太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電を設置することのデメリット・初期投資

太陽光発電を設置することのデメリットの一番目は,

初期投資が高額であることでしょう。


太陽光発電を導入するには、当然のことながら、初期投資をする必要があります。

初期投資のうち、もっとも大きな金額を要するものは、ソーラーパネルです。

これが太陽光発電におけるもっとも重要な、要の設備であるので、価格も非常に高額になってくるのです。

※太陽光発電システムの価格について・・・
太陽光発電は、ソーラーパネルとパワーコンディショナーなどの機器一式のセットと工事費を含めた形で表現されます。
例えば、3.12kWで150万円といった具合にです。
設置規模が大きくなるほどソーラーパネルの数量は増えていき価格は高くなりますが、工事費用やその他設備費用は、
規模が大きくなってもそんなには変わりません。そのため、1kWあたりの単価は、規模が大きくなるほど安くなります。
そのことから、規模問わずに簡単に価格比較ができるように、
太陽光発電では、価格を1kWあたりいくらといった具合に表現するようになっています。
2014年現在、太陽光発電システムは、1kWあたり、25万円~40万円程度です。
導入する場所やメーカー、販売店などによって価格は大きく異なるのが現状です。
例えば、一般的な家庭で4kW程度の太陽光発電を導入しようとしたら、
概ね120万円程度~160万円程度で導入できることが目安となります。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




一方で、メーカー比較のページでもお伝えしていますが、

多くのメーカーが参入することで近年は価格が下落傾向にはあります。

ただし、そうはいっても1kwhあたり、2~40万円程度はするのは現状ですので、

別途必要な工事費とパワーコンディショナー等の費用を含めると

少なく見積もっても200万円程度は初期費用を使わないといけない計算になります。


ただし、


要チェック目先の初期費用に惑わされてはいけません。


太陽光発電の場合、費用を投資した結果、

電力として、電気代の節約と売電という現金収入として、戻ってくるわけです。


そういう意味では、本当の意味での投資ということができます。

投資というのは、費用対効果です。つまり利回りとリスクのバランスをとることなのです。


そういう意味では、太陽光発電は非常にリスクの少ない投資ということができます。

太陽が昇る限り発電し、発電したものは自家使用されるか売電されるかです。


故障のリスクはありますが、基本的にメーカー保証と保険の組み合わせで十分回避することが可能です。

※詳しくは太陽光発電の保証や補償についてをご覧ください。

だから、私はこのサイトでも何度も次の公式をお伝えしています。



チェック初期費用 ÷ 発電金額 ≦ 10



そうすると投資した初期費用は10年以内で返ってくることになるわけです。

ただし、一時に手元から資金が流出することには変わりはありません。

それを回避するためには、ソーラーローンを利用することができます。



ソーラーローンを活用する場合の損益計算公式


チェック太陽光発電による節電金額 + 売電収入 ≧ ソーラーローンの月額支払い金額

いずれにせよ、太陽光発電を導入するか否かの判断は、

各家の個別要件を確認した上で判断する必要があります。

まずは、 太陽光発電 最安値は価格.com
で見積もりを取得の上、上記公式に当てはめて検討いただくことをオススメ致します。

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

デメリット1・比較的高額な初期投資|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

デメリット2・天候に左右されるため発電量が不安定であること
太陽光発電を設置することのデメリット・発電量が天候に左右されるなど不安定な点について説明しています。
デメリット3・絶対的な発電効率が悪いということ
太陽光発電を設置することのデメリット・絶対的な発電効率が悪いということについて解説していきます。他の発電方法に比べたら発電効率はまだまだ悪いのが実情です。
デメリット4・定期的なメンテナンスが必要になりコストと手間がかかる
太陽光発電は機械設備のため、メンテナンスをしなければ発電効率が低下したり、最悪の場合故障してしまうこともあります。最低でもメーカー保証が10年はあるので、大丈夫ですが修理や交換に伴う機会ロスをなくすためにもメンテナンスは不可欠となります。これは大きなデメリットの一つといえるかもしれません。
デメリット5・太陽光電池を設置する際の面積の問題
太陽光発電のデメリットとしてあげられるものとして、太陽光発電を設置する際に、一定以上の面積が必要になるということがあげられます。10kW以上だとさらにその条件は厳しいものとなってきます。ここでは、設置場所の面積の問題について解説したいと思います。
デメリット6・今あるお金が減る未来への投資であること
太陽光発電は、今あるお金を投資して、将来のリターンを得るという側面を持っています。結果、今使えるお金は減ってしまうというデメリットがあるのです。ここでは、必要となる初期投資の考え方をまとめています。
デメリット7・電磁波のリスク
太陽光発電を導入する際に、必ず導入する機器の一つパワーコンディショナーは電磁波を発します。電磁波が人体に与える影響は、根本的にはまだわかっていな部分があるので、ひとつのデメリットと捉えて対策することが必要です。
デメリット8・出力抑制による売電量の減少
太陽光発電のデメリットの8番目は、パワーコンディショナーの出力抑制・電圧抑制機能により、売電量が減少する可能性があることです。あまり聞きなれない言葉ですが、リスクとして大いにありうることですので、しっかりと抑えて頂けたらと思います。
デメリット9・パネル製造時の環境負荷
太陽光発電を設置することのデメリット・一般的にパネル製造時の環境負荷について説明しています。確かに稼働することで、温室効果ガスの排出低減に寄与しますが、パネル製造時、廃棄時に大きな負担を強いることになります。