太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電はガスを併用してよいです。

現状ガスを使用していて、これから太陽光発電を導入する方で、
「太陽光発電を導入するならガスをやめてオール電化にする必要があるのでは?」と
思っている方や、「太陽光発電を導入するならオール電化にしたほうがよいのではないか」と
思っている方がいらっしゃいます。

そして、その場合費用が多くなったり、IHクッキングヒーターになったり、
エコキュートや深夜電力の効率的な活用についてなど、
太陽光発電とは別にオール電化について検討しないといけないように思っていらっしゃるようです。
全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




太陽光発電とオール電化はまったくの別物です。

太陽光発電とオール電化の関係に詳細は書いてありますが、
太陽光発電は電気を作る仕組みで、オール電化は熱量を電気で賄う電気の使い方を指します。

一般的に太陽光発電はオール電化とセットであるようなイメージがあるのには、理由があります。

それは、元々太陽光発電を普及させてきた訪問販売会社が、
太陽光発電を販売するときにオール電化もセットで販売してきたことです。

本格的に太陽光発電が普及しはじめて2012年7月まで、
長い期間訪問販売会社が太陽光発電の主役であったため、
その影響力はいまだ大きなものがあるのは否定できないことです。

当時は、太陽光発電の性能が低く、単体では経済的なメリットが小さかったため、
オール電化を導入することで、全体の光熱費を下げ、
それまでの光熱費とオール電化による光熱費削減効果を、
太陽光発電システム導入分の費用に当てることで、
経済的な効果があるように見せて販売していたことが理由です。

実際に、同じ「電気」に関連する2つですので、
併せて導入することがメリットの最大化と考えてしまうのは無理ないことといえるでしょう。

確かにオール電化は光熱費を下げる非常に有効な手段ということができるので、
太陽光発電と併せて導入するとより大きな効果を発揮することでしょう。

しかし、太陽光発電とガスを併用する場合と比べたら、
ガスを併設することが太陽光発電のメリットを最大化することになるでしょう。

※10kW未満の住宅用太陽光発電の場合に限ります。
※10kW以上の産業用太陽光発電の場合はガスもオール電化もどちらも同じです。
なぜなら、完全に全量売電になるためです。

太陽光発電はガスと併用したほうがメリットが大きい理由


  • 太陽光発電は電気の生産するシステムです。
  • オール電化やガスは、熱量を得るためのシステムです。

つまり、オール電化であることと太陽光発電は本当は関連性がないということです。

では、どうして太陽光発電にはガスがよいといえるのでしょうか?

太陽光発電は、太陽光が照射されて電気が発生される仕組みです。

太陽光発電は電気を発電する仕組みで、単体では蓄電機能をもちません。

その特徴の影響で、太陽光発電で作られた電気は、常に使用されていることになります。

全量買取制度の仕組みで、10kW未満の住宅用太陽光発電の場合は、
発電した電力はまず自家消費され、余った電力が売電される仕組みになっています。

全量買取制度ので売電される電力の単価は、2014年度に導入した場合、
住宅用太陽光発電で37円/kWhが10年間固定されています。
※買い取り価格は年度ごとに見直されますが、
認定をうけた年度の単価が期間中固定されます。
詳しくは、全量買取制度とは参照ください。

一方で、一般的な家庭で使用される電力は、プランにもよりますが、
24円/kWh程度になっています。
(オール電化の場合は、日中は30円/kWh程度で夜間が14円/kWh程度)

経済的な観点から考えると、太陽光発電で発電した電力は、
自家消費するよりも売電したほうが得ということができるわけです。
※太陽光発電で発電された電力が自家使用された場合24円/kWhに対して、
売電された場合は、37円/kWhの価値があることになるから。

オール電化とガス併用を比較すると、
光熱費のうちの熱量、つまり給湯と調理器具での使用が、
異なることになります。

給湯はオール電化の場合、エコキュートが夜間にまとめて、
一日に使うお湯のすべてを作ってしまうので、太陽光発電は関係ありませんが、
IHクッキングヒーターは、日中でも使用する可能性があります。

そうなると上記の「太陽光発電で発電した電力は売電したほうが得」という点、
つまり「自家使用を極力減らすことがお得度の最大化になる」ということを考えると、
ガスのほうが使用電力は確実に少ないことから、
オール電化よりもガスを併設したほうがお得になるということができます。

オール電化がよいかガスがよいか


オール電化にすることが太陽光発電にとって不利というわけではないことを追記しておきます。

ここでお伝えしたいことは、太陽光発電にとってはオール電化は必須ではなく、
むしろガス併用のほうが「太陽光発電の利益を最大化する」ということです。

つまり、オール電化がよいかガスがよいかということではないことにご注意ください。

あくまでもガスにするかオール電化にするかは、太陽光発電と切り分けて考えるべき、
ということで、オール電化がガスよりよいとか悪いとかいう話ではありません。

以上の観点から、太陽光発電を導入するかどうか検討されている方は、
当サイトの必ず確認すべき3つの事項から順にご確認ください。







発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電とガスの併用関連ページ

実際に太陽光発電を導入して採算が合うかどうかという不安
太陽光発電を実際に導入して本当に採算が合うのかどうか不安に思われる方が多いです。実は言うほど発電せずに節電にも、売電収入にもならないのではないかというふうに思ってしまうわけです。そういう不安を抱えた方の事例を取り上げています。
太陽光発電販売業者に騙されるんじゃないかという不安
太陽光発電を導入するかどうかを検討する際に絶対に必要になるのが現地調査です。太陽光発電販売業者に来てもらって詳細な調査ののち見積もりとシミュレーションを依頼する必要があります。その際にしつこい強引な営業を受けたり、事実とは異なる話で騙されたり、業者に対しての不信感、不安感を抱く事例を紹介します。
長期間運用することに対する不安
太陽光発電は、10年以上にわたって運用することで初期費用を回収でき経済的にいうと利益が回収できるしくみです。確かにシミュレーション上は非常によい結果は出ているけれど、10年先20年先どうなるのかわからないという漠然とした不安を抱える方が多いのが実情です。
太陽光発電のリスク
太陽光発電のリスクはないでしょうか?ここでは、太陽光発電を導入するリスクについて徹底検証したいと思います。
太陽光発電の電磁波が与える影響は?
太陽光発電の発する電磁波が与える影響が危険なのではないかという声を聞きます。果たして本当なのでしょうか?ここでは、太陽光発電と電磁波のヒミツを公開しています。
太陽光発電の設置後にクーリングオフはできるのか?
太陽光発電は設置後にクーリングオフはできるのでしょうか?工事をお願いしたはよいものの、納得いかなかったり、そもそも販売店の説明に虚偽があったり、契約を撤回したいケースも出てくるかもしれません。ここでは、クーリングオフをはじめとした消費者保護の制度について解説したいと思います。
太陽光発電は、昼間在宅の家ではお得になるのか?
太陽光発電は、全量買取制度で大きく飛躍しています。そうなると売電することで利益があるというふうに考える方も多いと思いますが、実際のところ昼間在宅で電気を使う場合、お得になるのでしょうか?解説しました。
太陽光発電を設置した場合のパワーコンディショナーの騒音は?
太陽光発電を導入したら必ずついてくるパワーコンディショナー。40デシベル程度の騒音といわれ一般にエアコンの室外機程度の音量です。室外なら問題ないですが、室内であれば設置場所を検討することが必要になりそうです。