太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電のメリット・送電効率と電力需要に対するメリット

陽光発電のメリット4番目に挙げられるのは、送電効率の良さと電力需要に対して貢献できるという点でしょう。送電効率の良さとは、簡単に言うと、地産地消(自宅で電気を使って、自宅で消費すること)であり、電力需要に対して貢献するとは、電気を消費する側から供給する側に回るということです。

この記事では、太陽光発電の送電効率の良さ=効率性と、電力ニーズに対応することの2点をそれぞれの観点から探っています。


電気だって移動する際に消耗する

電気は、発電所で作られてから自宅に届けられるまでの間、非常に長い距離を送電線を通って運ばれます。長い距離は太い電線で運ばれて各地の変電所で家庭で使える100Vに変換されて送電されます。長距離は高圧電線で、変電所からはよく見かける一般的な電線によって運ばれます。

実は、その送電線を電気が通っている間、非常に多くのロスを生むのです。

それは、送電距離が長くなればなるほど、その距離の比例して大きくなります。


例えば、似たような経験がインターネット接続の世界でも見ることができます。現在ブロードバンドと言われる、光ファイバーやADSLという通信回線を利用される方が多いと思います。高速通信と言われる通信方式で、下り最大100Mbpsとか1,000Mbpsなどとうたわれていると思います。

ところが、自宅に設置してみて、速度を計測してみると10Mbps程度しか出ていないなんてことはザラです(ベストエフォート型といって提供速度と実際にサービスとして受けられる速度に相違があるのを前提としたサービスです)。

それはなぜかというと、NTTの基地局~自宅まで、自宅のケーブルジャックからパソコンまでの間で、さまざまな干渉を受けて通信システムにロスが生じスピードが遅くなるからです。

このようで、インターネット通信にしても、電気にしても目に見えないものも、移動する際にはどうしてもロスを生じてしまうものなのです。


これらのロスは、物理的にこれは避けられない仕組みであり、仕方のないことです。

ところが、太陽光発電を導入したならば、自宅の屋根で発電し、それを自宅で利用するわけなので、そのロスを最小限に抑えることができるわけです。

ただし、逆に売電の場合は、自宅から電力会社までの送電ロスが生じます。そういう意味で、供給側としてはロスを大きくしてしまうことになりますが、住宅用の場合は、自家使用にも使われるので、全体的なデメリットにはならないと考えられます。※産業用の場合全量売電なので、この観点から言うとネガティブになります。

一方、売電の基準は自宅の売電メーターで計測するので、自宅から電力会社までの送電ロスは電力会社負担になるので、ご安心下さい。つまり、全体的なロスではあるけれど、あなたのロスにはならないということです。


売電メーターというのは、電力会社によって買い取られる電力を計測するメーターです。太陽光発電を設置していない家庭では、一般的に電力量計というメーターが付いています。毎月検針されて、その数字を元に電気代が計算されるものです。これは、電力会社から買った電力を計測するもので、買電メーターとも呼びます。

売電メーターは、太陽光発電を設置して系統連結(逆潮流させる手続き)する際に買電メーターの隣に設置されるもので、売電した電力を計測するために設置されるのです。売電量は、この売電メーターによって計測されるので、売電メータ-から変電所の間でロスが生じても、あなたには影響がないというわけです。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




太陽光発電は、電力の供給者となることができる

また、太陽光発電は、当サイトの想いでも書かせて頂きましたが、一般消費者が自発的に導入することができる、唯一のクリーンエネルギー供給の仕組みです。

地球環境の悪化が叫ばれ、再生可能エネルギーを促進し、原発のようなリスクを極力回避するためには、国任せ、大企業任せだけでは劇的な進歩は望めないと思うのです。なぜなら、ライフラインを司る組織には、常に利権が絡むからです。

大きな設備や仕組みが必要なため、基本的に電力などのライフラインは、一般人では利用者にはならざるを得ませんが、通常供給者にはなりません。常に消費する側にあり、基本的に提供する側にはなれないかったのです。ところが、太陽光発電は一個人がライフラインを供給できる仕組みとなりました。つまり、電気を供給することができるのです。

実際に国や電力会社という影響力の大きな力が動くこと、大きな一歩を進むのは、非常に大変ですが私たち個人には、どうやってもコントロールすることができません。でも、自分の家のことはコントロールできるし、私たちという小さな小さな一歩は、1,000、10,000、1,000,000も集まれば、大きな一歩と同じ威力を持ちます。

日本の未来を担うエネルギー源にとって、私たち一人一人は非力な存在で、大きな影響を与えることはできないかもしれません。東日本大震災やフクシマの件で、反原発、エネルギーの自給といったところで、たいした力は持たないでしょう。


でも、私たちは非力かもしれないが、無力ではない!


