太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電の性能を表す変換効率の高いメーカーランキング

発電効率ランキング

陽光発電は、太陽光が照射されて電力を発電する仕組みです。 日射量が多ければ多いほど、発電量が多くなるのでメリットは大きくなります。


であれば、同じ日射量の中で、できるだけ多く発電するほうがよいですよね?


実際のところ、太陽光発電はさまざまなメーカーが存在しており、それぞれのメーカーが異なる技術で太陽光パネルを作っています。当然、それぞれのパネルに特徴があり、同じ条件であっても発電量は異なります。


ここでは、太陽光発電の性能を示す一つの指標である変換効率をメーカー毎に整理して、効率の高いものからランキング形式でまとめてみました。また、通常太陽光パネルは温度が高くなりすぎると発電量が少なくなる特性をもっていますが、原料素材によっては、その特性が軽減されるものもあります。


そのため、一概に発電効率が高いものが、もっともよいとは言い切れるものではなく、あくまでも設置場所に適したパネルメーカーを選ぶことが必要になります。


つまり、最終的には見積もりとシミュレーションの比較をすることなしにどのメーカーのどの製品を購入するかということは決められませんが、(もっというと太陽光発電を導入するか否かというそもそもの判断も含めて)ひとつの選択の目安としてランキングを利用して頂けたら幸いです。


変換効率とは・・・?

太陽光発電は、光エネルギーを電気に変換する仕組みです。


変換効率とは、太陽光パネルに照射された光エネルギーのうちの「どれだけの割合」を電気に変換することができるかということを表現した数値のことで、正式の名称を光電変換効率と呼びます。


太陽光パネルは、モジュール(一枚のパネル)単位で製品化されていますので、モジュール変換効率を一般的に採用します。モジュール変換効率は、モジュール1平方メートルあたりの変換効率を指し、 下に示す計算式で求めることができます。


変換効率=出力電気エネルギー ÷ 入射する太陽光エネルギー × 100%


ただし、さまざまな条件によって変換効率は変わってきますので、メーカーや製品毎に比較ができるように、基準状態が定められています。(この基準は世界共通になっています。)


その基準をSTCと呼びますが、それは以下状態と定められています。

  • エアマス1.5 
  • 太陽電池温度25℃ 
  • 日射強度1kW/平方メートル

※エアマスとは、地球大気に入射する直達太陽光が通過する路程の、標準状態の大気(標準気圧 1013hPa)に垂直に入射した場合の路程に対する比。エアマス1.5とは、日本付近の緯度の地上における平均的なスペクトルとして用いられます。


スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。



変換効率ランキング

ランキング メーカー名 型番 変換効率
1位 東芝(米サンパワー社) SPR-250NE-WHT-J 20.1%単結晶モジュール
2位 シャープ(米サンパワー社) NB-245AB 19.7%単結晶モジュール
3位 パナソニック 250α 19.5%HITハイブリッド
4位 長州産業 CS-N240SJ02 18.7%HITハイブリッド
5位 イーソーラー ----- 18.6%単結晶モジュール
6位 GWソーラー GW-150A 18.4%単結晶モジュール
6位 三菱 PV-MA2200K 18.4%単結晶モジュール
8位 ハンファQセルズジャパン SF160 MONO x-tra 17.9%単結晶モジュール
その他 京セラ KS242P-3CF3CE 14.71%多結晶モジュール
その他 ソーラーフロンティア メーカーサイトに記載なし CIS(実発電量勝負と)

※2014年5月28日調べです。2016年11月10日更新


まだ製品化されていませんが、研究段階では、次のような発表がなされています。

  • 京セラ 多結晶モジュール変換効率18.6%達成(2014年2月25日)
  • ソーラーフロンティア CIS技術で変換効率20.9%達成(2014年4月2日)
  • パナソニック HIT世界最高変換効率25.6%達成(2014年4月10日)

これらの研究成果が実際に流通している製品に適用されるには、まだまだ時間がかかることと思いますが、それでも明るいニュースということができるでしょう。


どのメーカーのどの製品を選ぶか?

各メーカー毎に変換効率を比較ランキングすると皆東芝にすればよいじゃないか、という話になりそうなのですが、話はそんなに単純でもないのです。


先にもお伝えしましたが、上記変換効率は基準条件における発電量が多くなることを示しており、実際にところは温度や日射量などがものすごく変わってきます。


そうすると当然、発電量や変換効率が変わってくることになります。


例えば、夏場の太陽光パネル内部は80度近くなるといわれています。


当然、ものすごく発電効率が低下するのですが、ソーラーフロンティアのCISやパナソニックのHITは、そういう劣悪な条件下でも、発電量の低下が抑えられるという特性があります。そういう意味で、ソーラーフロンティアは変換効率ではなく、実発電量で勝負!とHPで謳っており、変換効率が表示されていないようです。


また、どれだけ変換効率や実発電量がよいとしても、導入価格が高くなりすぎては意味がありません。


以上の背景からきちんと比較検討して選ぶことをおすすめします。


詳しくは、太陽光発電で最も費用対効果が高くなる導入方法を参照ください。

スポンサードリンク


当カテゴリ内の記事一覧

概要と用語まとめ

太陽光発電のしくみ

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)について基本的な事項を説明しています。太陽光発電とは一体何なのか?どういった仕組みで発電するものなのか?概要と用語の説明で、知っていて損はない基本的事項です。

≫詳細ページ

太陽電池のしくみ

太陽電池のしくみ

ここでは、太陽光発電のしくみについて概略をお伝えしたいと思います。どうして、太陽光がパネルに当たると発電するのでしょうか?答えは、セル内にある半導体にありました。

≫詳細ページ

家庭の電力をすべて賄うには

家庭の消費電力

太陽光発電での電力だけで家庭の電力を賄うことはできるのでしょうか?また、そのためにはどれだけの費用がかかり、どれくらいの規模のソーラーパネルが必要で、その他どんな機器等が必要になるのでしょうか?

