太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

過積載の仕組みについて

プラス利益利益を確保する方法のひとつとして「過積載」という設置方法があります。

これを利用することにより、シミュレーション上で計算された金額より、規模にもよりますが、場合によっては数百万円のプラス利益を得られます。

 

過積載のメリット

過積載のメリット過積載での利益アップは、なぜ図られるのか?

発電量は、朝夕の日差しの弱い時間帯は少なく、日中の日差しが強い時間帯には、徐々に増えています。 過積載の場合、一日中発電量が平均的に供給されるため、トータルすると、発電量の差が、大きなものになり、売電利益増加につながるのです。

 

定格出力とは

定格出力パワーコンディショナー接続時の容量のことです。 パネル枚数は、基本的にはこの容量に収まる範囲内でセット数を増やしながら任意の低圧容量の発電所を作る設計でしたが、過積載はこの定格出力を越えた枚数のパネルを乗せていきますが、運用の際に安全性を確認できることを原則とした範囲内でご提案・設置をさせていただいております。

 


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。



過積載の費用と利益

 

過積載の費用と利益過積載は、通常よりも沢山のパネルを使用するので、それに見合った土地の広さが必要です。 容量を増やしていくのに比例して、パネル設置費用は増えていきますが、利率は高くなるため、最終的には大幅に利益アップを図れます。 過積載は、売電価格が下がっている中でも、必ず利益を産んでくれる方法です。

 

発電量が落ちない過積載

発電量が落ちない過積載過積載はパワーコンディショナーの定格出力を越えてパネルを設置することにより、朝夕の時間帯での最低発電量の底上げに繋がります。 パネル増量分発電量は増えますが、ピーク時にはパワーコンディショナーの上限値以上の電力は、ピークカットにより、捨てられます。 しかし、特別過積載だからカットされるという訳ではありません。 過積載ではない場合でも、発電量が多すぎる場合には。ピークカットはなされます。 つまり、過積載により、一日中安定した発電を行えるため、総じて発電量を増やすことに繋がり、利益も増やすことができるという訳です。

 

過積載設置の実績

過積載設置の実績 現在、過積載の発電所設置は急速に増加しています。 土地の広さ、ご予算を考慮しながら、それに合わせた過積載のご提案をさせていただき、ほとんどの場合、過積載での設計での受注となっております。 お客様の状況に合わせ、出来る限り利益を得られる方法を検討し、ご提案させていただきます。

 

太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル