太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

田舎の土地活用方法

田舎の土地は比較的地価が安いのですが、親が持っていた土地を相続した場合、相続した人が、固定資産税を納め続けなくてはなりません。
固定資産税は、基本的に土地の評価額に対して一定率で課税される税金であるため、どのような土地でも、税額が安くても、高くても、毎年同じように支払う必要があります。

遊休地の活用方法の「建てて貸す」「土地を貸す」「太陽光発電」それぞれの特徴を把握し、
適切な選択ができるように知識を深めておく必要があります。

相続した土地を、まったく生かせず、税金だけ支払い続けることは、非常にもったいない話ですが、どうしていいか分からず、結果的に放置してしまっているケースもあるようです。

【建てて貸す】

人に貸す建物を建てて、その賃料を得る活用方法です。
始めるにあたり、大きな投資を必要としますが、建物や土地の担保で、ローンでも調達できます。

成功すれば安定的な収益に繋がりますが、条件によってはデメリットも生じますので、運用後のことまで見据えて計画を立てる必要があります。

【土地を貸す】

土地に手を加えることなく、そのままの状態で貸せば、所有者の投資はほとんど不要で、すぐに収入を得られます。

沿道が有利な事業用地もありますが、比較的場所を問わない工場、サービス付き高齢者向け住宅など、広い敷地を必要とするが、交通の利便性があまり問われないため、事業展開したい企業があれば需要はあります。

事業用定期借地権は、10年から50年までの契約期間で、契約満了後は更地で返還されるため、安心して貸せるメリットもあります。

 

 


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



太陽光発電

日照が確保できる土地なら、長期安定収入が見込める注目の太陽光発電がおすすめです。
買取需要以外の第三者による需要を必要としない点で、他の活用方法とは一線を画しており、条件がそろえば運用できます。

太陽光発電の設備は建築物には該当しないので建築基準を満たす必要がなく、ほとんどの遊休地で可能な事業です。

もちろん、無条件とはいきませんが、

  • 日照がある
  • 発電パネル設置用の架台を固定できる地盤がある
  • 電気が通じている 電力会社に買取需要がある
  • 1kWあたり30万円程度の設備資金を用意できる

など。

買取価格が、毎年下がっているという現状は、導入コストが下がった結果でもあり、太陽光発電の認知度は制度開始前よりも高くなってきています。

買取価格の低下は当然のことであり、利益が出る前提の買取制度はいつまで続くか未だはっきりと定まっていません。

遊休地の土地活用は、選択肢は多くても地域における需要や資金調達から、選択できる方法は限られてくるでしょう。

売らない限り手元に残り次世代へと受け継がれていくのが土地なので、出口戦略として将来どうするのか今から計画を立てなければなりません。

不動産として長期的な運用を考えるなら、建物を建てる方法、事業用地として貸す方法、太陽光発電などありますが、土地を自由にできなくなるデメリットを持っています。

流動性をあまり下げず、駐車場や短期の資材置き場として最適な時期を待つのも1つの戦略であり、制度や需要の動向を見誤らないことです。

また、土地の運用だけにこだわらずに現金化することも、土地を資産の1つと捉えた活用方法です。

太陽光用地関連メニュー

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル