太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

既にある太陽光発電にパネルを追加・増設したらどうなる??

陽光発電をすでに導入している方で、さらにパネルを追加したり、増設したりを検討している方が増えています。太陽光発電の価格が、ここ数年で劇的に下落しており、費用対効果が格段に向上したためです。(※ただし、導入時に可能な面積すべてに設置してしまった方は、もうパネルを追加したり、増設したりすることは困難です。隣地にスペースを別途準備する必要があります。また買い換え(既存のパネルを撤去して、新規にパネルを敷設すること)というのも、設置後10年未満の場合はトータルコストでマイナスになるで、現状は控えた方が良いでしょう。)


しかし、南側だけ設置していて東や西側にはまだ設置していなかったり、倉庫や離れなどの屋根にまだ設置可能スペースが残っていたりする場合、パネルの追加・増設が可能となります。すでに太陽光発電を導入している方が、増設・パネルの追加を検討する背景には、次のようなケースが多くみられます。

  • 導入時はまだ太陽光発電の良さに半信半疑だった
  • 導入時は予算(与信枠など含)が限られていた
  • 実際の発電量が想定よりもよくて利益が大きかった
  • 家を増設するなど設置可能面積が広がった

いずれにせよ、太陽光発電の増設を検討されている人には、すでに導入した太陽光発電に満足していることが共通項としてあげられます。では、太陽光発電を新設するのではなく、あくまでも「追加」「増設」する場合に、注意すべき点や検討すべき点はどのようなことがあるのでしょうか?

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


全量買取制度の取り扱いについての注意点

太陽光発電を追加・増設した場合に、もっとも気になることの一つが、全量買取制度の適用がどのように処理されるか、ではないでしょうか?

例えば、2012年度に太陽光発電を設置していた方が、2014年に増設した場合、買取価格はいくらになって、固定期間はどれだけになるのか?(どの年度の買取価格が適用されるのか?先に設置したものと後で設置したものとで分かれるか、あるいはどちらかの買取価格で統一されるのか。そして、固定価格買取の期間の起点はいつになるのか。等々)
あるいは、当初4kWだったのが、12kWになった場合、産業用の適用が受けられるのか?などなど、年度によって条件が異なるため、とても気になることと思います。


固定価格買取制度は、太陽光発電を導入して「おいしい思い」をする目玉となる施策です。どう適用を受けるのかによって、追加・増設するかどうか、変わってくるポイントになります。


太陽光発電の追加・増設における固定買取制度の適用方法基本

後から追加・増設された部分の太陽光発電の容量は、当初設置したときの条件に統一される。買取期間は、当初設置時からの期間になる。ただし、余剰電力の買取だったものは、全量買取にならない。


このように確定しています。少しわかりにくいと思いますので、言葉を変えて、具体例を出して解説したいと思います。


【ポイント】

  • 買取価格は、設置時の買取価格が適用されます。
  • 買取期間は、当初設置時を起点として固定期間になります。
  • 全量買取制度開始後の当初設置分については、合計10kW以上で20年固定に。
  • ただし、余剰電力の買取から全量買取にはならない。

この基本がどのように適用されるかを具体例でまとめてみました。

2011年度に4kW設置、2014年度に7kW追加・計11kW 買取価格:48円/kWh 買取期間は、当初設置時から10年間余剰電力の買取扱いとなります。
2011年度に3kW設置、2014年度に4kW追加・計7kW 買取価格:48円/kWh 買取期間は、当初設置時から10年間余剰電力の買取扱いとなります。
2012年度に4kW設置、2014年度に7kW追加・計11kW 買取価格:42円/kWh 買取期間は、当初設置時から20年間余剰電力の買取扱いとなります。
2012年度に3kW設置、2015年度に4kW追加・計7kW 買取価格:42円/kWh 買取期間は、当初設置時から10年間余剰電力の買取扱いとなります。

販売店・メーカーを選ぶときの注意点

太陽光発電を増設する際には、基本的には、当初設置してくれた販売店に、当初設置したパネルと同じメーカーの製品を追加で設置してもらうようにしましょう。

販売店が異なると、あらぬトラブルの原因にもなりかねませんし、設置工事に対する責任の範囲が不明確になってしまうためです。

例えば、当初施工した業者とは違う販売店が増設工事をして、5年経過してから雨漏りした場合に、その原因はどっちにあったんだ?と原因を特定しにくくなったりします。また、異なるメーカーで増設して、同じパワーコンディショナーを使った場合では、メーカー保証が外れてしまうケースも生じてきます。そもそも同じパワーコンディショナーを使えるかどうかを見極める必要もありますし、逆にもう一台パワーコンディショナーを導入するのも費用がかさみます。

そういう背景から、よほどのことがない限りは、当初と同一の販売店・同一のメーカー製品で追加・増設されることをおススメします。


ちなみに、太陽光発電を増設して産業用太陽光発電になった場合は、増設分のみがグリーン投資減税の対象となります。※2016年現在、グリーン投資減税は受付終了しています。
グリーン投資減税とは?参照ください。


以上のように、太陽光発電を後から追加してり増設したりすることは可能ですが、当初にまとめて設置するのに比べると、工事回数が倍になるうえ、配線工事も一部やり直す必要が出てきたり、パワーコンディショナーの容量を大きいものに変更したり、さまざまに余分な費用が発生してきます。


太陽光パネルの相場の下落や性能向上を期待していて、一部を先に導入して、将来追加で増設したいと考えている方もいらっしゃると思いますが、費用対効果を考えるとあまり得策ではないといってよいでしょう。

