太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電を設置するには、一定以上の面積は必ず必要になります。

陽光発電の導入を検討している方にとって、
どうしても外すことのできない問題としてあげられるのが、
設置場所の面積の問題です。

例えば、10kW以上のパネルを設置して、産業用太陽光発電の認定を受けようとしたとしても、
そもそも10kWの太陽光発電を設置できるだけの面積を所有していないと絶対に設置は不可能です。

このように、太陽光発電はどうしても設置場所の面積が、
導入できる規模や導入方法に大きな影響を与えてきてしまうのです。

そして、新たに不動産を買う以外では、
設置場所の面積が、太陽光発電の規模の上限を決めてしまいます。

発電効率と設置面積の関係

太陽光発電の設置容量を決めるもう一つの要因が、発電効率です。

発電効率は、太陽光エネルギーをどれくらいの割合で電力に変換できるかを表したものです。

そのため、発電効率が良いパネルほど、同じ面積でも設置容量を多くすることができます。

狭い面積でできるだけ多くの容量を導入しようと思うと、できるだけ発電効率がよいパネルを選ぶとよいでしょう。

ただし、発電効率がよいからといって、実際に導入した際に発電量が多くなるとは限りません。

なぜなら、発電効率は、一定の条件下における発電量を表しており、
日射量や温度、日強度が変わってくれば、当然発電量は変わってくるからです。

パネルによって、特徴が異なるため、
実際に発電効率と発電量がイコールにならないのです。

なので、あくまでも交渉最大出力は参考程度で考えて、
実際にその場所に設置した場合発電量はどうなるのかをしっかりと検討することが大切でしょう。
太陽光発電で費用対効果を最大化する方法を参照ください。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




設置面積と設置容量の関係

では、どれだけの面積があれば、どれだけの容量を設置できるのでしょうか?

先にもお伝えしたとおり、パネルによって発電効率が違うため、
発電効率が高いパネルであれば、小さな面積でより大きい発電容量を設置できる一方で、
発電効率が低いパネルであれば、同じ容量のパネルを設置するにもより広い面積が必要です。

また、屋根なのか地上なのか、その場所の傾斜がどうなのか、あるいは形が台形なのか、正方形なのか、
などによっても、大きく異なってくるのが現状です。

なぜなら、太陽光パネルは太陽電池モジュール単位で設置するのですが、
太陽電池モジュールが一定規格のサイズ(メーカーによってまちまち)と形状なので、
その設置場所に併せて、設置できる枚数が決まってくるからと、
基本的にパネルに適した角度(概ね30°程度)に併せて設置する必要があるからです。

例えば、陸屋根や地面に設置する場合は、傾斜を付けてパネルを設置する専用の架台などが必要になります。

以上背景から、○○kWのパネルを設置するのには▲▲平米あればいいといったことはいえません。

ただし、あるメーカーのある製品のパネルを例に、その場合どれだけの面積があれば、
どれだけパネルを設置できるかといった目安は提示できるので、下に示したいと思います。

東芝製モジュールを10kW設置する場合
例えば、世界最高の発電効率を誇る東芝製太陽光発電モジュールを導入する場合で、
10kW導入するのには、どれくらいの面積が必要になるのでしょうか?

東芝製250WパネルSPR-250NE-WHT-Jを例に考えてみました。
東芝製SPR-250NE-WHT-Jは、外形寸法が1,559×798mm(横×縦)です。

これを平坦にそのまま並べて設置したとすると、1枚の発電容量は250Wですので、
10kW=10,000W導入するには、40枚並べればよいということになります。

そうすると、一枚あたりの面積は、1.559m×0.798m=1.244082㎡ですので、
1.244082㎡×40枚=49.76328㎡あれば設置できるということになります。

もちろん、枠の面積が追加で必要になりますし、傾斜を付けますし、形もそんなにうまい具合には、
縦横の寸法が整形されていないはずなので、この通りにはいかないですが、
目安として、10kW導入する場合、50平米くらい以上は必要ということができます。

では、50kWだとどうなるかというと、10kWの5倍ですので、
250平米は純粋にパネル面積だけでも必要になるということができます。

50kW以上になるとキュービクルの設置場所や、メンテナンス用移動スペースなどを加味する必要も出てきます。

以上から、あくまでも目安として捉えていただけたら幸いです。

NEDOが提供する1kWあたりの面積
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が出しているガイドラインによると、
1kWの太陽光発電を導入するのに必要な面積は、10~15㎡程度としています。

これは、先にあげた設置場所の形やパネルの発電効率、傾斜の問題をすべて含めて捉えていますので、
実際のところは、大きくことなってくることが想定されます。

しかし、先にあげた東芝のパネルの事例は、できるだけ発電量を多くする場合に、参考にする最低限の数字だとして、
この手引きは、一般的に導入する場合に目安となる数字ということで定められていますので、
もし、○○㎡の土地には、どれだけのパネルが導入できるか?といった問いに答えるためには、
1kWあたり10㎡程度の面積が必要と覚えておくとよいでしょう。

ひとつの目安でしかありませんが、参考にしていただけたらと思います。

【太陽光発電の導入に必要な面積の目安】
1kWあたり10㎡

【太陽光発電の導入に必要な面積の最小値】
1kWあたり5平米

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

デメリット5・太陽光電池を設置する際の面積の問題|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

デメリット1・比較的高額な初期投資
太陽光発電を設置することの10つのデメリットのうちの1番目比較的高額な初期投資が必要であるという点についてお伝えしています。
デメリット2・天候に左右されるため発電量が不安定であること
太陽光発電を設置することのデメリット・発電量が天候に左右されるなど不安定な点について説明しています。
デメリット3・絶対的な発電効率が悪いということ
太陽光発電を設置することのデメリット・絶対的な発電効率が悪いということについて解説していきます。他の発電方法に比べたら発電効率はまだまだ悪いのが実情です。
デメリット4・定期的なメンテナンスが必要になりコストと手間がかかる
太陽光発電は機械設備のため、メンテナンスをしなければ発電効率が低下したり、最悪の場合故障してしまうこともあります。最低でもメーカー保証が10年はあるので、大丈夫ですが修理や交換に伴う機会ロスをなくすためにもメンテナンスは不可欠となります。これは大きなデメリットの一つといえるかもしれません。
デメリット6・今あるお金が減る未来への投資であること
太陽光発電は、今あるお金を投資して、将来のリターンを得るという側面を持っています。結果、今使えるお金は減ってしまうというデメリットがあるのです。ここでは、必要となる初期投資の考え方をまとめています。
デメリット7・電磁波のリスク
太陽光発電を導入する際に、必ず導入する機器の一つパワーコンディショナーは電磁波を発します。電磁波が人体に与える影響は、根本的にはまだわかっていな部分があるので、ひとつのデメリットと捉えて対策することが必要です。
デメリット8・出力抑制による売電量の減少
太陽光発電のデメリットの8番目は、パワーコンディショナーの出力抑制・電圧抑制機能により、売電量が減少する可能性があることです。あまり聞きなれない言葉ですが、リスクとして大いにありうることですので、しっかりと抑えて頂けたらと思います。
デメリット9・パネル製造時の環境負荷
太陽光発電を設置することのデメリット・一般的にパネル製造時の環境負荷について説明しています。確かに稼働することで、温室効果ガスの排出低減に寄与しますが、パネル製造時、廃棄時に大きな負担を強いることになります。