導入して通常の家庭用として導入する。

上の2つの違いは、以下です。

  1. 事業なのか、事業でないのか。10kW以上は事業ということができます。
  2. 10kW以上の全量買取か、未満の余剰買取か。※余剰買取とは、優先的に自家使用により消費されることを意味します。
  3. 固定買取期間が10kW以上の20年か、未満の10年か。

現地調査して、しっかりと発電量を確保できるとシミュレートできた場合は、10kW以上の設備を導入して損することはありません!なぜなら、国やメーカーからの保証があるからです。だから、大企業や自治体など資金が潤沢にあるところは、屋根や導入費用を借りてでも、太陽光発電事業に参入しているのです。
詳細については、産業用太陽光発電で絶対成功する秘訣も併せてご確認ください。

太陽光発電が投資としてリスクが少ないといえる理由

基本的に投資のリスクというのは、何かを考えると「投資した結果入ってくるお金」が、「投資した金額」を下回ることを言います。そうなると、太陽光発電の場合は、初期費用は太陽光発電システムの初期導入費用が、投資金額に当たります。一方で、リターンとして入ってくるお金は、産業用の場合売電収入、住宅用は節電利益と売電収入の合計になります。投資金額は、できるだけ安くすることが必要ですが、何よりも確実に想定される利益を得る必要があります。※初期費用を安くする方法については、最安値で太陽光発電を設置する方法をご参照ください。
想定される発電量を得るには、きちんとしたシミュレーションを得ること、売られることが大切になります。発電した電力の買取は政府が法律で保証しています。また、太陽光がしっかりとあたれば、シミュレーションどおり発電することは、メーカーが保証しています。そうなるとリスクとして考えられるのは、日射量が想定どおり降り注ぐかという点だけとなります。しかしそれも、基本的には一年一年だけ見れば、当然発電量は前後することになりますが、10年20年スパンで見れば、当然平準化して、多い年もあれば、少ない年もあるということになるため、実質的には損することがない、ということになります。ただし、きちんと事前に「得するシミュレーション」を得られていることが前提になります。→必ず確認すべき3ステップ|太陽光発電アドバイザー公式情報サイトをご覧いただき、あなたの設置場所で太陽光発電が本当に得になるのかをしっかりとご確認ください。



当カテゴリ内の記事一覧

退職金を安全に運用する

太陽光発電で退職金を運用する

退職金・・・。銀行口座に入れておくだけでは目減りする一方。かといって株や金融投資は怖くてしたくない。そんなあなたに太陽光発電投資なんていかがでしょう?ここでは、太陽光発電で退職金を増やす方法をまとめています。

≫詳細ページ

停電時の非常用電源として

停電時の非常用電源

太陽光発電のメリットに非常時の緊急用電源として活用できるということがあげられています。しかし、停電の際に太陽光発電は本当に役立つのでしょうか?また、どのようにすればよいのでしょうか?解説しました。

≫詳細ページ

確実に儲ける方法

確実の儲ける方法

太陽光発電は、空前の投資ブームとなっています。ここでは、太陽光発電を活用することで、確実に利益を上げて儲ける方法について紹介しています。

≫詳細ページ

新築か後付けか

新築か後付けか

太陽光発電は、家を新築する際に導入したほうが得なのでしょうか?それとも家を建てた後に導入したほうが得なのでしょうか?解説しました。

≫詳細ページ

リスクなく増税時代を生き抜く法

増税時代をリスクなく生き抜く

2014年4月消費税が8パーセントに増税されました。2015年10月には10パーセントに引き上げられる予定です。国債発行額と税収から考えても、消費税だけでなくさまざまな税が上がることは間違いない流れといえます。そんな大増税時代に、太陽光発電を活用してリスクなく安定収入を作る方法を紹介します。

≫詳細ページ

年金対策に

年金対策として

太陽光発電で年金対策をしようという動きが広がっています。どうして太陽光発電が年金になるのでしょうか?そのからくりを探っていきます。

≫詳細ページ

正しい販売店の見極め方

正しい販売店の見極め方

太陽光発電においては、優良な販売業者を見極めることが何よりも大切になります。太陽光発電の場合、買って終わりというものではなく、メンテナンスや製品・工事の保証など、買ってからが業者の姿勢が問われるものです。ここでは、正しい「優良業者」の見極め方について解説したいと思います。

≫詳細ページ

値引き交渉で利益を最大化する方法

値引き交渉術

どうせ太陽光発電を導入するなら、できるだけ安く導入したいと思いますよね?その際に大切になるのが、値引き交渉になります。ただ安ければそれでいい、っていうものではないからこそ、長くお付き合いする必要があるからこそ、知ってて欲しい交渉術です。

≫詳細ページ

いつ導入するのがベストか

いつ導入するのがベストか

太陽光発電は、いつ導入するのがベストなのでしょうか?初期費用は年々安くなる、けれど補助金や全量買取制度の価格も安なる、製品のレベルはどんどんよくなる、でも導入しなけりゃ機会ロスになる。そんなジレンマを完全解消いたします!

