太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電が大増税時代の安定収入源としてよい

太陽光発電への投資が安定していると人気が爆発的に高まっています。実際に産業用太陽光発電販売業者は、引く手あまたで、非常に忙しく新しい投資案件が出来てはすぐに完売という状態が続いているようです。世界経済の情勢が緊迫して、先行きが見通せない状態の中、太陽光発電は非常に有効かつ安心な安定収入をあなたに約束してくれるわけです。税金が上がろうと物価が上がろうと、実物投資からの収益ほど経済的な安定を実現する手段はありません。ここでは、増税時代だからこそ必要になる太陽光発電投資の活用方法について解説したいと思います。※2014年9月の九電ショックでその波は若干落ち着いたように見えますが、これは多くの人の誤解が原因です。詳細に解説してある記事を参照ください。※こちらです九電ショックを経て今後太陽光発電は見送ったほうが吉か


これからも増税は避けられません

  • 2014年4.月消費税が8パーセントへと増税になりました。
  • 1989年4月に消費税が導入されました。そのときの税率は3パーセントです。
  • 1997年4月に5パーセントへ増税されました。
  • そこから約17年ぶりの増税となったわけです。

現在、日本の国政は非常に深刻な財政難にあります。国の負債は、1,000兆円を超え、税収はおよそ40兆円、支出は80兆円となっており、毎年新規に国債を発行して赤字財政を穴埋めしています。つまり、国の借金は減るどころかどんどん増えているのです。日本の場合は、ギリシャと違い、大きな借金があっても破綻しません。ギリシャが外国から借金していたのに対して、日本は国内から借金しているからです。しかし、いくらでも借金を増やすというわけにはいかないので、これからどんどん国としての収入を増やす必要があります。
つまり、増税しなくてはいけないということです。
税金にはさまざまな種類があるので、常に消費税というわけではないですが、何らかの形で増税され続けることは間違いないのです。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



給料は増えないけれど税金は上がる

税金が上がるということは、家庭からすれば支出が増えるということです。私たちは、消費税だけではなく酒税や重量税、所得税などさまざまな税を負担しています。景気が少し上向いて、2014年は全体的に賃上げ機運が支配的ですが、大きな給料増は期待できない状態の中、支出は間違いなく増え続けることが約束されているわけです。さらに、少子高齢化による社会保障料の値上がりは歯止めが効かず、スマホやネットなどさまざまな支出も増える一方です。
一方で、収入はどうかというと、経済が成長することなしに給料が増えることはありません。アベノミクスで給料は上向きになっていますが、少子高齢化の流れから、劇的な増収になることは見込めないのが現実です。アベノミクスはいわば、外的な要因によるカンフル剤に過ぎず、一時的な景気の回復でしかなく、実質経済の根本問題はまったく解決に至っていないのが、現状です。

支出を減らすか、収入を増やすか
  • それでは、どうしたらよいのでしょうか?
  • このままどんどん貧しくなっていくしかないのでしょうか?
  • あるいは、何か他に家計を楽にする方法はないのでしょうか?

・・・正直、私たちが個人で対応できることには限りがあります。この大きな経済問題自体については、国や経済界に任せるとして、 私たちは私たちがコントロールできるところに焦点を絞って対策しないといけません。つまり、家計を楽にするために、できることをきちんとするしかないということです。では、できることは何かというと、次の一言に尽きる思います。収入を増やし、支出を減らす
もちろん、支出を減らす努力をすることは大切だと思います。しかし、税金や生活費をはじめ必要な出費というものはありますし、生活のレベルを落とすというのも非常に困難なことです。
そうはいっても、先にお伝えしたように、給料を増やすことも難しいといわざるを得ません。もちろん、起業したり副業したり、何か投資をしたりすれば収入は増やせますが、 これらの方法は、誰しもがうまくいく方法とはいえないのが現状です。

だからこそ、太陽光発電を始めるべき

そこで、私がおススメしたいのが、太陽光発電投資です。太陽光発電は、非常にリスクが少なく安定した利益を運んでくれる投資です。投資とはいいながら、株式投資やFX、不動産投資とは違って、大きなリスクがないのが特徴です。なぜなら、太陽光発電は出口戦略がしっかりとあり、長期的な収益の見込みがたつ投資だからです。
例えば、株式投資の場合、株価の値上がりや値下がりはさまざまな要因があるため見極めは困難です。正直、神のみぞ知る世界であり、勝つときもあれば負けるときもあるものです。FXなどの為替取引も同じことが言えるでしょう。また、不動産投資では、賃借人が付いている場合安定的な収入源になりますが、空室になったら賃料収入がなくなるばかりか、管理費や固定資産税などの支出がかさみます。

一方で太陽光発電は、太陽光が照射されさえすれば、電力を発電します。太陽光発電システムは、規定量以上発電することがメーカーによって保証されていますし、発電した電力は、国の制度によって、10年~20年間固定価格で買い取ってくれることが保証されています。つまり、非常にリスクなく年利10%程度の利回りを得られる投資ということができるわけです。詳しい仕組みや、目的・運用方法などについては、以下のページをご参照ください。

