太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

ソーラー経営について

土地や建物の屋根等に設置したソーラーパネルの活用によって太陽光で発電した電力を、既存の電力会社へ売電するビジネスの仕組みです。

法律で定められた「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって、設置したソーラーパネルの発電規模により10年間~20年間の固定価格での売電が可能です。

賃貸住宅経営等の土地活用と比較しても、設置してしまえば、その後の長期的な安定収入が見込めることになります。

ソーラー経営の一般的事例:「未使用農地等の遊休地」→「ソーラー経営」

田舎にあるの農地を相続したものの、農業を継続するつもりはないが、賃貸住宅や駐車場等の需要が見込めない山間エリアのため、毎年、固定資産税・都市計画税分のマイナス出費がかかっていた土地。

⇒ 農地転用利用で、約80kWの発電容量のソーラーパネルを設置し、総額4000万円の整備費用がかかったが、土地を一部売却し、その資金に充てた。 農地転用によって、土地の固定資産税・都市計画税が上がったが、収入が、年間発電量約8万kW×21円(固定買取価格)×8%(消費税)=181.4万円、支出が、土地の税金年間約30万円で、年間収支概算が151.4万円です。 (郊外の遊休地をローンを組まずに、20年間安定した収益化ができた事例)

 


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



新たな土地活用としてのソーラー経営

2012年に制定された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、新たな土地活用としてのソーラー経営に注目が集まっています。

用途の少ない遊休地として放置されていた土地でも、ソーラー経営という新たな選択肢が出来たということです。

例えば

  • 地価が安いエリアの土地を活用したい
  • 人口が少ない地域等住宅や駐車場の需要が見込めない土地を活用したい
  • 投資額を少なく土地活用がしたい人 安定性を最重要したい
  • 転用性を確保しておきたい
  • 地価が安いエリアの土地を活用したい
  • 遊休地を手軽に活用したい
  • 遊休地のまま放ったらかしになっている

等の場合には、ソーラー経営が、最適な土地活用といえます。

このように、土地は所有しているが、郊外の地下の安い土地で特に保有コストも高くないことで、そのまま放置し、遊休地になってしまっているようなケースは意外と多いので、手間がかからずリスクの低いソーラー経営はおすすめです。

  • 人口が少ない地域等住宅や駐車場の需要が見込めない土地を活用したい
  • 田舎の土地のため、賃貸需要があるとは思えない土地はを持て余している
  • 周りにアパートは建っているが、空室だらけで、自分がやるには不安がある
  • 土地活用はしたいが、多額の投資はしたくない
  • 既に賃貸住宅を所有しているので別の土地活用をしたい
  • 駐車場が埋まらなくて困っている
  • コスト面、転用面で、建物は建てたくない

これらのケースでも、ソーラー経営であれば、安定した比較的高利回りな土地活用ができる可能性がありますので、これらのニーズがある場合は、ソーラー経営の可能性を検討されると良いと思います。

ソーラー経営は建物を建てる必要のない数少ない土地活用の一つであり、比較的場所を選ばず全国で安定経営が可能なため、最適な選択肢といえるでしょう。

賃貸住宅以外での土地活用を検討したい場合は、法規さえ満たせば比較的様々な土地に対応可能で非常に安定性が高くエリアによっては他の土地活用よりも高利回りが期待できる場合もあります。

ソーラーであれば、居住権や営業権等も発生しないので、後々、売却や取壊しも比較的容易で、賃貸住宅等よりも初期投資も少なくてすむので、代替案としては最適な活用方法といえます。

太陽光用地関連メニュー

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル