太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

太陽光発電を導入するのに一体いくらくらい費用がかかるのでしょうか?

太陽光発電を設置する際に必要になる費用は一体いくらかかるの?

気になる方も多いですよね?

太陽光発電については、大体メーカー希望小売価格が、

定められていることが多いのですが、定価なんてあってないようなもの。

販売店が完全に価格を決めているのが実情です。


当然、安く販売するところもあれば、高く販売するところもあります。

当然、パネルの価格だけが安くても工事費用が高いと意味がないですし、

工事費用が安くても、パネルが高ければ意味がないです。


結局のところ、製品の金額と工事費用の合計で測るしかないわけです。


当然、設置場所によっては補強作業など、余分な費用がかかることもありますが、

それは完全に個別に調査することでしか判断できませんし、

そもそも太陽光発電を設置できない場所だっていくらでもあるのが実情です。

そういう観点から、もし何も問題なく、追加工事等の必要が全くない場合、

いくらくらいで導入できるのかという目安を書いていきたいと思います。

全国の土地付き太陽光発電所をご紹介しています。利回り10%以上の物のみご紹介致します。

太陽光パネル設置工事のお見積もりはこちらまで。

※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。





最も安い業者に頼むことができれば、1kWあたり30万円くらいから導入できます。

さらに家庭用であれば、補助金が助成されるので、うまくいけば、実質的な負担は、

20万円代から導入できるようになっていると思います。


事業用でしたら補助金はなくてもスケールメリットで20万円代で導入できるところもあります。


ただし、あなたがお住まいのエリアを商圏とする業者の中に、

そこまで安く販売しているところがあるかというのは、調べてみないとわかりません。

日本国内であれば、1kWあたり年間1,000kW程度は発電量が見込めるので、

1kWあたり30万円程度で導入できれば、間違いなく10年程度では元が取れると

いうことができるでしょう。

あとは、設置場所の環境がどうか、という点だけ気になるところでしょう。

ここでは概要をお伝えしたので、詳細については、下記のページをご覧下さい。

導入するまでの検討手順については、必ず確認すべき3つの事項

補助金については、太陽光発電補助金 25年度|補助金と買い取り単価について解説

採算性については、太陽光発電設置して採算は合いますか?

業者の選び方については、太陽光発電販売店の選び方

最も安く導入するためには、太陽光発電で最も費用対効果が高くなる導入方法

太陽光発電導入の失敗談については、太陽光発電の失敗談|予め不安要素を取り除くために
発電所を所有してる方で、売却したいオーナー様、発電所売却のお手伝いをさせて頂きます。

太陽光の設備認定と電力売電権利をお売り下さい。


太陽光のお見積り
太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル