太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電に適した土地を見つける方法

用地確保・発電事業の計画の際に気を付けたいこととして、発電事業をより有意義で平和的なものにしなくてはなりません。

山野などを切り崩して太陽光発電を行う例が続出する中森林伐採によって引き起こされる環境破壊や土砂崩れなどが危惧されています。

土砂崩れの危険のおそれがあることで、自治体が反対運動を起こした例もあり、万が一発電所が災害を起こすきっかけとなった場合は、発電事業を売電期間の半ばで切り上げなければいけない事態に陥る可能性もあります。

太陽光発電事業をする際には環境アセスメントは不要とはいうものの、近隣の住民との関係を良好に保っておくことにこしたことはありません。

発電事業を計画する際、より多くの売電収入が得たいというのはどの発電事業者も共通して持つ願いでしょうが、発電事業が地域の災害対策や環境保全により大きく貢献できるかが、自治体や近隣住民からの理解は得らるか否かの重要なポイントとなるでしょう。

単に売電収入だけを目的とした事業以上に地域の災害対策・環境保全に貢献し得る方法はないかと考える余裕を持ちたいものです。

地域の災害対策目的に加えて平常時にピークカットおよび系統への送電を安定化する目的で利用する場合、その発電所の環境貢献度は格段に上がると考えられますので、蓄電池の併設もぜひ検討していただきたいものです。

また、環境に配慮した製品選びを考えた時に、運搬にかかわるエネルギーを減らせるというメリットと、製品の品質確保ができる国産のパネルを選択することをおすすめいたします。

自身で土地を購入もしくは賃貸なりして太陽光発電事業を行う方が収入面ではメリットが高いと考えられます。

しかし、手間も時間もかかるため、到底片手間でできる仕事ではないのが実情です。

一括購入に加えて、分譲案件の取扱いがある業者ももあります。

発電所を建てる土地はないが、太陽光発電への投資をしたいとお考えの場合は、着工・申請済みの発電所を販売している業者を利用するのも一つの手です。


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



太陽光発電に適した土地を見つける方法

日当たりの良いまとまった広さのある土地は、太陽光発電用地としての競争率が非常に高く、なかなか手に入らない状況となっていますので、太陽光発電用地を見つける ことが、簡単ではありません。

土地探しから始まる太陽光発電事業と言えるでしょう。

申請済みで未着工のいわゆる「権利付き用地」の探し方として、土地がなくても太陽光発電投資ができる土地付き太陽光発電が分譲販売されているケースなどもありますので、そういうところから発掘すると、良いかもしれません。

太陽光発電用のまとまった土地を見つけるのが徐々に難しくなりつつある現在、普段使わない土地などを有効活用する形の意外な場所を太陽光発電用地に変える形での発電事業を始める例が増えています。

例えば、ため池などでの「水上太陽光発電」は、池に太陽光パネルを浮かべて発電事業を行うと言った形で、汎用化が進む技術の一つです。

普段は、他の用途に使うことのない水上空間を有効活用できることと、更にそれ以外にも注目されているメリットが多いのが、これらの水上太陽光発電です。

その一つとして、設置したパネルの下に水中の生物がすみかを形成するのに程よい場所として利用できる可能性があります。

そして、池の水がパネルの温度を下げてくれることで、特に夏場のパネル温度上昇による発電ロスを減らせる可能性も高いと見込まれています。

また、水上太陽光発電にも増して、地方の農業の再興に活用される「ソーラーシェアリング」のスタンダード化が進む例も目立ってきました。

更に、「土地を有効活用した太陽光発電」として、昨今注目が集まるのが廃線した「鉄道路線」を活用した太陽光発電です。

既存の配電設備が活用できるため、造成の手間も省け、発電所建設のためのハードルが低い土地として注目を浴び始めています。

太陽光用地関連メニュー

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル