太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電のしくみを知ってますか?

どうして太陽光発電システムは、太陽光を浴びると発電するのでしょうか?
太陽光発電のしくみや、発電するメカニズムを知ることって大事でしょうか?
いつか年数が経過すると発電量は落ちてしまうのではとお思いではないでしょうか?

正直なところ、ユーザーにとって大切なことは、太陽光発電を活用してどうするのか、について知ることですし、しくみを知ることはそんなに大きな意味を持ちません。


例えば、あなたはどういうしくみで、冷蔵庫は冷やされるのかを知らないまま、毎日冷蔵庫をつかっていますし、壊れたら買い換えると思います。テレビだってそうだし、電子レンジだってそうだと思います。ほとんどの電化製品や、もっと広くいうと洗剤や石鹸まで、あらゆるものの、原理とかしくみなんていうのは、わからないままその機能を購入し活用しています。
同じように太陽光発電についても仕組みを知ることなく、あなたはその機能を活用することが十分に可能です。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




しかし、ここではあえて、簡単に太陽光発電のしくみについてお伝えしたいと思います。 なぜならば、どうしてこんなに太陽光発電が長期間耐久するかを知っていただくためです。 当然、興味のない方もあると思うので、そういう方はさらっと読み流して頂けたらと思います。


太陽光発電のしくみ

http://www.n-roof.co.jp/solar/shikumi.htmより引用

太陽光発電は、シリコンを代表とする半導体を活用して発電します。半導体には、プラスの電気を帯びたp半導体と、マイナスの電気を帯びたn半導体があります。

p半導体には、正孔と呼ばれるプラスの電気を帯びた粒子があり、n半導体には、電子と呼ばれるマイナスの電気を帯びた粒子があります。

この二つの半導体を組み合わせて太陽光発電セルを作るのですが、その時に、pとnの半導体間で正孔と電子の移動が起こります。これが発電の仕組みです。

どういうことかというと、次のとおりです。

電子はp半導体に向かって動き、正孔はn半導体に向かって動きます。そして、それぞれの場所で落ち着き、半導体の間に空乏層という領域ができます。その状態で太陽光セルは内蔵電界と呼ばれる電界を帯び、安定します。そこに太陽光が照射されるとセル内に電子と正孔が流れ込み、再び、電子はp半導体の方へ、正孔はn半導体の方に流れていきます。するとセルが満タンになって正孔と電子が外に溢れ出すわけです。

これが、太陽光パネルが発電するメカニズムです。

この発電の際に、半導体は何ら動くこともないので、摩耗することがありません。

従って、基本的には発電することによって半導体が消耗することはないことになります。よって、太陽光発電システムは、長期にわたって耐久するわけです。

つまり太陽光発電システムは、半導体の内部で電子が移動することによって発電する仕組みであり、まったく駆動しないため、損耗したり消耗したりすることがありません。そのため、太陽光発電システムは何年も発電し続けることが可能になるということです。


以上が太陽光発電の仕組みになりますが、詳しい原理は、太陽光発電を設置して運用するに当たっては特に影響はありません。太陽光が照射されると半導体の「性質」によって、電気が発電される仕組み、これが太陽光発電だと認識だけでよいと思います。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


当カテゴリ内の記事一覧

概要と用語まとめ

太陽光発電のしくみ

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)について基本的な事項を説明しています。太陽光発電とは一体何なのか?どういった仕組みで発電するものなのか?概要と用語の説明で、知っていて損はない基本的事項です。

≫詳細ページ

太陽電池のしくみ

太陽電池のしくみ

ここでは、太陽光発電のしくみについて概略をお伝えしたいと思います。どうして、太陽光がパネルに当たると発電するのでしょうか?答えは、セル内にある半導体にありました。

≫詳細ページ

家庭の電力をすべて賄うには

家庭の消費電力

太陽光発電での電力だけで家庭の電力を賄うことはできるのでしょうか?また、そのためにはどれだけの費用がかかり、どれくらいの規模のソーラーパネルが必要で、その他どんな機器等が必要になるのでしょうか?

≫詳細ページ

パワコンの寿命

パワコンの寿命

太陽光発電システムにおいて、太陽光パネルと並び重要な主要機器の一つといえるのがパワーコンディショナーです。太陽光パネルの寿命が30年程度といわれていますが、 パワーコンディショナーは何年くらいなのでしょうか?