≫詳細ページ

パワコンの寿命

パワコンの寿命

太陽光発電システムにおいて、太陽光パネルと並び重要な主要機器の一つといえるのがパワーコンディショナーです。太陽光パネルの寿命が30年程度といわれていますが、 パワーコンディショナーは何年くらいなのでしょうか?

≫詳細ページ

パワコン容量

パワコン容量

太陽光発電の導入を検討している方の中には、いろいろと情報を取得した結果、パワーコンディショナーの性能や容量について不安に思っている方が多くいらっしゃいます。より無駄のない効果的な発電量を得られるためのパワコンの容量についての考え方について解説します。

≫詳細ページ

付帯工事

付帯工事

太陽光発電システムを導入するのには、ただパネルを設置してパワーコンディショナーを取り付けるだけではなくさまざまな付随する工事が必要になります。ここでは、太陽光発電を導入する際の付帯工事について解説して参ります。

≫詳細ページ

太陽電池の増設

太陽電池の増設

すでに太陽光発電を設置している方の中には、パネルを追加・増設を検討している方が多く出てきています。それは、当初不安だったけれど設置してみて、よい思いを体験したからというものが主たるものです。 ここでは、パネルの追加・増設時の注意点をまとめてみました。

≫詳細ページ

太陽電池と屋根

太陽光発電と屋根

家庭用太陽光発電は、基本的に屋根に設置することが多いです。屋根にはさまざまな形状・材質のものがあり、太陽光発電に適している場合と適していない場合があります。状況によっては、リフォームを検討することも必要になるでしょう。

≫詳細ページ

設置工事費用の妥当性

サンプルサイト

太陽光発電を導入する際にかかる初期費用は、大きく分けて太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの機器代金とそれらの設置工事費用、付帯工事費用などが含まれます。提出された見積もりの講じ費用は本当に妥当な価格なのでしょうか?

≫詳細ページ

売電メーターは誰のもの?

売電メーター

太陽光発電を導入して逆潮流の手続きをする際に必ず必要になるのが、売電メーターです。売電メーターは誰のものでしょうか?設置、交換、メンテナンス費用は誰が負担すべきものでしょうか?解説してあります。

≫詳細ページ

太陽電池は蓄電できない

太陽電池は蓄電できない

太陽光発電を導入して逆潮流の手続きをする際に必ず必要になるのが、売電メーターです。売電メーターは誰のものでしょうか?設置、交換、メンテナンス費用は誰が負担すべきものでしょうか?解説してあります。

≫詳細ページ

モジュールの種類

太陽電池の種類

太陽光発電(ソーラー・太陽電池)パネルを構成するモジュールの素材による分類をまとめています。各素材ごとの特徴を理解するとより選びやすくなります。

≫詳細ページ

太陽光発電の比較

太陽光発電の比較

太陽光発電システムを導入するにあたり、どのメーカーのどの商品が最もよいのか、そしてそれをどこから購入するのかということを比較する方法を紹介したいと思います。どうせ導入するなら、最も得になる方法で導入したい、そんな方におすすめの方法です。

≫詳細ページ

太陽電池素材の比較

太陽電池素材比較

太陽光発電の導入を選択するにあたって、最も大切なことは販売店選びですが、その販売店でどのメーカーにするのか、どのタイプのモジュールを選択するのか、という点が重要になってきます。当然販売業者が、あなたのニーズにあった商品を提案してくれますが、基礎知識はあるに越したことはないでしょう。

≫詳細ページ

太陽光発電メーカーランキング

太陽光発電ランキング

ここでは、各メーカー毎の代表的な太陽光発電パネルの発電効率を比較して、ランキング形式にまとめました。どのメーカーのパネルがもっともよいかを考える参考にしていただけたら幸いです。

≫詳細ページ

劣化や故障

太陽電池の劣化

太陽光発電は、劣化するのでしょうか?耐用年数があるものなので、劣化するという人もいれば、半永久的に耐久するという方もあります。ここでは、太陽光発電と劣化の関係について整理しました。

≫詳細ページ

単結晶と多結晶の違い

単結晶と多結晶の違い

太陽光発電は、現状シリコンを原材料とするものが主流になっています。シリコンには単結晶と多結晶があります。それぞれどんな特徴があり、どう選ぶのがベストなのでしょうか?違いを検証しました。

≫詳細ページ

太陽光発電の基礎TOP

太陽光発電の基礎トップ

太陽光発電に関する基礎的な情報についてまとめて解説しています。ここに記載している記事を一通り読むことで太陽光発電の基本は大体網羅することができるでしょう。

≫詳細ページ

あなたにオススメのページ