太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電を香川で導入することはどうなのか?

太陽光発電を香川県で導入することは、一体どうなのでしょうか?

日射量や想定発電量、補助金について、解説していきます。

香川県高松市での年間日射量は、1503.8kWh/㎡程度、4.12kWh/㎡・日です。

(南向き水平からの角度30で以下の数値です。気象庁資料より)
http://app7.infoc.nedo.go.jp/

香川県は、瀬戸内海に面した四国地方に位置する県です。

瀬戸内側は、北の日本海との間に中国山地があって雨雲を遮断して、

太平洋との間には四国山地があって雨雲を遮断して、

年間を通した降雨量が非常に少なく、ちょくちょく水不足に襲われてしまいますが、

逆に日照時間が長く、安定的に日射量を確保できる太陽光発電を導入するには、

非常に大きなメリットがある県となっています。

これは、全国平均以上で、大きな利益を得られると言えます。

以上のことから年間想定発電量を求めてみたいと思います。


年間想定発電量の求め方は、以下の数式にしました。

もちろん、パネル・パワーコンディショナーの性能などによって大きく変動しますが、

ここで想定しているのは、飽くまでも平均的な程度のものとお考えください。


年間想定発電量(kWh/年)=年間日射量×損失係数

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方は、お急ぎください!※※
まずは、見積もりを取得することからスタートです!基礎知識は当サイトで十分得られますが、あなたにとって太陽光発電が本当によいものかどうかは、具体的な導入プランなくして検討できません。また、業者も一年でもっとも忙しい繁忙期を迎えています。固定価格買取制度がもっとも高くなる年度内に導入したいという方は、いますぐ、シミュレーションを取得ください。

詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。


あわせて、2017年度の補助金等、太陽光発電に関する最新情報については、2017年度(平成29年度)における売電価格(買取価格)はいくら?をご覧ください。



※損失係数については、暫定的に70%とします。
うちわけは、温度上昇による発電ロス15%
パワーコンディショナーによる発電ロス8%
配線、受講面の汚れ等に発電ロス7%

以上のことから香川県高松市での想定年間発電量は、

1,503.8× 70 % = 1,052.7 kWh

つまり、1kWの太陽光発電を導入する香川県高松市では、

おおよそ1,052.7kWhの発電量を見込むことができ、仮に全量売電すると、

2013年度では40,003円の売電収入になるということです。


地区別の補助金について

香川県では、太陽光発電導入時の補助金については、

1kWあたり20,000円の助成で上限が80,000円です。

各自治体からの補助金については、下記の表にまとめました。


自治体名

1kW当たりの補助金額/p>

上限金額

綾歌郡綾川町

27,000円

108,000円早期終了あり

綾歌郡綾川町

30,000円

120,000円早期終了あり

香川郡直島町

50,000円

200,000円早期終了あり

観音寺市

50,000円

100,000円早期終了あり

木田郡三木町

40,000円

80,000円早期終了あり

坂出市

50,000円

200,000円

さぬき市

25,000円

100,000円早期終了あり

小豆郡小豆島町

40,000円

160,000円

小豆郡土庄町

40,000円

160,000円

善通寺市

50,000円

200,000円早期終了あり

高松市

20,000円

120,000円

仲多度郡琴平町

50,000円

100,000円

仲多度郡多度津町

20,000円

80,000円

仲多度郡まんのう町

40,000円

80,000円

東かがわ市

50,000円

100,000円

丸亀市

20,000円

150,000円

三豊市

50,000円

200,000円早期終了あり


※上記の情報は2013年7月17日調査日現在の情報を元に作成しています。
※各自治体によってさまざまな規定があるので、必ず発注前に業者を通じて確認することをおすすめします。
※地元業者のみ助成対象となっているところもあるのでご注意ください。

以上のように自治体によって大きく助成額が異なることがわかります。

香川県の場合、ほぼすべての自治体で非常に大きな助成額となっています。

ちなみに、太陽光発電が1kWあたり30万円から40万円が相場だとすると、

場合によっては3割近くも助成されるところもあるので、

もし上記の助成に該当する市町村にお住まいの方は、利用しない手はないと思います。

早期終了しているところもありますので、早めに検討されることをおすすめします。

すでに早期終了している市町村もある可能性もあります。

事前に確認されることをおすすめいたします。

補助金については、見積もりとシミュレーション時に販売店が教えてくれます。

また、国からの助成金は別途準備されていますので、ご安心ください。
太陽光発電補助金 25年度|補助金と買い取り単価について解説

以上のことを踏まえた上で、太陽光発電を導入するかどうか検討される方は、

必ず確認すべき3つの事項からゆっくりと検証していかれるか、時間のない方は、

簡易版・必ず確認すべき3ステップで検討されることをおすすめします。

実際に発電量などは、完全に設置場所によって大きく異なってきますので、

きちんとした判断をした上で導入を検討することをおすすめします。

香川県の場合、補助金が厚く、日射量も多いため太陽光発電を導入するメリットは非常に大きくなっているます。導入しない理由は見当たりませんので、とにかくあとは個別条件を確認されることをおすすめいたします。

スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

もちろん香川は太陽光発電を導入して大きく得をする場所です。関連ページ

福岡で太陽光発電を導入するのはどうか?
福岡県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。福岡県にお住まいの方は、参考になると思います。
島根に太陽光発電を設置して得するのか?
島根県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に位置しており、冬の天候はすこぶる悪く、本当に採算とれるくらいに日射量が確保できるのか、島根県にお住まいの方は、参考になると思います。同じような気候の鳥取県ではメガソーラーも稼働します。
鳥取で太陽光発電を設置するのは正しい選択か?
鳥取県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に位置しており、島根県と並び気象条件が決してよいとは言えないのが鳥取件です。しかし、メガソーラーが建設されるなど、決して悪条件ではなく、十分に採算を取ることができる地域でもあります。
太陽光発電を富山に設置するのは無謀か?
富山県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側中部に位置しており、山陰地方や東北の日本海側と並び気象条件が決してよいとは言えないのが富山県です。しかし、決して採算が取れないほどに条件が悪いわけではありません。ここでそのあたりのことをしっかりと解説しています。
山口では太陽光発電は有利なところと不利なところがある。
山口県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側から瀬戸内海までを占める山口県は、北部と南部とで大きく気候条件がかわってきます。瀬戸内側はもとより日本海側に面していても十分採算性がとれるのは間違いありません。
福井県に太陽光発電を設置する
福井県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に位置しており、近隣の各県と同様に、太平洋側と比べると特に冬季を中心に日射量が少ないことが特徴的な福井県でも十分に太陽光発電で元を取ることは可能です。
大分は太陽光発電に向いた土地なのか?
大分県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。内海に面していて年間の降水量がそんなに多くはない大分県では、太陽光発電を導入することでそのメリットを最大化するだけの発電量を確保することができるでしょう。
石川で太陽光発電は厳しいか?
石川県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に面する北陸地方の石川県は、冬季の積雪も比較的あり、日照時間が短いのが特徴的な県です。果たして採算が合うくらいの発電量を確保することができるのでしょうか?検証してみました。
滋賀は太陽光発電のベストスポットか?
滋賀県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本の中心地にあり、日本海とも太平洋とも面していない内陸の県である滋賀県は比較的日照量は多いということができます。ここでは、採算性を含めたさまざまな情報を取り扱いたいと思います。
神奈川県|10kW以上の太陽光発電事業者へ屋根貸し支援
神奈川県が、県内の太陽光発電促進のために新しい補助政策を始めました。市町村も業者も一戸建て保持者も皆が満足する三方よしの製作です。屋根貸しを束ねて10kW以上にでき、さらに補助金も出るというのです。
地域特性について
太陽光発電の導入が増えた地域と、そうでない地域がある。そこには、どのような傾向性が隠されているのだろうか?マクロな視点で見ることなので、当然個々人についての正確なことはわからないけれど、全体観としてこれからを見据えるのに役だつと思います。