太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

田舎の土地利用での副収入

田舎の、使っていない余った土地がある場合は、それを活用しない手はないと思います。

使い道がない、売れないと決めつけて、固定資産税を払い続けているのに活用されていない土地はありませんか?

ただそのまま所有し続けているだけでは、状況は一向に変わりません。

実際に、そういった土地をうまく有効活用できる方法はどんなものがあるのか?

現状、人気が高く、副収入が期待できる活用法として最も多いのが、企業に委託して賃貸収入を得る活用法です。

例えば、高齢者住宅、アパート・マンション建築、駐車場経営、などで家賃収入を得る方法が副収入を得ながら節税対策にもなるため、人気が高いです。

でも、田舎の土地だから無理だろう・・・と思いがちですが。地元の企業によるその土地に合った見積もりでは、違ってくる場合もあります。

場合によっては初期投資0で始められたりするので初心者向きと言えなくもないでしょう。

ただし、注意点としては、委託する企業はできるだけ多くピックアップしての比較検討をおすすめいたします。

企業によってそれぞれ得意分野が異なるので、あなたの土地に一番合った活用法も違いますので、かならず複数の業者の見積りをとって検討することでリスクを減らすことができ、長期的な安定収入につながります。

田舎の土地にベストな活用方法

  • アパート・マンション建築
    まずメリットとして相続税、固定資産税の節税効果があります。 そしてなんといっても毎月の安定した家賃収入。 超低金利時代といわれる今がチャンスのビジネスです。
  • 駐車場経営
    初期投資が0でも始めることができます。 狭い土地、変形した土地でもトライしやすい。 他のビジネスに転用したり、更地に戻すのも簡単です。
  • 高齢者住宅
    高齢者人口が増加しているので需要がとても高いです。 駅前、などの好立地でなくても大丈夫。 税金の軽減、免除も受けられます。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



有効な土地活用について

基本的に土地活用はどんな土地でもできますが、近隣の相場によって、発生する利益はかなり差が出ます。

アパマン経営、駐車場、高齢者住宅、どれも初期コストはそれなりにかかりますが、 あなたの土地がどんな場所に近隣のニーズがどんなものかに合わせた経営ができるかどうかで収益の金額は違ってきます。

企業を比較して初期コストを減らすためにも、あなたの土地に合わせた経営を選択する土地活用のプロのアドバイザーは必須です。

家賃収入に次いでおすすめなのが太陽光発電を設置して売電収入を得る ことです。

家賃収入に比べて利益が少ないのがデメリットではありますが、田舎の人口が少ない土地でも始められるというメリットもあります。

事前の調査をしっかりと行えば、長期的に利益を出せる手がたいビジネスとなることでしょう。

余っている日当たりの良い土地を活用して産業用の電気として電力会社に買い取ってもらう「太陽光発電事業」で利益を上げる人が増えてきています。

エネルギー問題は今や日本全体の問題で、原発問題の影響もあり発電問題は深刻な社会問題でもあります。

太陽光発電事業を大きなビジネスチャンスとして捉え、自分の土地でどのくらい利益が出せるのかしっかりと計算しておくことが重要です。

「都内に住んでいるのに実家の土地が余ってる」 といった形で土地を放置してしまい、火災保険料や地震保険料を支払い続ける 固定資産税、都市計画税などの出費が発生する 所有している土地が値下がりする可能性などのデメリットを抱えながら土地を遊ばせておくのは非常にもったいない話です。

太陽光用地関連メニュー

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル