太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を販売している太陽光発電専門業者について

補助金が復活し、太陽光発電(太陽発電・ソーラー)が普及し始めて、

太陽光発電の販売を専門とする専門業者が多くなりました。

新規で太陽光発電を販売する事業を生業とする会社です。

この手の専門業者は、基本的に顧客基盤がありません。

インターネット専門と訪販を除く他の業種は既存の事業に取り込んでいるので、

基本的な顧客基盤の上に新たな商品として太陽光発電が取り入れられます。

一方で、専門業者は何も販売網がないわけなので、

基本的に強烈な新規開拓をします。

なので、営業手法は、訪問販売、電話勧誘、インターネット集客、路面店、広告反響など、

お金か人を使って、広告展開していきます。

そして、猛烈な売上をつくることで、仕入れ値を安くして、利益を増やし、さらなる拡大をしていきます。

ただし、最も注意すべき業種の一つです。

なぜなら、さまざまな営業形態がありますが、基本的な営業目的が利益拡大のみに編重している傾向があるからです。

売上が命。

もちろん資本主義経済下での営業活動ですから、利益がでないと意味がありません。

でも、非常に多くの会社が目先の利益・売上のみを追求した結果倒産しているのが現状です。

スポンサードリンク


※年度内導入を検討の方は、急げ!!まずは、見積もりを取得することからスタート!具体的な導入プランなくして検討もくそもありません。詳しくは、簡易版・導入検討3ステップをご覧ください。また、最新版・オススメの業者を知りたい方は、ソーラーパートナーズがオススメの理由をご覧ください。



つまり、会社にとっての本当の利益とは、

お客様満足をあげることで、永続的な利益を上げ続けるということなんです。

お客様満足があがれば、紹介もされやすいし、価格競争に巻き込まれずに済みます。

でも、目先の利益を追求して強引な販売を続けたらどうでしょうか?

顧客満足が低いので、クレームが多くて対応に時間を取られるばかりでなく、

顧客からの紹介をもらえないので、新規営業をし続けなければならないのに、

クレームばかり出しているから評判が悪くなって、売上があがらなくなるんですね。

だから、結果、利益を上げることができず、倒産してしまうわけです。

なので、その会社のミッションを聞いてみましょう。

そして、会社のミッションと営業マンの行動が一致しているか?

その点をしっかりと見る必要があります。

目先の利益を追いかける企業は、目先の利益で従業員を雇用するため、従業員も目先の利益を追い求めます。

そうすると、営業マンはお客さんにも目先の利益を伝えてきます。

だから、良いことばかり言う営業マンには気を付けないといけないんです。

とここまで、悪いことばかり書きましたが、逆に専門業者にしかないメリットもあります。

しっかりと理念をもって営業している会社もたくさんあるので、ご安心下さい。

専門業者ならではのメリット

ある程度成功している専門業者だと、価格が安い可能性がある。

販売量が多いためアフターフォローをしっかりとしている会社であれば、具体的事例が豊富です。

専門店ならではのデータを提示してもらえると思います。

スポンサードリンク

太陽光発電専門業者関連ページ

訪問販売業者
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち訪問販売による営業を展開している業者について内容をお伝えします。
家電量販店
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち家電量販店で購入することについて内容をお伝えします。
工務店などの建設業者
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち建設業者で購入することについて内容をお伝えします。
あなたの街の電気屋さん
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち街の電気屋さんで購入することについて内容をお伝えします。
インターネット専業業者
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうちインターネット専業業者で購入することについて内容をお伝えします。