太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電の用地

 

太陽光発電の用地とは

土地の上に建物(家、工場、店舗等)が建っておらず、太陽光設備が設置できる土地のことです。

太陽光設備自体は、家、工場等の屋根に設置することもできますが、「用地」とする場合はこれらを省きます。

太陽光用地の条件 まず、各種法律で規制がされていない土地であること。

「農業振興地域の整備に関する法律」によって農業振興地域に指定されている田んぼや畑の農地などの場合、 基本農業以外の目的には利用できないことになっているため、造成工事をしても太陽光設備は設置できません。

詳細については、農林水産省のHPに記載がありますのでご確認ください。

「農業振興地域制度の概要」

http://www.maff.go.jp/j/nousin/noukei/totiriyo/t_sinko/sinko_01.html

望ましい太陽光発電の用地とは

まずは日当たりが良い土地であることです。

太陽光発電は、発電設備に日光が当たらないと、発電量が落ちてしまい 効率的な発電ができません。

南側に建物が建っていたり、東側や西側の近いところに山、高い木等の障害物があると、かげになってしまうので、太陽光発電用地としては、望ましくありません。

農地の多くは、もともと日当たりが良くないと、農作物が育たないということから、見渡しても障害物がないようなところに立地しており、太陽光設備の用地としては最適です。

また、道路と接している土地であれば、少なくとも未開の土地ではないということになりますし、太陽光発電設備設置工事の際に、工事車両の出入りがスムーズに行えることから、工事期間が短縮できるので、日当たりがよくかつ、道路に面していることが一番理想的な太陽光用地といえます。


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



当カテゴリ内の記事一覧

太陽光発電に土地貸し

太陽光発電に土地貸し

太陽光発電は日照だけで利益を生み出すことができる事業で、周りに障害物が少ない田舎なら、日当たりの面でも最適です。しかし、土地に発電パネルを敷き詰めるためには、それなりの投資を必要とするので、簡単には始められないと思います。

≫詳細ページ

野立て太陽光発電所用の土地

野立て太陽光発電所用の土地

売買と賃貸では、どちらがいいのか? は、発電所をどのように運営していくのかなども併せて関係してくるテーマだと思います。賃貸の場合、20年経過後に貸主の事情で延長不可になってしまう可能性もありえます。

≫詳細ページ

土地を有効活用した太陽光発電

土地を有効活用した太陽光発電

用地確保・発電事業の計画の際に気を付けたいこととして、発電事業をより有意義で平和的なものにしなくてはなりません。>山野などを切り崩して太陽光発電を行う例が続出する中森林伐採によって引き起こされる環境破壊や土砂崩れなどが危惧されています。

≫詳細ページ

土地貸し太陽光発電の賃料の相場

土地貸し太陽光発電の賃料の相場

土地貸し太陽光発電の仕組みは、一定の面積を有する土地を発電事業者が借りて、太陽光発電設備を設置し、土地の所有者は、土地を貸す代わりに、対価としての賃料収入を得るという仕組みです。

≫詳細ページ

休耕地・放棄地を太陽光用地に

休耕地・放棄地を太陽光用地に

全量買取制度になったことにより、空き地や遊休地のような住宅や事業所等の建物がない場所でも電力会社の許可が得られれば、自由に太陽光発電所を設置することが可能になり、産業用太陽光発電のメリットとなりました。

≫詳細ページ

田舎の土地の有効活用

田舎の土地の有効活用

田舎の、使っていない余った土地がある場合は、それを活用しない手はないと思います。使い道がない、売れないと決めつけて、固定資産税を払い続けているのに活用されていない土地はありませんか?

≫詳細ページ

ソーラー経営の事例

ソーラー経営の事例

土地や建物の屋根等に設置したソーラーパネルの活用によって太陽光で発電した電力を、既存の電力会社へ売電するビジネスの仕組みです。法律で定められた「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって、設置したソーラーパネルの発電規模により10年間~20年間の固定価格での売電が可能です

≫詳細ページ

土地・遊休地活用

土地・遊休地活用

田舎の土地は比較的地価が安いのですが、親が持っていた土地を相続した場合、相続した人が、固定資産税を納め続けなくてはなりません。固定資産税は、基本的に土地の評価額に対して一定率で課税される税金であるため、どのような土地でも、税額が安くても、高くても、毎年同じように支払う必要があります。

≫詳細ページ

遊休地活用策

遊休地活用策

遊休地活用に当たり、オフィスビルや集合住宅を建てるのに適していない立地も当然あります。人口減少による弊害としての空き家問題、事業後継者の減少で、荒れてしまった農地、放置された山林、原野など、用途の少ない田舎の土地が増えているというのが地方の中山間地域の現状です。

≫詳細ページ

太陽光発電に適した遊休地とは?

太陽光発電に適した遊休地とは?

産業用太陽光発電は、太陽光発電システムの容量が10kW以上必要ですが、上限についての制限はありません。 ただし、50kW以上の発電容量を超えると電力会社との契約形態が高圧連係となり、通常と比べて基本料金、その他維持管理費用等が高額な設定になります。

≫詳細ページ

土地貸しビジネス

土地貸しビジネス

近年、従来の土地の所有者様が太陽光発電システムを設置する方法ではなく、発電事業者が土地を借りて太陽光発電システムを設置し、土地の所有者様は発電事業者へ土地を貸す賃料を得る仕組みの「土地貸しビジネス」への関心が高まっています。

≫詳細ページ

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル