太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

国や電気の利用者が太陽光発電導入を援助してくれる仕組み

陽光発電は、固定価格買取制度という国からの支援をもらうことができる仕組みです。固定価格買取制度(いわゆる全量買取制度)という国が定める制度でありながら、実際の財源は、電気の使用者たる個人や法人ということになっています。再生可能エネルギー賦課金として、すべての電気利用者に課金されているものです。
再生可能エネルギー賦課金
2013年度までは太陽光発電導入支援補助金という制度も利用できましたが、2014年度以降は廃止されています。太陽光発電の設置費用自体が低下したため、補助金がなくても十分以上のメリットを得られるようになったことが要因です。ただし、2015年度現在は、地方自治体からの補助金はまだ多くの自治体で残っているところが多いです。→各都道府県情報補助金情報ページを参照ください。


再生可能エネルギー賦課金のはこのように課金されています

現在の日本では、一家庭あたり、数百円程度ですが、先に固定価格買取制度を実施していたドイツでは、1,000円以上になっています。

全量買取制度は、固定価格で住宅用だと10年間、産業用だと20年間保証されることになるため、制度が存続する限りこの賦課金は、なくなることはありませんし適用される案件が増えれば増えるほど、金額もあがっていく性質をもっており、近い将来日本でも賦課金が高額になると試算されています。現実的に、すでに政府内では問題として提起されており、固定価格買取制度の見直しがはじまっています。
主に2014年までに産業用太陽光発電が急激に増加したことが要因です。すでに設備認定された方は、固定価格買取期間は問題ありませんが、これから検討される方や申請される方は、来年度以降大きく制度が変わることもあります。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




どうせだったら負担する側ではなく、もらう側になってみるとどうか?

太陽光発電を設置する際に導入される補助金は、2013年度で廃止になり、全量買取制度の買取単価は、2012年の42円から2013年度の38円、さらに2014年度の37円、2015年度は35円・33円と下がっていますが、通常購入する電力は24円程度だということを考えるとまだまだ魅力的といってよいでしょう。
※各電力価格は、1kWhあたりの単価を現します。

とても利己的に聞こえるかもしれませんが、私は制度がある以上その制度は利用するに越したことはないと思います。

もし太陽光発電を導入しないとするならば、あなたは再生可能エネルギー賦課金を通して、太陽光発電を導入した人へお金を提供し続けることになります。逆に太陽光発電を導入したとすれば、いろいろな人たちからお金をもらうことになるのです。

つまり、太陽光発電は現在の日本にとって、もっと大きくいえば人類にとって、持続可能なエネルギー源として、いろいろな人から資金を強制的に出し合ってでも、普及させなくてはいけない命題だということができるのです。

地球環境のため、人類のため、日本国家のために役立つことができて、さらに自分たちも得をする・・・こんなよいしくみ使わない手はないのではないでしょうか?


最終的に本当に得するのかどうかを見極めなくてはいけない

そうはいっても、太陽光発電はだれでもが導入できるものではありません。そして、導入できた人すべてが利益を得られるわけではありません。太陽光発電を導入できて、メリットを得られる方というのは、一定の条件があるのです。

まず、あなたが太陽光発電を設置できるだけの「スペース」を所持しているか、もしスペースを所持していなければ、自己所有しているスペース以外のところに、 スペースを確保するか、分譲型の太陽光発電を購入する必要があります。当然、最低でも太陽光発電を導入するだけの資金が必要になりますし、スペースのない人はさらに多くのお金を用意する必要が出てきます。

不動産と資金調達能力の二つの要件を満たす必要があるのです。

資金調達能力とは、自己資金を持っているか、金融機関からお金の融資をもらえることです。

スペースがなくて、自宅や自己所有の不動産以外の場所で太陽光発電を運営するのであれば、「設置場所」を選ぶことができるので、より都合の良い場所を探せばよいのですが、自己所有のスペースに太陽光発電を導入するのであれば、そのスペースに太陽光発電を設置して、実際にどれだけの収益を上げることができるのかを見極める必要があります。必ずしもその場所が太陽光発電を導入してメリットになる条件を満たしているとは限らないからです。

日照条件等によっては、設置しても十分な利益を得られるだけ、発電量を確保することが出来ない可能性だってあるからです。

そういう背景から、太陽光発電を設置して再生可能エネルギー賦課金を支払う側から、もらう側へシフトするための検証作業をし始めることをおススメします。
そのためには、まず、見積もりとシミュレーションを取得して採算性を確認するをご覧頂くことをお勧めいたします。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

メリット8・今なら高額な補助金が助成される|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

メリット1・経済的な利益
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち一番目として、経済的な利益についてお伝えしています。多くの方が目的とされることですが、「どういう状態が利益なのか」を明確にされていない方がほとんどいませんので、しっかりとご確認ください。
メリット2・地球環境負荷の軽減
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち地球環境負荷への軽減についてお伝えしています。太陽光発電は再生可能エネルギーのもっとも有力な発電方法の一つです。代替えエネルギーとして利用されることで、地球環境への負荷を軽減します。
メリット3・緊急時の優位性
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち緊急時の優位性についてお伝えしています。東日本大震災後、この緊急時のライフラインの確保は、非常に高い関心の的となっています。固定価格買取制度と併せて太陽光発電の普及の大きな要因となりました。
メリット4・送電効率と電力需要の効率性
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち送電効率と電力需要に対するメリットついてお伝えしています。自宅で発電して自宅で使うので、非常に効率がよいのは直感的にわかるかと思います。
メリット5・低金利ローンが使えること
太陽光発電を設置することの11のメリットのうち低金利のソーラーローンを使えることについてお伝えして参ります。市場最安でお金を借りられる時代にあって、太陽光発電のように設置後利益が得られるパターンでは、お金を借りて運用するのみ非常に効果的です。
メリット6:家族が喜ぶ
ここでは、一般的な太陽光発電のメリットの6番目:番外編としまして、直接的に太陽光発電がもたらすわけではない、副次的なメリットを紹介したいと思います。それは、家族が喜ぶということです。
メリット7:使用電力の可視化で10%節電になる
7番目のメリットは、あまり注目されていない太陽光発電の効果なのですが、電力の発電、使用量が可視化することで、意識的に節電するようになり、平均で10%も電気の使用量が減るというものです。
メリット9:設置場所を選ばない
太陽光発電のメリットの9番目は、設置場所を選ばないということです。現在の設置場所のメインは、屋根ですが、更地や倉庫の上、カーポートの上など、多種多様な場所に設置することができます。もしかしたら、あなたが持っている場所で、思いもよらないところに設置できたりするかもしれません。
メリット10:光熱費を削減できる
太陽光発電を導入することで、間違いなく光熱費を削減することができます。なぜなら、太陽光発電は太陽光が照射されれば電気を発電するからです。ここでは、どれだけ削減できるのか、解説したいと思います。
メリット11:遮熱効果で冷暖房費を節減できる
太陽光発電を屋根に設置すると、夏は日差しを防ぐ遮熱効果で2階室内の温度の上昇を抑えることができます。逆に冬は、室内の暖かい空気が、室外の冷たい空気と交わらことで、気温の下落を防ぐことができます。このようにして、冷暖房費を抑制することにつながるのです。