≫詳細ページ

パワコン容量

パワコン容量

太陽光発電の導入を検討している方の中には、いろいろと情報を取得した結果、パワーコンディショナーの性能や容量について不安に思っている方が多くいらっしゃいます。より無駄のない効果的な発電量を得られるためのパワコンの容量についての考え方について解説します。

≫詳細ページ

付帯工事

付帯工事

太陽光発電システムを導入するのには、ただパネルを設置してパワーコンディショナーを取り付けるだけではなくさまざまな付随する工事が必要になります。ここでは、太陽光発電を導入する際の付帯工事について解説して参ります。

≫詳細ページ

太陽電池の増設

太陽電池の増設

すでに太陽光発電を設置している方の中には、パネルを追加・増設を検討している方が多く出てきています。それは、当初不安だったけれど設置してみて、よい思いを体験したからというものが主たるものです。 ここでは、パネルの追加・増設時の注意点をまとめてみました。

≫詳細ページ

太陽電池と屋根

太陽光発電と屋根

家庭用太陽光発電は、基本的に屋根に設置することが多いです。屋根にはさまざまな形状・材質のものがあり、太陽光発電に適している場合と適していない場合があります。状況によっては、リフォームを検討することも必要になるでしょう。

≫詳細ページ

設置工事費用の妥当性

サンプルサイト

太陽光発電を導入する際にかかる初期費用は、大きく分けて太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの機器代金とそれらの設置工事費用、付帯工事費用などが含まれます。提出された見積もりの講じ費用は本当に妥当な価格なのでしょうか?

≫詳細ページ

売電メーターは誰のもの?

売電メーター

太陽光発電を導入して逆潮流の手続きをする際に必ず必要になるのが、売電メーターです。売電メーターは誰のものでしょうか?設置、交換、メンテナンス費用は誰が負担すべきものでしょうか?解説してあります。

≫詳細ページ

太陽電池は蓄電できない

太陽電池は蓄電できない

太陽光発電を導入して逆潮流の手続きをする際に必ず必要になるのが、売電メーターです。売電メーターは誰のものでしょうか?設置、交換、メンテナンス費用は誰が負担すべきものでしょうか?解説してあります。

≫詳細ページ

モジュールの種類

太陽電池の種類

太陽光発電(ソーラー・太陽電池)パネルを構成するモジュールの素材による分類をまとめています。各素材ごとの特徴を理解するとより選びやすくなります。

≫詳細ページ

太陽光発電の比較

太陽光発電の比較

太陽光発電システムを導入するにあたり、どのメーカーのどの商品が最もよいのか、そしてそれをどこから購入するのかということを比較する方法を紹介したいと思います。どうせ導入するなら、最も得になる方法で導入したい、そんな方におすすめの方法です。

≫詳細ページ

太陽電池素材の比較

太陽電池素材比較

太陽光発電の導入を選択するにあたって、最も大切なことは販売店選びですが、その販売店でどのメーカーにするのか、どのタイプのモジュールを選択するのか、という点が重要になってきます。当然販売業者が、あなたのニーズにあった商品を提案してくれますが、基礎知識はあるに越したことはないでしょう。

≫詳細ページ

太陽光発電メーカーランキング

太陽光発電ランキング

ここでは、各メーカー毎の代表的な太陽光発電パネルの発電効率を比較して、ランキング形式にまとめました。どのメーカーのパネルがもっともよいかを考える参考にしていただけたら幸いです。

≫詳細ページ

劣化や故障

太陽電池の劣化

太陽光発電は、劣化するのでしょうか?耐用年数があるものなので、劣化するという人もいれば、半永久的に耐久するという方もあります。ここでは、太陽光発電と劣化の関係について整理しました。

≫詳細ページ

単結晶と多結晶の違い

単結晶と多結晶の違い

太陽光発電は、現状シリコンを原材料とするものが主流になっています。シリコンには単結晶と多結晶があります。それぞれどんな特徴があり、どう選ぶのがベストなのでしょうか?違いを検証しました。

≫詳細ページ

太陽光発電の基礎TOP

太陽光発電の基礎トップ

太陽光発電に関する基礎的な情報についてまとめて解説しています。ここに記載している記事を一通り読むことで太陽光発電の基本は大体網羅することができるでしょう。

≫詳細ページ

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル