太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電の導入が増えた地域とそうでもない地域がある。

まずは、この記事をご覧頂きたい。

非常に興味深い傾向性を読み取ることができる。

そこから全体観としての地域特性を見ることで、太陽光発電に関する、

全体的なニーズと、不安要素を見極めることができる。

もちろん、大きな統計データであるので、個々人の詳細な傾向性分析にはならないが、

それでも、マクロなデータとしては、非常に興味深いものがあるだろう。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。





2012年4月から2013年3月までの1年間を、前年度と比較すると、受付件数が全国で8.9%成長し、33万1012件となった。新築住宅向けが11万5678件(21.4%増)、既築住宅向けが21万5334件(3.2%増)である。

 新築と既築をあわせた件数の伸び率が高かった地域は、東北地方に集まっている(図1の青色)。福島県(81.9%増)を筆頭に、宮城県(38.2%増)、岩手県(32.7%増)、奈良県(31.5%増)、茨城県(30.4%増)であった。逆に減少が目立った県は西日本に集中していた。沖縄県(16.4%減)、徳島県(16.0%減)、佐賀県(8.2%減)、三重県(8.2%減)だ。

 図1では青色で前年度を100とした増減(軸は上側)、オレンジ色で実件数(軸は下側)を示している。実件数では、人口密集地が上位に集まる。愛知県(2万3376件)、埼玉県、神奈川県、東京都、福岡県の順である。下位は年間日照時間が小さい地域に目立つ。順に秋田県(1015件)、福井県、山形県、青森県、石川県である。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1305/27/news029.html

太陽光発電の導入件数の変化グラフ

以上のデータから読み取れること。


太陽光発電を導入する動機としては、当然経済性もあるが、

東日本大震災で被害を受けた地域が軒並み導入実績を増していることから、

非常時のエネルギー供給源として、或いは脱原発を望む声として、

導入している人が多いのがわかるだろう。

特に福島県が一位なのは、原発事故を受けたことであるのは間違いないだろう。

やはり、原発の危険性や、電気が停止したときの不便さの「痛さ」を知っているだけに、

その動機としては、非常に強いものであることが覗える。

逆に、不安要素としては、日照量が確保できないと十分に発電しないのではないか、

という固定概念からくるものであることが言えるだろう。

これは、日照時間が短い地域で、伸び率が低かったことから覗える。

※例えば、日本海側は冬季を中心に雪の日が多いこともあり、全般的に日照時間は短くなっている。
導入して得する設置場所の条件に都道府県別の日射量が詳しく記載してある。

当サイトでは、何度もお伝えしているように太陽光発電による発電量は、

日本国内であれば、ほとんどどこであっても、十分な発電量を確保できる。

むしろ、地域による日照時間の格差よりも、設置場所の環境や条件のほうが、

大きな影響を受けるということを知ってもらうことが重要だろう。


そうでなけらば、鳥取県や青森県に、好んで太陽光発電所を建設する事業者など、

あるわけないのだから。

そういう意味では、固定観念を取り払って、澄んだ目で太陽光発電の真実を、

今一度見直していただくことをおすすめしたい。

発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

地域特性について|太陽光発電アドバイザー公式情報サイト関連ページ

福岡で太陽光発電を導入するのはどうか?
福岡県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。福岡県にお住まいの方は、参考になると思います。
島根に太陽光発電を設置して得するのか?
島根県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に位置しており、冬の天候はすこぶる悪く、本当に採算とれるくらいに日射量が確保できるのか、島根県にお住まいの方は、参考になると思います。同じような気候の鳥取県ではメガソーラーも稼働します。
鳥取で太陽光発電を設置するのは正しい選択か?
鳥取県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に位置しており、島根県と並び気象条件が決してよいとは言えないのが鳥取件です。しかし、メガソーラーが建設されるなど、決して悪条件ではなく、十分に採算を取ることができる地域でもあります。
太陽光発電を富山に設置するのは無謀か?
富山県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側中部に位置しており、山陰地方や東北の日本海側と並び気象条件が決してよいとは言えないのが富山県です。しかし、決して採算が取れないほどに条件が悪いわけではありません。ここでそのあたりのことをしっかりと解説しています。
山口では太陽光発電は有利なところと不利なところがある。
山口県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側から瀬戸内海までを占める山口県は、北部と南部とで大きく気候条件がかわってきます。瀬戸内側はもとより日本海側に面していても十分採算性がとれるのは間違いありません。
福井県に太陽光発電を設置する
福井県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に位置しており、近隣の各県と同様に、太平洋側と比べると特に冬季を中心に日射量が少ないことが特徴的な福井県でも十分に太陽光発電で元を取ることは可能です。
もちろん香川は太陽光発電を導入して大きく得をする場所です。
香川県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。瀬戸内側に面しており降水量が少なく日照時間が長いことが特徴的な香川県は、非常に太陽光発電を導入することで大きなメリットを得ることができるでしょう。
大分は太陽光発電に向いた土地なのか?
大分県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。内海に面していて年間の降水量がそんなに多くはない大分県では、太陽光発電を導入することでそのメリットを最大化するだけの発電量を確保することができるでしょう。
石川で太陽光発電は厳しいか?
石川県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本海側に面する北陸地方の石川県は、冬季の積雪も比較的あり、日照時間が短いのが特徴的な県です。果たして採算が合うくらいの発電量を確保することができるのでしょうか?検証してみました。
滋賀は太陽光発電のベストスポットか?
滋賀県で太陽光発電を導入することについて解説しています。補助金についてと想定発電量や日射量についてです。日本の中心地にあり、日本海とも太平洋とも面していない内陸の県である滋賀県は比較的日照量は多いということができます。ここでは、採算性を含めたさまざまな情報を取り扱いたいと思います。
神奈川県|10kW以上の太陽光発電事業者へ屋根貸し支援
神奈川県が、県内の太陽光発電促進のために新しい補助政策を始めました。市町村も業者も一戸建て保持者も皆が満足する三方よしの製作です。屋根貸しを束ねて10kW以上にでき、さらに補助金も出るというのです。