太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電の人気比較はソラナビ君で安心・メリット最大

陽光発電は、まさに今が旬の商品です。

全量買取制度によって、住宅用であれば10年間、産業用であれば20年間、
固定価格で発電した電力が買い取られることを国が保証しています。

買取価格も、通常流通している電気代(24円/kWhくらい)をはるかに超える価格で、
住宅用であれば37円/kWh税込み、産業用であれば32円/kWh税別となっています。

そのため、お金がある人は日照量が多い場所に土地を買ってまで太陽光発電所を建設したり、
そこまで余裕がない方は、建売の太陽光発電所の分譲商品を買ったり、
自宅の屋根上や遊休土地にパネルを設置したり、さまざまな形で導入しています。

ここでは、太陽光発電の人気比較はソラナビ君と題して、
それぞれの方のニーズや状況に応じて、どういう形態で太陽光発電を導入するのが、
もっともメリットを最大化することができるのか、また人気なのかをまとめてあります。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




ヤフーで「太陽光発電」と検索しようとすると、「予測検索機能」といって、
今検索エンジン利用者が、「太陽光発電」と併せてどういうワードを組み合わせて検索するかを、
集計して「予測ワード」として表示してくれる機能があります。

太陽光発電の人気比較はソラナビ君というのは、そのヤフーの予測検索で非常に人気があるワードになっており、
多くの人が、人気リストを見たいと思っていることが推測されたので、ここにまとめようと考えたのです。

太陽光発電導入検討している方の状況分類

太陽光発電の導入を検討している方を次のように分類して、
それぞれのケース別でどういう形態の導入方法がおススメかをまとめました。

あなたは、以下のリストのいずれに該当しますか?
その該当するものをクリックして、適したものをさらにその下のリストからご覧ください。
  1. 自己所有か家族所有の一戸建てに住んでいる
  2. 遊休土地を所有している
  3. 借家かマンションやアパートなど共同住宅に住んでいる(分譲or賃貸いずれでも)

次に投資するお金があるないという状態を想定することができます。
  1. 投資するお金があって、金融機関からの信用のある方
  2. 投資するお金があって、金融機関からの信用がない方
  3. 投資するお金はあまりなくて、金融機関からの信用のある方
  4. 投資するお金があまりなくて、金融機関からの信用がない方

ケース別太陽光発電の導入方法

  1. 自己所有か家族所有の一戸建てに住んでいる
  2. まずは、屋根上に住宅用太陽光発電を導入しましょう。
    産業用太陽光発電ほどではないですが、大きなメリットを得られる可能性があります。
    もちろん屋根の大きさや日当たりなどによっては十分利益を得られない可能性もあるので注意が必要です。
    それを見極めるために、簡易版・必ず確認すべき3ステップをご覧ください。
    何kW導入するかを検討するためには、太陽光発電の容量はどれくらいの大きさがよいか?が参考になります。
    もし、さらに別にも遊休土地を持っているなどあれば、さらに下の項目も確認してみてください。
  3. 遊休土地を所有している
  4. 持ち家一戸建てであろうとなかろうと、産業用太陽光発電の導入を検討すべきです。
    政府は、2014年7月現在全量買取制度の見直しを検討しています。
    現在の条件が非常に有利なため、少し条件を下げるための措置です。
    悪いことはいいません、まずは設置したらどれだけ利益が生まれるか、ご確認ください。
    産業用太陽光発電で絶対成功する秘訣に詳しくいくとかの記事にわけて解説していますのでご確認ください。
    産業用太陽光発電を導入する場合に、必要となるすべての知識を掲載しています。
    また、遊休土地が農地の場合は特殊なので、太陽光発電の農地転用を必ずご覧ください。
  5. 借家かマンションやアパートなど共同住宅に住んでいる(分譲or賃貸いずれでも)
  6. 借家住まいでも太陽光発電投資する方法をご覧ください。
    不動産をまったく持っていなくても、太陽光発電を設置することができる方法を記載しています。
※上記、条件は2つ以上の項目を重複して満たすこともあると思います。
その場合は、上にいくほど優先順位が高いと考えて頂けたらと思います。
例えば、自己所有で一戸建てを持っていて遊休土地もある場合、まずは住宅用を検討してから産業用を検討する、
賃貸マンション住まいで、遊休土地を持っている場合は、遊休土地への産業用を検討する、といった具合です。

投資資金のあるなしで考える太陽光発電
  1. 投資するお金があって、金融機関からの信用のある方
  2. 投資するお金があって、金融機関からの信用がない方
  3. 投資するお金はあまりなくて、金融機関からの信用のある方
  4. 投資するお金があまりなくて、金融機関からの信用がない方
太陽光発電を導入する場合、お金がある場合は、キャッシュを使うこともできますし、
ない場合でも、金融機関からの信用がある方については、ローンを活用することができます。

お金があってローンを活用したい方は、ローンを活用するのも手でしょう。

お金がなくて金融機関からの信用がない人は、キャッシュを使うことが賢明でしょう。

お金がなくて金融機関からの信用がある人は、ローンを活用するしかありません。

いずれにせよ、お金のある方はキャッシュを使うほうがよりメリットは大きくなりますが、
戦略的にキャッシュを確保しておく場合は、その限りではありません。

ただし、お金もなくて、金融機関から融資を受けられない方については、
選択肢として「屋根貸し」くらいしか方法はなくなってしまうことになりますが、
もしかしたら、自分で「金融機関からの信用がない」と思っているだけで、
本当は「そうでもない」ことも多々ありますので、まずはきちんと相談してみるのが吉でしょう。
太陽光発電のソーラーローン金利比較まる得!産業用太陽光発電の融資の利用方法が参考になるでしょう。

以上、太陽光発電の導入を検討している方の状態別人気記事リストをまとめてみましたが、いかがでしたか?

