太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電を設置を依頼する業者は信頼できますか?

なたが太陽光発電の発注をしようと考えている業者さんは、本当に信頼できる会社でしょうか?太陽光発電は、業者選びがすべてといってよいくらいに、どの販売店から購入するかがとても大切です。


なぜなら、どのメーカーのどの製品をどれだけ設置するか、という非常に重要な事項を一緒に考えてくれるのは、販売店ですし、あなたの気づかない迷いやニーズを引き出すのも販売店、そして、設置後10年以上にわたってメンテナンスしてくれて、太陽光発電からの利益を継続的に獲得しつづけて、最大のメリットを享受できるようにサポートしてくれるのも販売店だからです。


※このページは、既に業者へ発注をするかどうか最終判断をする段階にいらっしゃる方向けですが、これから販売店選びをされる方にとっても示唆に富んだ内容となっていると思いますので、ぜひ最後までご覧下さい。


あなたが今、まさに発注をかけようとする業者は信頼できる業者ですか?

そもそもどうしてその業者に発注をかけるのでしょうか?

その業者に太陽光発電を発注するに至るということは、恐らくいろいろな経緯があると思います。過去において私が見てきた、たくさんの成功事例、失敗事例でもいろいろなケースがありました。


たとえば、訪問販売のセールスの方が突然きて、話をしたら意気投合して・・・とか、近所の知り合いの方が工務店や電気屋さんをやっていて付き合いもあるし・・・とか、たまたまチラシが入った地元の業者に見積もりをとってよさそうだから・・・とか、インターネットでたまたま見た広告から見積もりを一社とってみてよさそうだから・・・とか、本当に千差万別です。


その方、その方によって、業者を選定したきっかけ、理由はさまざまです。


全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




業者選び、急いてはことをし損じる

でも、ちょっと待って下さい!


少なくとも数百万円かかる工事です。初期費用だけでなく導入後の発電量のこととか、メンテナンスのこととか勘案すると、選ぶ業者によっては、導入と運用合わせると100万円単位の金額が変わる可能性があります。一度立ち止まって、少し検討してみてください!


もしかしたら、もっと安く、かつ安心に、長期にわたってあなたに利益をもたらす業者から導入することができるかもしれません。


最低数社から相見積もりをとってください。価格だけでなく、導入後のシミュレーション、メンテナンスについて比較検討してみてください。長くお付き合いできる信頼できる業者か検討してください。本音で話せる業者さんでしょうか。


※採算性を確認する方程式は太陽光発電の採算基準でご確認下さい。


多少の差違であれば、お好きなところに発注して頂けたら結構です。でも、大きく金額が変わってくるようなら・・・考え直してみるのも一つだと思います。


そして、もう一度、振り返って見て下さい。


太陽光発電を導入する目的は何でしたか?


ここで改めて、太陽光発電導入前に確認すべき3つの事項をおさらいしておきましょう。


そして、しっかりと目的が確認した上で、まだ3社以上の見積もりを取得していないなら、目的を遂げるための最善の

選択をして頂けたら幸いです。その場合は、《全国対応》太陽光発電無料一括見積り~他サイトより高けれはご一報ください~で見積もり依頼をかけて比較検討して下さい。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

発注する業者は信頼できますか|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

太陽光発電を設置する目的は何ですか?|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト
太陽光発電を設置する前に確認しておくべチェックポイントの1番目、「導入の目的を明確にする」について解説しました。一番大切になるポイントなので、しっかりと押さえてください。
あなたの目的を遂げることができますか?
太陽光発電を設置する前に確認しておくべチェックポイントの2番目は、あなたの設置場所で目的を遂げることができるのか、太陽光発電は本当に効果的かの基準を知って下さい。
最終的に導入の判断は自己責任
太陽光発電を設置するか否かの決断を下すのは、最終的なあなたです。他の誰でもないあなたが、さまざまに溢れる情報を元に決断する以外の方法はありません。結局何がどうであったとしても、自己責任になってしまうからこそ、どんな情報を選択するかは、極めて重要になるわけです。