太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

もう一つおすすめな一括見積もりサイトは、価格.comです。

当サイトでは、太陽光発電の見積もりを取得する際に、

タイナビをもっとも強く推奨しています。

それは、利用実績やサイト運営会社の業態やコンプライアンス体制から、

簡易見積もりなど専心した結果作られる非常に優れた点が多いからです。

一方で、一括見積もりサイトでは、価格.comも同様におすすめすることができます。


ご存知のとおり、価格.comは家電からインターネットプロバイダー、お米まで、

さまざまな製品の販売者ごとの価格を比べて、購入先を決められるサイトで、

今や使ったことないパソコンユーザーはいないのではないかというくらい有名です。

それは価格比較のシステムが他の追従を許さない優れた仕組みだからです。


タイナビは、太陽光発電専門の一括見積もりサイトでその専門性から、

当サイトでは一番押しになってはいますが、価格.comが負けているというわけではありません。


価格比較サイトの運営歴と経験値でいくと俄然価格.comのほうが優れているはずですし、

当然コンプライアンス管理にしても、加盟店管理にしても、優れたマネジメントをしています。

規模や安心感でいけば、価格.comのほうが圧倒的に有利と言って良いでしょう。


当サイトでは、専門性という意味合いと簡易見積が取得できるという点から、

からタイナビを一押しにしていますが、

タイナビは聞いたことないし、価格.comは東証一部上場会社会社なので安心、

という方がいらっしゃるのも事実です。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




そういう方は、タイナビではなく価格.comを利用すればよいと思います。

見積もりシステム自体は、同等のレベルで優良です。

好みにあわせて活用したらよいでしょう。


ここからは、価格.comの使い方を見ておきましょう。

まずは、 太陽光発電 最安値は価格.com公式サイト
をクリックしていただき、価格.comのサイトへ訪問いただきます。

価格.comサイト入力方法

そうして、画面の丸印をクリックして、必要事項を入力してください。

価格.comサイト入力方法2

簡単に一分で入力することが可能です。

すべて入力完了したら、入力内容の確認へをクリックします。

価格.comサイト入力方法3

次の画面にて入力した内容を確認いただき問題なければ、送信ボタンを押して終了です。

訪問見積もりは、正確な見積もりやシミュレーションが欲しい場合に依頼します。

簡易見積と同様の扱いにしたい場合は、屋根の立体図面を後ほど提出することで、

現地調査をすることなく見積を取得することが可能になります。

簡易見積よりは、少しだけ精度の高い見積もりとなることでしょう。


発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電|価格.com関連ページ

ソーラーフロンティア|発電力No.1のメーカー直集
数ある太陽光発電メーカーの中で最も実発電力が優れていると言われるパネルを製造しているソーラーフロンティア。業界では珍しいメーカーによる直接集客による経済性の最大化を実現した販売店でもあります。
太陽光発電の補助金の紹介エコ奉行
ここでは、太陽光発電の補助金の紹介をしているエコ奉行という日本有数の大手一括見積もりサイトを紹介したいと思います。どんなサイトなのか、活用するメリットはあるのか?それとも怪しいサイトなのか。ご確認ください。
当サイトイチオシ業者はここ!
ここでは、太陽光発電アドバイザー秋山慎也一押しの販売業者情報を掲載します。ケーススタディで、利用していただけるようになっていますので、あなたの状況、目的に合わせてお選びください。
業歴45年の老舗川島工務店が語る本当に安い太陽光発電とは?
本当に安い太陽光発電っていったいいくらで導入できるのでしょうか?ここに、業界歴45年の老舗企業があります。株式会社川島工務店です。お客さんへ本当の利益を提供することで永続できた企業がはじめて語る本当に安い太陽光発電の秘訣。
注意!太陽光発電業者の倒産が増えている
当サイトで警鐘をならし続けてきましたが、太陽光発電業者の倒産が相次いでいます。どういった理由で倒産しているのでしょうか?業者が倒産することで、何か問題があるのでしょうか。改めてまとめました。