当サイトでは、太陽光発電に関するあらゆる情報を掲載しています。

時間の許す限り、ゆっくりとご覧いただけたら幸いです。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電の人気比較はソラナビ君|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

メガソーラーに収斂されていく?
太陽光発電が集中処理に向かうという社説を読みました。今後太陽光発電ブームがどのように収束していくかをITブームと比較して検証しており、とてもおもしろいので取り上げてみました。
太陽光発電に対する政策~これからと今後
再生可能エネルギー固定価格買取制度が、2012年当時の民主党政権により開始されて以降、太陽光発電市場は大きく盛り上がりを見せています。この太陽光発電は政府主導で進められているため、政権の政策次第では風向きが大きく変わってしまうことに注意が必要です。今回は、太陽光発電を巡ってこれまでに施行された政策と今後の傾向についてご紹介します。
平成27年度固定価格買取制度の売電価格最新情報
平成27年度固定価格買取制度の売電価格がいよいよ調整段階になっています。このページでは、買い取り価格が確定するまでの経過を順次追っていきたいと思います。(随時最新情報に更新します)
横行する太陽光発電投資詐欺の実態
今最も熱い投資として非常に人気が高い、太陽光発電投資。その注目度の高さと安定度の高さを利用した詐欺が横行し始めているようです。絶対に騙されないよう対策することが望まれます。
メガソーラーよりも住宅用のほうが実稼働は大きい
2013年7月8日環境ビジネスオンラインに掲載された村沢義久氏の記事の転載と解説です。。やはり、一つ一つは小さいけれど、数が集まって大きな力となる家庭用太陽光発電は、これからも非常に重要な役割をになっていると考えられます。
2015年度の太陽光発電の売電価格は?
2013年11月18日の日経新聞によると経産省は、2015年度の太陽光発電の売電価格を30円(税込)/kWhまで下げることを検討しているとのことです。もちろん、2014年度の運用次第で変わってくると思いますが、ここでしっかりと取り上げてみたいと思います。
速報!2014年度の買い取り価格が決定!
注目を浴びていた2014年度の太陽光発電による売電価格が決定しました。産業用は大きく値を下げ、家庭用はほぼ据え置きに近い形になっています。買い取り価格の詳細を徹底検証します。
太陽光発電の人気比較|失敗回避術
太陽光発電の人気比較.netでは、今大人気で当サイトでもおススメしているメーカーを比較して、どのメーカーが一番よいかを比較検証しています。 太陽光発電の導入を検討しているのなら、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。
太陽光発電の設置費用はどれくらい
太陽光発電の設置費用はどれくらいかかるのでしょうか?普及が加速する中で、設置価格もどんどん変化しているのが現状です。ここでは、今年度太陽光発電を設置する際にかかる費用相場について解説しました。
それ以外で絶対におすすめの投資情報
太陽光発電は投資としての側面を持っているために、製品それ自体への関心ではなく、投資=お金を増やす行為に関心を抱いている方も多いでしょう。ここでは、当サイト唯一、太陽光発電とは全く異なる投資情報を紹介したいと思います。投資に興味がある人以外は決して見ないでください。
太陽光発電の歴史
ここでは、太陽光発電の歴史についてお伝えしています。これまでの流れを知ることで、今後を見通すこともできるという意味で、簡単にまとめてみました。
電力小売りの自由化の恩恵で買い取り価格を向上されるか
2016年の電力の小売り完全自由化に向けて、各企業が着々と準備を進めています。電力小売りの自由化は、太陽光発電の買い取り価格を向上させるのか。気になる動きを確認しました。
太陽光発電の買い取り価格2015年度はいくら?
ここでは、太陽光発電の買い取り価格が2015年度どうなるかを予測します。最終確定は、2015年3月になると想定されますが、さまざまな情報を収集して、適宜更新しますので、確実にチェックされることをオススメいたします。
住宅を新築するなら太陽光発電をこう設置する
これから住宅を新築するにあたり、太陽光発電の設置を検討しています。どういう考え方で建築すればよいですか。質問をいただきましたので回答させていただきます。
太陽光発電は2016年どうなる~価格や売電単価、補助金~
太陽光発電は、2016年度どうなっていくのでしょうか。導入価格、売電価格、補助金、いろいろな要素がある中で、何をどう考えて、私たちは行動すべきか、解説しました。