いくらパネルが安くなって、発電効率があがったとしても、工事費用の増加分を吸収できないことと、発電機会のロスが、要因としてあげられます。

太陽光発電をいつ導入するのがベストかについての考え方については、いつ導入するのがベストか?に詳しくまとめてあるのでご参照ください。

スポンサードリンク


当カテゴリ内の記事一覧

概要と用語まとめ

太陽光発電のしくみ

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)について基本的な事項を説明しています。太陽光発電とは一体何なのか?どういった仕組みで発電するものなのか?概要と用語の説明で、知っていて損はない基本的事項です。

≫詳細ページ

太陽電池のしくみ

太陽電池のしくみ

ここでは、太陽光発電のしくみについて概略をお伝えしたいと思います。どうして、太陽光がパネルに当たると発電するのでしょうか?答えは、セル内にある半導体にありました。

≫詳細ページ

家庭の電力をすべて賄うには

家庭の消費電力

太陽光発電での電力だけで家庭の電力を賄うことはできるのでしょうか?また、そのためにはどれだけの費用がかかり、どれくらいの規模のソーラーパネルが必要で、その他どんな機器等が必要になるのでしょうか?

≫詳細ページ

パワコンの寿命

パワコンの寿命

太陽光発電システムにおいて、太陽光パネルと並び重要な主要機器の一つといえるのがパワーコンディショナーです。太陽光パネルの寿命が30年程度といわれていますが、 パワーコンディショナーは何年くらいなのでしょうか?

≫詳細ページ

パワコン容量

パワコン容量

太陽光発電の導入を検討している方の中には、いろいろと情報を取得した結果、パワーコンディショナーの性能や容量について不安に思っている方が多くいらっしゃいます。より無駄のない効果的な発電量を得られるためのパワコンの容量についての考え方について解説します。

≫詳細ページ

付帯工事

付帯工事

太陽光発電システムを導入するのには、ただパネルを設置してパワーコンディショナーを取り付けるだけではなくさまざまな付随する工事が必要になります。ここでは、太陽光発電を導入する際の付帯工事について解説して参ります。

≫詳細ページ

太陽電池の増設

太陽電池の増設

すでに太陽光発電を設置している方の中には、パネルを追加・増設を検討している方が多く出てきています。それは、当初不安だったけれど設置してみて、よい思いを体験したからというものが主たるものです。 ここでは、パネルの追加・増設時の注意点をまとめてみました。

≫詳細ページ

太陽電池と屋根

太陽光発電と屋根

家庭用太陽光発電は、基本的に屋根に設置することが多いです。屋根にはさまざまな形状・材質のものがあり、太陽光発電に適している場合と適していない場合があります。状況によっては、リフォームを検討することも必要になるでしょう。

≫詳細ページ

設置工事費用の妥当性

サンプルサイト

太陽光発電を導入する際にかかる初期費用は、大きく分けて太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの機器代金とそれらの設置工事費用、付帯工事費用などが含まれます。提出された見積もりの講じ費用は本当に妥当な価格なのでしょうか?

≫詳細ページ

売電メーターは誰のもの?

売電メーター

太陽光発電を導入して逆潮流の手続きをする際に必ず必要になるのが、売電メーターです。売電メーターは誰のものでしょうか?設置、交換、メンテナンス費用は誰が負担すべきものでしょうか?解説してあります。

≫詳細ページ

太陽電池は蓄電できない

太陽電池は蓄電できない

太陽光発電を導入して逆潮流の手続きをする際に必ず必要になるのが、売電メーターです。売電メーターは誰のものでしょうか?設置、交換、メンテナンス費用は誰が負担すべきものでしょうか?解説してあります。

≫詳細ページ

モジュールの種類

太陽電池の種類

太陽光発電(ソーラー・太陽電池)パネルを構成するモジュールの素材による分類をまとめています。各素材ごとの特徴を理解するとより選びやすくなります。

≫詳細ページ

太陽光発電の比較

太陽光発電の比較

太陽光発電システムを導入するにあたり、どのメーカーのどの商品が最もよいのか、そしてそれをどこから購入するのかということを比較する方法を紹介したいと思います。どうせ導入するなら、最も得になる方法で導入したい、そんな方におすすめの方法です。

≫詳細ページ

太陽電池素材の比較

太陽電池素材比較

太陽光発電の導入を選択するにあたって、最も大切なことは販売店選びですが、その販売店でどのメーカーにするのか、どのタイプのモジュールを選択するのか、という点が重要になってきます。当然販売業者が、あなたのニーズにあった商品を提案してくれますが、基礎知識はあるに越したことはないでしょう。

≫詳細ページ

太陽光発電メーカーランキング

太陽光発電ランキング

ここでは、各メーカー毎の代表的な太陽光発電パネルの発電効率を比較して、ランキング形式にまとめました。どのメーカーのパネルがもっともよいかを考える参考にしていただけたら幸いです。

≫詳細ページ

劣化や故障

太陽電池の劣化

太陽光発電は、劣化するのでしょうか?耐用年数があるものなので、劣化するという人もいれば、半永久的に耐久するという方もあります。ここでは、太陽光発電と劣化の関係について整理しました。

≫詳細ページ

単結晶と多結晶の違い

単結晶と多結晶の違い

太陽光発電は、現状シリコンを原材料とするものが主流になっています。シリコンには単結晶と多結晶があります。それぞれどんな特徴があり、どう選ぶのがベストなのでしょうか?違いを検証しました。

≫詳細ページ

太陽光発電の基礎TOP

太陽光発電の基礎トップ

太陽光発電に関する基礎的な情報についてまとめて解説しています。ここに記載している記事を一通り読むことで太陽光発電の基本は大体網羅することができるでしょう。

≫詳細ページ

あなたにオススメのページ