太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電販売業者に対する不安

太陽光発電販売業者に対して不安を抱く人は多くあります。

それは、当然のことと思います。

太陽光発電は、普及が拡大するにしたがってトラブルが増えており、

そのほとんどが強引な勧誘だったり、事実とは異なることを吹聴して購入させ、

実際は言っていたことと違ったりといったことで問題になっているからです。


太陽光発電に限らず、現代社会にあっては、振り込め詐欺や、マルチ商法など、

実にさまざまな販売業者の問題を見たり聞いたりします。


「販売業者」自体に対する不信感が根底にあるのです。


これは動かすことのできない事実で、実際に私たちはそういったトラブルと

常に隣り合わせているわけです。

スポンサードリンク


かといって太陽光発電を導入しようとすると現地調査と見積もりに基づく、

シミュレーションを取得することは、判断材料として非常に重要となります。


これを欠いては、前に進むことができないわけです。

机上でいくら情報を探したところで、実際に設置する場所がどうなのか、

ということがわからないでは、何も判断することはできません。


では、どうすればよいのでしょうか?

それはしっかりとした信頼できる業者を見つけることが大切です。

そして信頼できる情報を得ることが大切です。

発注する業者は信頼できますか参照下さい。)


当サイトは、太陽光発電アドバイザーが運営しているサイトです。

太陽光発電アドバイザーは、太陽光発電の取引でトラブルが起こらないよう、

中立の立場から消費者の方に正しい情報提供をする義務があります。


利益第一の販売業者とは違うわけです。


そういう観点から当サイトでは、しっかりとした販売業者を紹介することで、

少しでも太陽光発電の売買活動でのトラブルが起こらないようにと、

情報提供しているのです。


よい販売店さえ見つかれば、問題が起こることはありません。

あくまでも業者の営業姿勢や、顧客に対する姿勢、企業活動に対する考え方が、

すべてのトラブルの原因となっているからです。


だから、当サイトに記載してある情報をきちんとご覧頂くことで、

安心して見積もりやシミュレーションの依頼、

さらには契約・購入をしていただけると思っております。


業者に対して不安に思っている方にこそ、

当サイトを存分に活用していただきたいと切に願っています。


具体的な導入方法については、簡易版・必ず確認すべき3ステップをご覧下さい。

スポンサードリンク

太陽光発電販売業者に騙されるんじゃないかという不安関連ページ

実際に太陽光発電を導入して採算が合うかどうかという不安
太陽光発電を実際に導入して本当に採算が合うのかどうか不安に思われる方が多いです。実は言うほど発電せずに節電にも、売電収入にもならないのではないかというふうに思ってしまうわけです。そういう不安を抱えた方の事例を取り上げています。
長期間運用することに対する不安
太陽光発電は、10年以上にわたって運用することで初期費用を回収でき経済的にいうと利益が回収できるしくみです。確かにシミュレーション上は非常によい結果は出ているけれど、10年先20年先どうなるのかわからないという漠然とした不安を抱える方が多いのが実情です。
太陽光発電とガスの併用
現在ガスを利用している方で、これから太陽光発電を導入する方へ。太陽光発電を導入してもガスを併用していたほうがよいのか、それともオール電化にしたほうがよいのか?
太陽光発電のリスク
太陽光発電のリスクはないでしょうか?ここでは、太陽光発電を導入するリスクについて徹底検証したいと思います。
太陽光発電の電磁波が与える影響は?
太陽光発電の発する電磁波が与える影響が危険なのではないかという声を聞きます。果たして本当なのでしょうか?ここでは、太陽光発電と電磁波のヒミツを公開しています。
太陽光発電の設置後にクーリングオフはできるのか?
太陽光発電は設置後にクーリングオフはできるのでしょうか?工事をお願いしたはよいものの、納得いかなかったり、そもそも販売店の説明に虚偽があったり、契約を撤回したいケースも出てくるかもしれません。ここでは、クーリングオフをはじめとした消費者保護の制度について解説したいと思います。
太陽光発電は、昼間在宅の家ではお得になるのか?
太陽光発電は、全量買取制度で大きく飛躍しています。そうなると売電することで利益があるというふうに考える方も多いと思いますが、実際のところ昼間在宅で電気を使う場合、お得になるのでしょうか?解説しました。
太陽光発電を設置した場合のパワーコンディショナーの騒音は?
太陽光発電を導入したら必ずついてくるパワーコンディショナー。40デシベル程度の騒音といわれ一般にエアコンの室外機程度の音量です。室外なら問題ないですが、室内であれば設置場所を検討することが必要になりそうです。