≫詳細ページ

収益を最大化する方法

収益を最大化する方法

太陽光発電で収益を最大化するためにはどうしたらよいでしょうか?ここでは、あなたが太陽光発電を導入してもっとも大きな利益を得ることができるようにするための具体的な方法を紹介します。産業用・住宅用ともに適用可能です。

≫詳細ページ

見積もりに妥当性は?

見積もりの妥当性は

太陽光発電は、セミオーダーメード商品のため、単に見積もりを取得しただけでは、その価格の妥当性を検証することができません。ここでは、見積もりの妥当性を見極める方法を解説しています。

≫詳細ページ

販売業者の裏話

太陽光発電の裏話

太陽光発電の販売業者にまつわる裏話を紹介しています。絶対に得をしたいという方は、この記事を読むまで太陽光発電は買わないでください。

≫詳細ページ

最適な設置容量は?

最適な設置容量は?

太陽光発電を導入する際に、どれくらいの大きさの容量を設置したらよいか迷っている方も多いと思います。ここでは、容量を検討する際に注意すべきことと判断基準について解説しました。

≫詳細ページ

現状どうなの?

現状どうなの?

今、太陽光発電を導入することは得策なのでしょうか?それとも別の買い時が存在するのでしょうか?ここでは、太陽光発電の現状を、ユーザーの視点にたって正確な情報を中立の立場で提供して参ります。

≫詳細ページ

2013年に採算取るには?

2013年情報

2013年に太陽光発電を設置して採算をとるためにはどうしたらよいでしょうか?全量買取制度の買取単価を含むたくさんの要素を勘案して解説していきます。まだ導入を迷っている方へ必見の内容となっています。

≫詳細ページ

必見活用術TOP

太陽光発電活用術TOP

太陽光発電を導入することによって得られるメリットはさまざまあります。ここでは、そんなメリットをどのように活用したらよいかをまとめました。導入を検討している方必見の太陽光発電活用術です。

≫詳細ページ



発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光発電が儲かる理由

太陽光発電は、投資として考えた時には、

日本で投資することができる対象として、

最も手堅く、リスクを犯すことなく、実践できる投資と言えます。


それは、なぜでしょうか?

いくつかの理由があります。

チェック太陽光発電によるリターンは、確実に収入として入ってくる。

チェック国が全量買取制度として20年間固定金額で買い取ってくれる。

チェック太陽光発電自体は、大手メーカーによる発電保証を受けられる。

チェック家庭用であれば、売電しないまでも確実に節電することができる。

チェック唯一気象条件に左右されるというリスクが想定されますが、 長年の日射量の平均を取れば、月ごと年ごとには発電量は上下しますが、
20年間という長い期間で考えたら、発電量の差は誤差程度と考えられる。



ただし、投資としてリターンを得るためには、以下の条件があります。


太陽光発電パネルを設置する場所を確保できること。

設置場所にしっかりとした発電量を確保するだけの日射量があること。

初期費用として幾ばくかのお金を投資することができるか、

或いは、金融機関から融資を受けられるだけの信用余力があること。


太陽光発電を投資として考えた場合には、2つの方法があります。


チェック10kW以上の設備を導入して本格的に導入する。

チェック10KW未満の設備を導入して通常の家庭用として導入する。

上の二つの違いは、以下です。

チェック事業なのか、事業でないのか。10kW以上は事業ということができます。

チェック10kW以上の全量買取か、未満の余剰買取か。 ※余剰買取とは、優先的に自家使用により消費されることを意味します。

チェック固定買取期間が10kW以上の20年か、未満の10年か。

現地調査して、しっかりと発電量を確保できるとシミュレートできた場合は、

10kW以上の設備を導入して損することはありません!


なぜなら、国やメーカーからの保証があるからです。

だから、大企業や自治体など資金が潤沢にあるところは、

屋根や導入費用を借りてでも、太陽光発電事業に参入しているのです。


まずは、《全国対応》産業用太陽光発電無料一括見積り~他サイトより高けれはご一報ください~

無料のシミュレーションをしてみることをオススメいたします。



太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル