太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

2013年太陽光発電の市場動向

陽光発電市場は、2013年度以降どのようになっていくのでしょう。2012年7月の全量買取制度の施行以降、急拡大する市場。一部の関係者からはバブルとも評される向きがあります。

一方で、時代の潮流から考えると今後も拡大する速度が増していくと考える専門家もいます。


当サイトの見解としては、今後も拡大は続いていくということです。
なぜなら、欧州をはじめとした環境先進国では、日本よりもはるかに普及率が高いのに、2012年は日本以上に普及した国が2カ国もあったからです。当然そのような国でも、国のバックアップがあって初めて実現しているし、日本と同じように利用者の負担による助成があるために、普及していることは間違いありません。


2013年は2012年以上に普及していくだろう

2013年度は、全量買取制度の買取単価が下がることが予想されています。
(2013年3月9日現在の情報では単価は確定していません。)
※1kWhあたり36円税別となりました。→全量買取制度とはを参照ください。

それでもなお、太陽光発電の普及は加速していくように思います。

なぜなら、全体的に導入単価が下がっていることが挙げられます。

太陽光発電を導入するにあたり、もっとも大切になることは費用対効果です。
そうなると仮に買取単価が下がったとしても、導入単価が下がれば、当然費用対効果≒投資金額に対するリターンの割合≒利回りは変わらなくなります。国としてもそのような観点から買取単価を決めているという建前になっています。
2012年は、1kWあたり42円とういうのが固定買取単価でしたが、これは当初から高すぎると言われているものでした。

でも、実際のところは、この単価設定のおかげで市場が急拡大したという側面が大きいのです。

一度動き始めた歯車はそう簡単には止まりません。
そういう背景から太陽光発電市場は、2013年も継続的に拡大していくと考えられます。
※費用対効果については、太陽光発電で最も費用対効果が高くなる導入方法ご覧下さい。

※詳しい現状と未来については、太陽光発電の現状はどうなの?をご参照ください。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。



2013年に太陽光発電を設置するか否か検討している方へ

実際に2012年で太陽光発電を導入する単価は下がりました。

太陽光発電価格動向

○資源エネルギー庁からの出典


上記を見てわかるように、1年間で約10%導入単価が下落していることがわかります。
ただしこれはあくまでも市場価格であり、当然ここでは様相が違います。
そう考えると、やはり、しっかりと当サイトの内容にしたがって意思決定することが重要です。

2012年と2013年をくらべて変わることは、2013年4月以降に完工したものについては、全量買取制度の買取単価が下落することです。また、太陽光発電システム自体の価格相場も下がっていくでしょう。

太陽光発電にとって大切になるのは、費用対効果です。

導入価格が安ければよいのでもなく、買い取り単価が高ければよいのではありません。

そのバランスの上にもっともメリットが大きくなるポイントがあるのです。

それを探るために、まずは、太陽光発電を設置前に必ず確認すべき3つの事項をご確認ください。


当カテゴリ内の記事一覧

退職金を安全に運用する

太陽光発電で退職金を運用する

退職金・・・。銀行口座に入れておくだけでは目減りする一方。かといって株や金融投資は怖くてしたくない。そんなあなたに太陽光発電投資なんていかがでしょう?ここでは、太陽光発電で退職金を増やす方法をまとめています。

≫詳細ページ

停電時の非常用電源として

停電時の非常用電源

太陽光発電のメリットに非常時の緊急用電源として活用できるということがあげられています。しかし、停電の際に太陽光発電は本当に役立つのでしょうか?また、どのようにすればよいのでしょうか?解説しました。

≫詳細ページ

確実に儲ける方法

確実の儲ける方法

太陽光発電は、空前の投資ブームとなっています。ここでは、太陽光発電を活用することで、確実に利益を上げて儲ける方法について紹介しています。

≫詳細ページ

新築か後付けか

新築か後付けか

太陽光発電は、家を新築する際に導入したほうが得なのでしょうか?それとも家を建てた後に導入したほうが得なのでしょうか?解説しました。

≫詳細ページ

リスクなく増税時代を生き抜く法

増税時代をリスクなく生き抜く

2014年4月消費税が8パーセントに増税されました。2015年10月には10パーセントに引き上げられる予定です。国債発行額と税収から考えても、消費税だけでなくさまざまな税が上がることは間違いない流れといえます。そんな大増税時代に、太陽光発電を活用してリスクなく安定収入を作る方法を紹介します。

≫詳細ページ

年金対策に

年金対策として

太陽光発電で年金対策をしようという動きが広がっています。どうして太陽光発電が年金になるのでしょうか?そのからくりを探っていきます。

≫詳細ページ

正しい販売店の見極め方

正しい販売店の見極め方

太陽光発電においては、優良な販売業者を見極めることが何よりも大切になります。太陽光発電の場合、買って終わりというものではなく、メンテナンスや製品・工事の保証など、買ってからが業者の姿勢が問われるものです。ここでは、正しい「優良業者」の見極め方について解説したいと思います。

≫詳細ページ

値引き交渉で利益を最大化する方法

値引き交渉術

どうせ太陽光発電を導入するなら、できるだけ安く導入したいと思いますよね?その際に大切になるのが、値引き交渉になります。ただ安ければそれでいい、っていうものではないからこそ、長くお付き合いする必要があるからこそ、知ってて欲しい交渉術です。

≫詳細ページ

いつ導入するのがベストか

いつ導入するのがベストか

太陽光発電は、いつ導入するのがベストなのでしょうか?初期費用は年々安くなる、けれど補助金や全量買取制度の価格も安なる、製品のレベルはどんどんよくなる、でも導入しなけりゃ機会ロスになる。そんなジレンマを完全解消いたします!

≫詳細ページ

収益を最大化する方法

収益を最大化する方法

太陽光発電で収益を最大化するためにはどうしたらよいでしょうか?ここでは、あなたが太陽光発電を導入してもっとも大きな利益を得ることができるようにするための具体的な方法を紹介します。産業用・住宅用ともに適用可能です。

≫詳細ページ

見積もりに妥当性は?

見積もりの妥当性は

太陽光発電は、セミオーダーメード商品のため、単に見積もりを取得しただけでは、その価格の妥当性を検証することができません。ここでは、見積もりの妥当性を見極める方法を解説しています。

≫詳細ページ

販売業者の裏話

太陽光発電の裏話

太陽光発電の販売業者にまつわる裏話を紹介しています。絶対に得をしたいという方は、この記事を読むまで太陽光発電は買わないでください。

≫詳細ページ

最適な設置容量は?

最適な設置容量は?

太陽光発電を導入する際に、どれくらいの大きさの容量を設置したらよいか迷っている方も多いと思います。ここでは、容量を検討する際に注意すべきことと判断基準について解説しました。

≫詳細ページ

現状どうなの?

現状どうなの?

今、太陽光発電を導入することは得策なのでしょうか?それとも別の買い時が存在するのでしょうか?ここでは、太陽光発電の現状を、ユーザーの視点にたって正確な情報を中立の立場で提供して参ります。

≫詳細ページ

2013年に採算取るには?

2013年情報

2013年に太陽光発電を設置して採算をとるためにはどうしたらよいでしょうか?全量買取制度の買取単価を含むたくさんの要素を勘案して解説していきます。まだ導入を迷っている方へ必見の内容となっています。

≫詳細ページ

必見活用術TOP

太陽光発電活用術TOP

太陽光発電を導入することによって得られるメリットはさまざまあります。ここでは、そんなメリットをどのように活用したらよいかをまとめました。導入を検討している方必見の太陽光発電活用術です。

≫詳細ページ

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