太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

なぜ太陽光発電が年金対策になるのでしょうか?

太陽光発電で年金対策

金の支給年齢が68歳からになりそうだという話題が持ち上がっています。そもそも年金制度自体が既に崩壊しているから、近い将来支給年齢が70歳になるとも、そもそも制度自体がなくなるとも、言われる時代に入りました。少子高齢化による高齢者を支える労働力不足、年金の運用損失の増大、不払いの問題など、ここで論じるまでもないほど当たり前の状態になっています。

そんな中、たくさんの年金対策の商品が発売されては消えて行きました。 例えば、確定給付型の年金保険や変額年金保険、投資信託、ファンド、マンション経営、アパート経営など、数え上げればきりがないくらいたくさんの商品がありましたし、現在もさまざまなものがあり、私もすべてを把握しきれてはいません。そんな中急浮上したのが、太陽光発電で年金対策するというものです。これは、売電収入を年金として活用しようというもので、年齢層問わずや中流階級層に幅広く支持されているものです。
どういったものでしょうか?概略を説明したいと思います。


太陽光発電で年金対策のカラクリ

  • できるだけ大きな規模の太陽光発電をローンを組んで導入します。
  • ローンの期間は、15年で組みます。
  • そうすると基本的には、太陽光発電による売電収入と節電効果の範囲内で、ローンを全額支払い更にお釣りがくることになります。
  • そのお金を貯めておいて、退職時に退職金と合わせて残債を一括精算するものです。
  • そうすると、これまでローンの返済に当てていたものが、そのまま年金収入として残ることとなります。

これが私設太陽光発電年金のからくりです。 ※自己所有の一戸建てに住んでいる方は、自宅の屋根に設置したり、遊休不動産を持っている方はそこに設置したり、自社不動産を所有している方は、倉庫や事務所の屋根に設置したり、住まいや不動産の所有に限らず分譲型太陽光発電所物件を購入したり、土地を買ってそこに太陽光発電を設置したり、投資の方法はさまざまです。

実は、この太陽光発電所運営のメリットを最大化する方法があります。
もちろん、日射量を一定以上確保できる場所を所持していることが前提になりますが。
もしかしたら、地方都市では非常に安い価格で、そいった場所を借りられるかもしれません。
ソフトバンクや楽天ソーラーが一般家庭の屋根を格安で借りているように・・。

スポンサードリンク

太陽光発電年金が最大化する方法

それは、10kW以上の設備を導入することです。
10kW以上の太陽光発電システムを導入するでも記載しましたが、10kW以上の太陽光発電設備を導入することは事業用とみなされて、全量買取制度の買取保証が20年になります。そして、余剰電力ではなく、発電した電力のすべてが買い取ってもらえます。
通常一般家庭で使用する電力は、1kWあたり24円程度ですが、売電したら1kWあたり32円程度で買い取ってもらえるのです(※2014年度設備申請の産業用の場合、住宅用の場合37円/kW)。しかも、10kW未満だと保証期間は10年ですが、20年になるのです。この仕組みを活用して大規模な太陽光発電を導入する人が増えているのです。

考えられる具体的な事例

※ここで掲載している事例はあくまでも事例です。実際には固定価格買取制度の運用スタートが2012年度なので、この方法で年金を手にしている人はまだいません。

あるサラリーマンの方の例です。
実家で余っていた土地に50kWの太陽光発電を導入しました。
購入価格は、1,500万円。15年ローンで金利は3.5%。
概ね毎月4,200kWほどの発電があり、それを全量売電。
売電による収入は、158,760円程度。
それに対して返済するローンは、107,232円。
差し引き51,400円程度の利益を得ています。
そして、51,400円は貯金しておきます。
15年後ローンはなくなり、その方の手元には、毎月15万円の年金収入と、15年間貯めた926万円の利益が残るというものです。

これは非常に有益なことと言えるでしょう。もし既に退職している方であれば、退職金で一括購入してもよいでしょう。もし数年後に退職する予定の方であれば、とりあえずローンで購入して、退職金で残債を一括返済してもいいでしょう。→太陽光発電で退職金を正しく活用する方法