無力はいくら集まっても、無力ですが、非力は数が集まれば大きな力、大きなムーブメントになります。反原発というだけ、理想論を語るだけでは、何も生み出さないかもしれませんが、太陽光発電を導入するということは、非力な一歩を踏み出して、意見を主張することでもあります。
私は、非力の集まりは歴史を動かすと思っています。


イギリス植民地下にあったインドにおいて、非暴力で有名なガンジーは、当時イギリスの専売制を敷かれ搾取されていた塩の自由化を求めました。しかし、非力なガンジーは全く受け入れてもらえませんでした。

あるときガンジーは、仲間たち8人と塩を買わないで自分たちで作る運動をはじめました。いわゆる塩の行進です。

専売制下で塩を作ることは御法度で刑罰の対象でした。でもガンジーは決行したのです。最初8人だった仲間たちは、少しずつ仲間を増やし、終いには数万人規模に昇りました。当初武力で鎮圧を図ったイギリスもすの数が手に負えなくなり、ガンジーはイギリス本国に招かれ交渉の権利を得たのです。


私たちもクリーンな電力の供給者になれる

そして、自家使用することで、送電ロスも減らすことがえきる。


これが、今回お伝えしたかったことです。

一方で、あなたが犠牲になって人生をおかしくしてまで、太陽光発電は導入すべきものではありません。また、太陽光発電は導入した人も得するようにできています。これだけは抑えておきたい設置のポイントをご覧になられて、ぜひ導入を検討されてみてください。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

メリット4・送電効率と電力需要の効率性|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

メリット1・経済的な利益
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち一番目として、経済的な利益についてお伝えしています。多くの方が目的とされることですが、「どういう状態が利益なのか」を明確にされていない方がほとんどいませんので、しっかりとご確認ください。
メリット2・地球環境負荷の軽減
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち地球環境負荷への軽減についてお伝えしています。太陽光発電は再生可能エネルギーのもっとも有力な発電方法の一つです。代替えエネルギーとして利用されることで、地球環境への負荷を軽減します。
メリット3・緊急時の優位性
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち緊急時の優位性についてお伝えしています。東日本大震災後、この緊急時のライフラインの確保は、非常に高い関心の的となっています。固定価格買取制度と併せて太陽光発電の普及の大きな要因となりました。
メリット5・低金利ローンが使えること
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち低金利のソーラーローンを使えることについてお伝えして参ります。市場最安でお金を借りられる時代にあって、太陽光発電のように設置後利益が得られるパターンでは、お金を借りて運用するのみ非常に効果的です。
メリット6:家族が喜ぶ
ここでは、一般的な太陽光発電のメリットの6番目:番外編としまして、直接的に太陽光発電がもたらすわけではない、副次的なメリットを紹介したいと思います。それは、家族が喜ぶということです。
メリット7:使用電力の可視化で10%節電になる
7番目のメリットは、あまり注目されていない太陽光発電の効果なのですが、電力の発電、使用量が可視化することで、意識的に節電するようになり、平均で10%も電気の使用量が減るというものです。
メリット8・今なら高額な補助金が助成される
太陽光発電は、今導入すれば最低でも導入価格の1割程度の補助金をもらって始めることができ、さらに向こう10年間電気利用者から援助してもらいながら設備を維持管理できるという大きなメリットがあります。
メリット9:設置場所を選ばない
太陽光発電のメリットの9番目は、設置場所を選ばないということです。現在の設置場所のメインは、屋根ですが、更地や倉庫の上、カーポートの上など、多種多様な場所に設置することができます。もしかしたら、あなたが持っている場所で、思いもよらないところに設置できたりするかもしれません。
メリット10:光熱費を削減できる
太陽光発電を導入することで、間違いなく光熱費を削減することができます。なぜなら、太陽光発電は太陽光が照射されれば電気を発電するからです。ここでは、どれだけ削減できるのか、解説したいと思います。
メリット11:遮熱効果で冷暖房費を節減できる
太陽光発電を屋根に設置すると、夏は日差しを防ぐ遮熱効果で2階室内の温度の上昇を抑えることができます。逆に冬は、室内の暖かい空気が、室外の冷たい空気と交わらことで、気温の下落を防ぐことができます。このようにして、冷暖房費を抑制することにつながるのです。