当カテゴリ内の記事一覧

退職金を安全に運用する

太陽光発電で退職金を運用する

退職金・・・。銀行口座に入れておくだけでは目減りする一方。かといって株や金融投資は怖くてしたくない。そんなあなたに太陽光発電投資なんていかがでしょう?ここでは、太陽光発電で退職金を増やす方法をまとめています。

≫詳細ページ

停電時の非常用電源として

停電時の非常用電源

太陽光発電のメリットに非常時の緊急用電源として活用できるということがあげられています。しかし、停電の際に太陽光発電は本当に役立つのでしょうか?また、どのようにすればよいのでしょうか?解説しました。

≫詳細ページ

確実に儲ける方法

確実の儲ける方法

太陽光発電は、空前の投資ブームとなっています。ここでは、太陽光発電を活用することで、確実に利益を上げて儲ける方法について紹介しています。

≫詳細ページ

新築か後付けか

新築か後付けか

太陽光発電は、家を新築する際に導入したほうが得なのでしょうか?それとも家を建てた後に導入したほうが得なのでしょうか?解説しました。

≫詳細ページ

リスクなく増税時代を生き抜く法

増税時代をリスクなく生き抜く

2014年4月消費税が8パーセントに増税されました。2015年10月には10パーセントに引き上げられる予定です。国債発行額と税収から考えても、消費税だけでなくさまざまな税が上がることは間違いない流れといえます。そんな大増税時代に、太陽光発電を活用してリスクなく安定収入を作る方法を紹介します。

≫詳細ページ

年金対策に

年金対策として

太陽光発電で年金対策をしようという動きが広がっています。どうして太陽光発電が年金になるのでしょうか?そのからくりを探っていきます。

≫詳細ページ

正しい販売店の見極め方

正しい販売店の見極め方

太陽光発電においては、優良な販売業者を見極めることが何よりも大切になります。太陽光発電の場合、買って終わりというものではなく、メンテナンスや製品・工事の保証など、買ってからが業者の姿勢が問われるものです。ここでは、正しい「優良業者」の見極め方について解説したいと思います。

≫詳細ページ

値引き交渉で利益を最大化する方法

値引き交渉術

どうせ太陽光発電を導入するなら、できるだけ安く導入したいと思いますよね?その際に大切になるのが、値引き交渉になります。ただ安ければそれでいい、っていうものではないからこそ、長くお付き合いする必要があるからこそ、知ってて欲しい交渉術です。

≫詳細ページ

いつ導入するのがベストか

いつ導入するのがベストか

太陽光発電は、いつ導入するのがベストなのでしょうか?初期費用は年々安くなる、けれど補助金や全量買取制度の価格も安なる、製品のレベルはどんどんよくなる、でも導入しなけりゃ機会ロスになる。そんなジレンマを完全解消いたします!

≫詳細ページ

収益を最大化する方法

収益を最大化する方法

太陽光発電で収益を最大化するためにはどうしたらよいでしょうか?ここでは、あなたが太陽光発電を導入してもっとも大きな利益を得ることができるようにするための具体的な方法を紹介します。産業用・住宅用ともに適用可能です。

≫詳細ページ

見積もりに妥当性は?

見積もりの妥当性は

太陽光発電は、セミオーダーメード商品のため、単に見積もりを取得しただけでは、その価格の妥当性を検証することができません。ここでは、見積もりの妥当性を見極める方法を解説しています。

≫詳細ページ

販売業者の裏話

太陽光発電の裏話

太陽光発電の販売業者にまつわる裏話を紹介しています。絶対に得をしたいという方は、この記事を読むまで太陽光発電は買わないでください。

≫詳細ページ

最適な設置容量は?

最適な設置容量は?

太陽光発電を導入する際に、どれくらいの大きさの容量を設置したらよいか迷っている方も多いと思います。ここでは、容量を検討する際に注意すべきことと判断基準について解説しました。

≫詳細ページ

現状どうなの?

現状どうなの?

今、太陽光発電を導入することは得策なのでしょうか?それとも別の買い時が存在するのでしょうか?ここでは、太陽光発電の現状を、ユーザーの視点にたって正確な情報を中立の立場で提供して参ります。

≫詳細ページ

2013年に採算取るには?

2013年情報

2013年に太陽光発電を設置して採算をとるためにはどうしたらよいでしょうか?全量買取制度の買取単価を含むたくさんの要素を勘案して解説していきます。まだ導入を迷っている方へ必見の内容となっています。

≫詳細ページ

必見活用術TOP

太陽光発電活用術TOP

太陽光発電を導入することによって得られるメリットはさまざまあります。ここでは、そんなメリットをどのように活用したらよいかをまとめました。導入を検討している方必見の太陽光発電活用術です。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