太陽光発電アドバイザー公式情報サイト

スポンサードリンク

太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を提供する訪問販売業者について

ピンポーン、ピンポーン

奥様が家事を終えて、一息付いたころに突然の来訪者。

玄関をあけてみると爽やかな青年が玄関にたっています。

「株式会社○○の✖✖ともうします。今日は□□電力のお得キャンペーンできました。」

???□□電力の関係かな???

奥さんが玄関をあけてあいさつをすると、素敵な笑顔ですかさず青年はチラシを渡します。

「奥様、こんな話聞いたことありませんか?」

???太陽光発電で電気代が安くなる、補助金利用できるのは今だけ???

太陽光発電は、ニュースでよく見聞きするし、電気代安くなるのは素敵な話・・・。

カクして突然の来訪者と一瞬疑わしくあるも、いつの間にか、いろいろな仕掛けがあって、

疑っていたことを忘れコミュニケーションを取るようになっていきます。


今は、少し手法は違うかもしれませんが、訪問販売会社の典型的なパターンです。

スポンサードリンク


※※年度内導入を検討の方へ※※
2016年度(平成28年度)買取価格の適用を受けての太陽光発電導入は、すでに受付を終了しました。今後検討される方については、2017年度以降の固定価格買取制度が適用となります。どう検討していけばよいか、下記ページをご覧頂けるとスムースですので、ご参照ください。




注意当サイトは決して訪問販売会社を否定しているわけではありません!!

これまで、太陽光発電(太陽発電・ソーラー)を一般家庭へ広めてきた立役者は、訪問販売業者です。

訪問販売業者と一括りにいっても、さまざまな会社があります。

工務店などが、販売手段として、訪問販売を導入しているところもあるし、

訪問販売専門で、提供商品を次から次へと変えている業者もあります。

どちらがよくて、悪いとかそういう問題ではありませんが、

いずれにせよ、訪問販売業者は非常に高い営業能力を持っています。

相手の心理を読み、商品を提案し、クロージングしていく。

そもそもこれまで、高い営業力がなければ特定の人以外に太陽発電は売れない商品でした。

訪問販売業者は、一般に売りにくい商材の中で営業力があれば売れる商材を販売します。

主に価格が高く、利益がある程度とれる商品で、ユーザーにとって有益な、商品です。


注意中には悪徳な会社もあるので見極めお気を付け下さい!!

訪問販売業者の販売員は、基本的には歩合制です。

つまり、収入を得るためには、何がなんでも販売しないといけないわけです。

決してそれ自体が悪いわけではありません。

その決心、コミットメントがあるからこそ売れるわけで、ましてや商品自体が悪いわけではない。

商品を提供することで、顧客の利益にもつながり、会社もうるおい、販売員も潤う。

だから、問題ないわけです。

資本主義経済の原則通りの営業だと思います。

ですが、中には売上のみを追求してしまう会社や営業マンも多くいるのが実情です。

真面目にお客様のために誠心誠意営業している訪問販売業者や、営業マンにとって迷惑極まりないですが、

こればかりはコントロール不能で仕方ないと思います。

結果、販売価格が高くなってしまう傾向があります。

なぜなら、仕入れ値+販管費+利益が商品価格ですが、販管費+利益が高額になってしまうからです。


訪問販売会社から営業を受けている場合の対処法


1営業マンは誠実ですか?

2会社は信頼できる会社ですか?

3価格は妥当ですか?

4トラブルが起こったときの対応を明確に


本当にその会社・その販売員がお客様のためにと思って提案しているかどうか、そこがポイントです。

万が一にでも、営業成績のために、とか、締切があって、とか、自分たちの都合で決断を迫ってくる場合、

お断りしたほうがよいでしょう。

もし、話の内容がよいことばかりでリスクやデメリットを伝えないならば、お断りしたほうがよいでしょう。

よい営業マンは、メリットとデメリットをしっかりとお客様にお伝えし、導入までと導入後の手続きもしっかりと説明し、

将来どうなるのかというシミュレーションを提示した上で、顧客の不安をクリアにした上で判断を仰ぎます。

その営業マンの考えていることの焦点がどこにあるのか、しっかりと見極めてください。

言葉だけの「お客様のために」は必ず見破れます。


会社を見極めるのはどうでしょう?

基本的に営業マンを見れば会社の体質がわかります。

なので、営業マンへの判断を第一義にしてください。

場合によっては、営業マンの質が悪く、会社の質はよいことがありますが、

逆に、営業マンの質がよくて会社の質が悪いことはありません。

なぜなら、質のよい営業マンが質の悪い会社では働かないし、

会社の質が悪いと営業マンの質も悪くするからです。

でも、会社のホームページくらいは確認されるとよいでしょう。

HPの見栄えではなく、会社の設立年月日や、役員名、資本金など、

さらにプライバシーポリシーなどの規定がしっかりと明記されている会社であることは必須です。

ただし、これはあくまでも目安です。

ホームページなんていくらでも作れるからです。

あとは、会社に電話してみるとよいでしょう。

本当に顧客のことを思っている会社であれば、対応もしっかりしています。

こちらも目安程度に考えて頂けたらと思います。


価格の妥当性は簡単にわかります。

こちらのサイトなどで見積もりを取得してください。

簡単に相見積もりをとることができます。

相見積もりをとることで、価格の妥当性だけではなく、プランの妥当性も検証できるので、

発注前に必ず取得されることをオススメ致します。

見積もりは、一社では少し不安ですが、数社とるだけでも十分です。

先のサイトからだと一括で複数の会社から見積もりを取得できます。


予期せぬトラブルが起こったときの対処について説明を促してください。

そして、その旨の書面を発行してもらえるか確認してください。

書面はもちろん会社の印が押印されているものに限ります。

内容は、ソーラーパネルやパワーアップコンディショナー等の故障時の対応、

工事による建物への損害、雨漏り等建物に起因する損害、それぞれの対応を確認しましょう。

調子よく言葉だけで、大丈夫ですという旨の発言には注意してください。

工事におけるトラブルは意外と多く発生しています。




スポンサードリンク


あなたにオススメのページ

訪問販売業者関連ページ

家電量販店
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち家電量販店で購入することについて内容をお伝えします。
工務店などの建設業者
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち建設業者で購入することについて内容をお伝えします。
あなたの街の電気屋さん
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち街の電気屋さんで購入することについて内容をお伝えします。
太陽光発電専門業者
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうち太陽光発電専門業者で購入することについて内容をお伝えします。
インターネット専業業者
太陽光発電(太陽発電・ソーラー)の設置工事を請け負う業者のうちインターネット専業業者で購入することについて内容をお伝えします。