とにかく今導入することで得られる全量買取制度を利用することが大切です。
これは、来年度には間違いなく単価が下がっていきます。10kW以上の太陽光発電を導入するのは、今年がおそらく最後のチャンスです。なぜなら、2014年9月の九電の新規設備申請中止報道を機に、全量買取制度の運用が見直しされるのは必至だからです。ちなみに、全量買取制度は、設備認定を受けた年の買取価格が固定価格買取期間中保証されることになるので、今後電力会社が買取中止という発表があったとしても、それはあくまでも新規接続申請の中止であって、すでに設備認定を受けた案件についてはまったく関係のないことであることを頭に入れておいて頂けたら幸いです。興味のある方は、今すぐ検討をはじめることを強くオススメします。

シミュレーションの取得は、《公式/全国対応》豊富な利用実績!無料で産業用太陽光発電一括見積り!で取得ください。投資用太陽光発電で現状のところ最も安心して検討できるサイトです。なぜなら、以下の4つの安心があるからです。※リンクは、当サイト内のタイナビネクスト解説ページへのリンクとなっています。

  1. 最適なメーカー。最適な製品が選定ができる。
  2. 加盟店へのコンプライアンス管理がしっかりしている。
  3. 見積もりやシミュレーションを比較することで妥当性を検証できる。
  4. 100万件以上の豊富な実績と安心な企業のみが加盟している。

タイナビは家庭用の太陽光発電の一括見積もりで、のべ100万人の利用者に支持され、産業用太陽光発電においても、その専門的な経験値から非常に高い評価がなされています。最も大きく得した人は、タイナビで2012年から産業用太陽光発電に乗り出して、1kWあたり42円の20年間の固定買取保証というメリットを得ています。機会ロスが最も大きな損失であり、リスクであることを知っていた人たちでしょう。

すでに太陽光発電は、投資先として当たり前となっています。そして、規制がまもなくかかるだろうというくらい取り組む人が多くなっています。 さらにグリーン投資減税という税金面での優遇もあります。初期投資費用を即時償却できるなどのメリットを得ることができます。日経新聞などでも多く報道されたので、聞いたことがある方は多いかもしれません。節税については、個人事業主必見!太陽光発電は節税効果がある。をご覧下さい。

当カテゴリ内の記事一覧

退職金を安全に運用する

太陽光発電で退職金を運用する

退職金・・・。銀行口座に入れておくだけでは目減りする一方。かといって株や金融投資は怖くてしたくない。そんなあなたに太陽光発電投資なんていかがでしょう?ここでは、太陽光発電で退職金を増やす方法をまとめています。

≫詳細ページ

停電時の非常用電源として

停電時の非常用電源

太陽光発電のメリットに非常時の緊急用電源として活用できるということがあげられています。しかし、停電の際に太陽光発電は本当に役立つのでしょうか?また、どのようにすればよいのでしょうか?解説しました。

≫詳細ページ

確実に儲ける方法

確実の儲ける方法

太陽光発電は、空前の投資ブームとなっています。ここでは、太陽光発電を活用することで、確実に利益を上げて儲ける方法について紹介しています。

≫詳細ページ

収益を最大化する方法

収益最大化

太陽光発電で収益を最大化するためにはどうしたらよいでしょうか?ここでは、あなたが太陽光発電を導入してもっとも大きな利益を得ることができるようにするための具体的な方法を紹介します。産業用・住宅用ともに適用可能です。

≫詳細ページ

リスクなく増税時代を生き抜く法

増税時代をリスクなく生き抜く

2014年4月消費税が8パーセントに増税されました。2015年10月には10パーセントに引き上げられる予定です。国債発行額と税収から考えても、消費税だけでなくさまざまな税が上がることは間違いない流れといえます。そんな大増税時代に、太陽光発電を活用してリスクなく安定収入を作る方法を紹介します。

≫詳細ページ

年金対策に

年金対策として

太陽光発電で年金対策をしようという動きが広がっています。どうして太陽光発電が年金になるのでしょうか?そのからくりを探っていきます。

≫詳細ページ

スポンサードリンク